【イメージで理解】fall/drop/drip/spill/leak「落ちる、こぼれる」の意味・用法の違いとは

基本単語

 

今回はfall/drop/drip/spill/leak「落ちる、こぼれる」の意味・用法の違いについてまとめてみたいと思います。

 

日本語にしてしまうと違いが判らない単語ですが、イメージ付きでその違いを徹底的にわかりやすく説明してみました。

 

fall/drop/drip/spill/leak「落ちる、こぼれる」の意味・用法まとめ

まずはaccept/receive/take/catch/have「受け取る」の意味・用法の違いから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「落ちる、こぼれる」各単語の違い
  • fall: 落ちる(落ちる過程 / ヒラヒラ・パラパラ
  • drop: 落ちる(ストンと落ちる / 急なイメージ
  • drip: したたり落ちる(ポタポタ / ドリップコーヒー
  • spill: ~をこぼす(こぼれる
  • leak: 漏れる(液や気体、情報などが漏れる / WikiLeaks

 

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう!

 

fall: 落ちる(落ちる過程 / ヒラヒラ・パラパラ)、drop: 落ちる(ストンと落ちる / 急なイメージ)

まずはfallとdropです。

 

両者の違いは下記の通りです。

  • fall: 落ちる(落ちる過程 / ヒラヒラ・パラパラ
  • drop: 落ちる(ストンと落ちる / 急なイメージ

 

 

図で示すと下記のイメージです。fallはヒラヒラ落ちていく過程に意識が向いているのに対し、dropはストンと落ちてしまうイメージ(落ち方が急激)があります。

 

 

 

上記のイメージを頭に置いたうえで、それぞれの例文に目を通してくださいね。

The leaves are falling. (葉が落ちている)

The snow was falling. (雪が降っていた)

 

The temperature fell by ten degrees. /

The temperature dropped by ten degrees.

(気温が10度下がった)

 

The book dropped from the shelf. (本が落ちた)

You can drop by anytime you like. (君が好きな時はいつでも、君は立ち寄ってもいい)

 

 

drop byで「立ち寄る」という意味になりますが、これも「急に落ちる =急にちょっと立ち寄る」というイメージから来ています。

 

drip: したたり落ちる(ポタポタ / ドリップコーヒー)

dripです。

 

「ドリップコーヒー」という日本語のイメージ通りで、ポタポタと滴り落ちるイメージがあります。(drip coffeeという英語もちゃんとあります)

 

 

例文は下記の通りです。

Sweat was dripping.

(汗がぽたぽた落ちていた)

 

spill: ~をこぼす(こぼれる)

spillです。

 

これは容器などに入っていたものがこぼれるイメージです。

The coffee spilled over the table.

(コーヒーがこぼれた)

 

There is no use crying over spilt milk.

(覆水盆にかえらず =こぼれたミルクを嘆いても無駄だ)

 

leak: 漏れる(液や気体、情報などが漏れる / WikiLeaks)

leakです。

 

液や気体が漏れるイメージです。

 

また、政府や企業などの機密情報をリークする(=漏洩させる、すっぱ抜く)団体にウィキリークスというものがありますね。これはWikiLeaksと表記しますが、Leakの部分は「漏れる」という意味から来ています。

 

 

例文はコチラです。

The pipe is leaking.

(パイプが液漏れしている)

 

He leaked the secret.

(彼は秘密を漏らした)

 

まとめ

いかがでしたか? 改めて各単語の違いをまとめて再掲します。

 

「落ちる、こぼれる」各単語の違い
  • fall: 落ちる(落ちる過程 / ヒラヒラ・パラパラ
  • drop: 落ちる(ストンと落ちる / 急なイメージ
  • drip: したたり落ちる(ポタポタ / ドリップコーヒー
  • spill: ~をこぼす(こぼれる
  • leak: 漏れる(液や気体、情報などが漏れる / WikiLeaks

 

 

似ている単語も、イメージを比較しつつ覚えると、頭に入りやすいですね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント