【仮定法】ifの倒置と省略とは?【意外な落とし穴も…】

仮定法

 

今回は、仮定法でifを倒置して省略できる場合について説明したいと思います。

 

どんな場合でも省略できるわけではないので、ほんの少し注意が必要な表現です。

 

記事は3分程度で読めますよ!

 

倒置でifを省略できる場合とは?

まずは全体像をまとめます。

 

ポイント
  • were, had, shouldを前に出すことで、ifを省略できる
  • couldやmightが前に出ることはあまりない。また、didが前に出るのは非標準的
  • 否定文ではnotを後ろに残す

 

 

 

具体的な例文を見てみましょう。次のように動詞 (were)を前に出すことで、ifを省略出来るのですね。

If I were you, I would go with her.

= If Were I you, I would go with her.

(もしわたしがあなたなら、わたしは彼女と一緒に行くのに)

 

 

shouldも同様です。また、文の後ろ側で倒置が起こることもあります。

I would escape soon if there should be an accident.

= I would escape soon if should there an accident.

(万一事件があれば、わたしはすぐに逃げるだろう)

 

 

否定の場合は、notは後ろに残します。notを前に持ってくるのはNGです。

If I had not met her, I would not be here now.

= If Had I not met her, I would not be here now.

(もしわたしが彼女に出会っていなかったら、わたしは今ここにいないだろう)

※Hadn’t I met her,~は不可

 

 

なお、次のような場合、倒置によるifの省略は原則NGです。倒置できるのはあくまでwere, had, should (+could, mightなどの助動詞)の場合のみです。

If I knew her address, I would visit her.

= Did I know her address, I would visit her. ←この倒置は不可!!

(もし彼女の住所を知っていたら、わたしは彼女のもとを訪れる)

 

 

 

倒置によるifの省略は結構頻繁に起こります。このパターンが頭に入っていれば、文法問題のみならず、長文読解でも非常に役立ちますよ!

 

 

なお、仮定法の基礎については下記の記事でまとめています。それぞれ5分以内で読めます。

【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し【If I were you, If I had been you

【未来の仮定法】If S were toとIf S shouldの意味の違いとは?

 

コメント