【倒置/強調構文】not~ until…の意味と用法まとめ【これで大丈夫!】

倒置・否定・省略・強調

 

今日はnot~ until…を説明したいと思います。

 

コレ、言い換えも含めてなかなか厄介な表現なんですね。厄介なので、試験にも出やすい。

 

ただ、死ぬほどわかりやすく解説するので、これを機会に得点源にしてしまいましょう!

 

※YouTubeでも公開しています! わたしの生声を聴きたい方は (←いない)コチラから。

【もう忘れない!】not~until…が「…してはじめて~する」になる理由とは?

 

not~ until…の意味と用法まとめ

まずはnot~ until…の意味と用法をまとめてみたいと思います。

 

ポイント
S not V until…  : …まで SVしない、…してはじめてSVする
 = It is not… that SV
 = Not until… VS

 

 

よくわからない…

 

それぞれを詳しく見ていきましょう!

 

S not V until…

まずは「S not V until…  : …まで SVしない、…してはじめてSVする」です。

 

どうしてこんな訳になるの?

 

 

具体的な例文と一緒に考えてみましょう。

He did not know the fact until he was twelve.

(彼は12歳になるまでずっと、その事実を知らなかった

= 彼は12歳になってはじめて、その事実を知った)

 

 

until…が「…までずっと」という訳を持つのがポイントです。

 

図で示すと下記のようなイメージになります。

 

 

「12歳になるまでずーっと、その事実を知らなかった」は、

「12歳以降はその事実を知っていた」というコトになりますよね。

 

それを自然な日本語にすると、「12歳になってはじめて、その事実を知った」となるわけです。

 

It is not… that SV

次に「It is not… that SV: …してはじめてSVする」です。これは強調構文が使用されています。

 

端的に言うと、強調したい部分をIt is~that…の”~”部分に挟み込む表現です。作り方は下記の通り。

 

強調構文の作り方
  1. 元になる文章を用意する。(We want to visit New York.
  2. 強調したい部分を”It is XX that~”とIt isとthatの間に挟み込み、残りをそのまま後ろへ持ってくる。(It is New York that we want to visit.

 

※参考記事:【サクッと理解】強調構文のitとは?

 

 

今回は、

He did not know the fact until he was twelve.

の下線部分をIt is~that…で挟んでいます。

 

残りの部分は、ほぼそのまま”…”部分に書かれている点も意識してくださいね。

It was not until he was twelve that he knew the fact.

(彼は12歳になってはじめて、その事実を知った)

 

Not until… VS

最後に「Not until… VS: …してはじめてSVする」です。

 

Not until…を、否定的な意味のカタマリとして考えてください。

 

否定的な意味の塊が文頭にくるとき、後ろの語順は倒置 (SV⇒VS)するのです。

 

※参考:【倒置全9パターン】英語で倒置が起こる場合をまとめてみた

 

 

例文はコチラ。”did(S) he(V)”という語順に注目です。

Not only he was twelve did he know the fact.

(彼は12歳になってはじめて、その事実を知った)

 

まとめ

いかがでしたか?

 

最後に意味と例文を改めてまとめてみましょう。

 

 

ポイント
S not V until…  : …まで SVしない、…してはじめてSVする
 = It is not… that SV
 = Not until… VS

 

He did not know the fact until he was twelve.

= It was not until he was twelve that he knew the fact.

= Not until he was twelve did he know the fact.

(彼は12歳になってはじめて、その事実を知った)

 

 

理解をしたら、あとは何度も音読をして、身体で覚えてくださいね!

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
倒置・否定・省略・強調基本表現・語源英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント