【2020年版】東大の要約問題解説をわかりやすく解説してみた【東大卒・現役講師による】

入試解説

 

今回は東大の要約問題を解説(2020年2月実施分)してみたいと思います。

 

要約問題を解く際の心構えにも注意しつつ、ポイントをわかりやすくまとめてみたいと思います。

 

なお、問題の本文は各予備校発表のモノを参考にしてください。(著作権の関係上)

 

河合塾

駿台

代ゼミ

東進

※東進は過去の問題も一気に見られます。登録がややめんどうですが。

 

 

あと、赤本を購入しても良いですね。全訳が付いていますし。

東京大学(文科) (2021年版大学入試シリーズ) | 教学社編集部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで教学社編集部の東京大学(文科) (2021年版大学入試シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。教学社編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また東京大学(文科) (2021年版大学入試シリーズ)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

東大の要約問題(2020年2月実施分)の本文を読む

要約問題を解くにあたり頭において欲しいのが、

  • 1つのポイントを含めるのに20~30字程度必要
  • 優先順位は「テーマ/主張」>「論拠」>>>「具体例」
  • 対比構造に意識しつつ読む

というポイントです。

 

2020年の問題は70~80字という字数制限があるので、「含められるポイントはせいぜい2~3点ではないか?」ということを念頭において解答を作成していきましょう。

 

 

なお、要約問題全般に関する話(要約問題を解く際の姿勢)の詳細は、下記の記事にまとめてあります。あわせてお読みくださいね。

【東大卒現役講師による】要約問題対策(東大英語)

 

第1段落

さあ、第1段落から読み進めていきましょう。

 

日本語での問題文に「高齢者にやさしい(age-friendly)町づくり」との記述がある通り、

今回のテーマ/主張は「高齢者にやさしい(age-friendly)町づくり」になりそうです。

 

 

第1段落の前半部分(~a vision that takes into account all ages.まで)では、

・高齢者に優しい町づくりのムーヴィメントが出てきた

・多くのモデルは、社会的つながりの重要性を強調し、全世代を考慮した理想(vision)を促進している

とあります。

 

高齢者向けの町づくりが社会にとってのテーマになる中で、「どんなモデルに基づき町づくりをすればよいのか?」と様々なモデルが出てきたわけですが、その多くは高齢者だけではなく、若者世代も含めた形での町づくりをし、社会のつながりを強める方向に進めるべきだ、と提言しているわけです。

 

 

 

そして、第1段落の後半です。

 

 

なぜ前半と後半で分けたかというと、”For example (例えば)”という表現があるためです。

 

 

これって、「後ろに具体例を出しますよー」というマークなのです。

 

つまり、

  • 優先順位は「テーマ/主張」>「論拠」>>>「具体例」

という原則に基づいて考えると、ここから先は要約に含めなくても良い可能性が高いのです。

(もちろんケースバイケースなので、100%排除して良いわけではないですが)

 

 

さらに言うと、For exampleの後ろは、その前のやや抽象的な文章を具体例で置き換えているはずです。

 

つまり、「抽象的な部分⇔具体例の部分」は、本質的には同じ事柄について同じ角度から語っているわけなので、単語や構文がわからず、一部読めない部分があったとしても、かなりの程度まで推測することが可能です。

 

 

この観点から、第1段落の後半を読み進めていきましょう。

 

 

前半部分は、

・高齢者に優しい町づくりのムーヴィメントが出てきた

・多くのモデルは、社会的つながりの重要性を強調し、全世代を考慮したヴィジョンを促進している

と述べ、

 

後半部分 (For example以下)では、

・国連 (the United Nations)のアナン氏の発言

⇒①全世代向けの社会というのは全ての世代を受けいれるものだ

⇒②各世代がバラバラになるのではなく、異なる世代を含め、各世代共通の利益を認識し、それに基づいて行動するのだ

と述べられています。

 

 

要するに、前半部分の「多くのモデルは、社会的つながりの重要性を強調し、全世代を考慮したヴィジョンを促進している」を具体例で言い換えているだけなのですね。

 

 

そして、わざわざ具体例を示すくらいなので、ここが文章全体のポイントになってくるのかな?と予測することも出来ます。

 

第2段落

WHOやその他の国際機関の発言が続きます。

 

なんとなく、先ほどの国連(やはり国際機関です)の話の続きのような気がします。

 

 

そういう思いで読み進めていくと、第2段落の最後の方に、

WHO endorses~ (WHOは~を支持している)、

~factors which influence health throughout the life course (人生全体の健康に影響する要因)

との記述があります。

 

「人生全体の~」という点に注目してください。

 

 

ざっくり言ってしまうと、WHOやほかの国際機関も、「若年期~老年期の全てを考慮した町づくりが良いと言っている」というのがこの段落の趣旨です。

 

 

やはり、第1段落の国連の話の続きのようです。どちらかと言えば具体的な記載がなされており、要約に含める優先順位は低そうです。

 

第3段落

冒頭がムチャクチャ大切です。

 

「however: しかしながら」という単語をでっかくマルで囲んでやってください。

 

日本語でもそうですが、「○○だ。しかし△△だ」のように論を進める場合、話のポイントは△△の部分にくるのですね。

 

「しかし」等の単語の後ろは、重要な記述がある可能性が非常に高いです。

 

 

howeverの後ろをきちんと見ていくと、

・実際は高齢者に優しい町づくりというのは、主にolder adultsやcare givers、service providersに主に焦点を当ててきた

・そのため、若い世代に関するデータを収集出来ていない

と続いていきます。

 

 

もし対比構造を意識しつつ英文を読めていれば、ここで次のような対比構造に気づくことが出来るはずです。

・第1~2段落 ⇒理想 (vision):全世代を考慮した町づくり

・第3段落 ⇒現実 (practice):older adults (=より年老いた大人、つまりは老人)中心の町づくりになっている。若い世代のデータを収集できていない。

 

 

対比構造を意識すると、こんな風に全体の流れがつかみやすくなることが多々あります。

 

 

この対比構造を意識しつつ、さらに文を読み進めていきましょう。

 

第4段落

理想と現実の間のギャップを説明するのは何なのか?

 

そんな問いかけから第4段落(最終段落)が始まります。やはり、「町づくりに関する理想⇔実際」という対比構造の文脈で、文章が続いていきます。

 

One answer may~では、

・一つの答えは、老人に良いことは全世代にとって良いことだ、という仮定にあるのかもしれない

と述べられています。

 

 

その後ろのin other words(言い換えると、つまり)では、その仮定の内容を具体的に言い換えています。ほぼイコールの内容が語られているだけなので、サッと読み流してしまいましょう。

 

 

「その仮定(=老人に良いことは、全世代に良いことだ)がなぜ間違っているのか?」に関する考察が後ろで続きます。

 

曰く、

・最近の研究では、若い世代 (young adults)と老人世代 (older adults)の投票パターンや投票への態度が、1970年代以来、最高に広がっている

とのことです。

(ここでも「若者⇔老人」という対比の構造が見られますね)

 

 

これを踏まえたうえで最後に、

・全世代にとって何が良い町なのかを理解するためには、様々な世代からデータを収集することが重要だ

と締めて文章が終わっています。

 

 

各世代の嗜好が変わってきている以上、全世代からデータを集めなければ、全員にとって良い社会は実現できないだろう、というわけですね。

 

最後の一文に、”it is critical to~(~するのは重要だ)”という表現が使われている点にも着目しましょう。

 

筆者が「重要だ」と言っているくらいなので、やはりこれも要約に含めた方が良い可能性が高いです。

 

東大の要約問題(2020年2月実施分)の解答を作成する

主に対比構造を踏まえたうえで、各段落の流れをザクっとまとめてみましょう。

 

第1段落

<前半>

・高齢者に優しい町づくりのムーヴィメントが出てきた

・多くのモデルは、社会的つながりの重要性を強調し、全世代を考慮した理想を促進している

<後半>

・国連 (the United Nations)のアナン氏の発言

⇒①全世代向けの社会というのは全ての世代を受けいれるものだ

⇒②各世代がバラバラになるのではなく、異なる世代を含め、各世代共通の利益を認識し、それに基づいて行動するのだ

 

第2段落

・第1段落後半の具体例の続き。WHO等の国連以外の機関の意見を述べている

 

第3段落

実際は高齢者に優しい町づくりというのは、主にolder adultsやcare givers、service providersに主に焦点を当ててきた

・そのため、若い世代に関するデータを収集出来ていない

 

第4段落

・一つの答えは、老人に良いことは全世代にとって良いことだ、という仮定にあるのかもしれない

・最近の研究では、若い世代 (young adults)と老人世代 (older adults)の投票パターンや投票への態度が、1970年代以来、最高に広がっている

・全世代にとって何が良い町なのかを理解するためには、様々な世代からデータを収集することが重要だ

 

 

字数制限が70~80字とかなり厳しいです。含められるのはせいぜい2~3点です。

 

「理想⇔現実」という対比を元に解答を作成してみると、下記の通りになります。

 

<解答例>

高齢者にやさしい町づくりには全世代を考慮するべきだが、実際は高齢者にばかり焦点が当たっている。世代間で考えが異なるため、全世代からデータを収集することが重要だ。

(80字)

 

 

ポイントは下記の通りです。

・高齢者にやさしい町づくりのためには~

⇒今回の文章のテーマ/主張。ここを外すと0点の危険アリ

・全世代を考慮すべきだが、実際は高齢者にばかり焦点

⇒「理想⇔現実」の対比。大きな構造として、ここを外すとやはり大幅減点では?

・世代間で異なるので、全世代からのデータ収集が重要

⇒上記の対比構造を踏まえたうえでの筆者の主張。主張なので、やはり要約には含めるべき

 

 

 

要約は慣れが大切です。大切なのは何度も演習を繰り返すことです。

 

 

とりあえずは、

・文章全体の流れをつかむこと(今回なら対比構造に着目)

・要約時に気をつけるべきパターンに慣れること(howeverの後ろや「重要だ」という部分には筆者の主張が来やすいこと)

を意識しつつ、改めて今回の文章を読み返してみてくださいね。

 

それでは! 最後までお読みくださりありがとうございました。

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
入試解説 勉強方法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント