【超意外】as~asは「同じくらいか”それ以上”」という意味だった⁈

比較

 

今回はas~asの意外な意味について解説したいと思います。

 

as~asを見たら「同じくらい~」と訳す方が多いと思いますし、実際それで合っています。しかし、その裏側に隠された意味を知っている人は案外少ないのではないでしょうか?

 

今回は、超意外なas~asの本質的な意味についてサクッと解説をしてみました。

 

超意外なas~asの意味

超意外なas~asの意味は下記の通りです。

 

ポイント
  • as~asは「同じかそれ以上」を意味(= or ≧)

 

 

たとえば下記のような例文があったとしましょう。

 

この場合、上の意味で捉えるのが普通ですが、下の意味で捉えることも出来ます。

Tom is as tall as Mary.

(トムはメアリと同じくらい背が高い Tom = Mary)

or

(トムはメアリと同じか、それよりも背が高い Tom ≧ Mary)

 

 

とても意外ですよね。しかし、きちんと辞書に載っている説明です。

 

 

そしてさらに、これと同じ発想の定型表現があるのを皆さんご存知でしょうか? ある程度英語の勉強をされた方であれば、一度は聞いたことがあるハズです。

 

その表現とは、コチラです。

 

ポイント
  • A as well as B: BだけでなくAもまた、BはもちろんAも(A≧B

 

 

 

これはAに重点がある表現ですよね。つまり、A≧Bというわけです。

 

まさにas~asが”≧”のイメージで使われている表現です。一応例文はコチラです。

Tom as well as Mary betrayed me.

(メアリだけでなくトムもわたしを裏切った)

※話の焦点はトムにある。つまりTom ≧ Mary

 

まとめ

いかがでしたか? 下記にまとめを再掲いたします。

 

ポイント
  • as~asは「同じかそれ以上」を意味(= or ≧)
  • この意味が顕著に出ているのは、A as well as B: BだけでなくAもまた、BはもちろんAも(A≧B)

 

 

なお、as~asは「同じ」の意味になることが大半で、「それ以上」の意味を持たせたいときは普通に比較級+thanを使用することも付記しておきます。

 

ただ、こういった裏側の意味を知っているかどうかで、英語の理解に深みが出ますね。ぜひ、本記事を元にワンランク上の英語力を目指してみてください。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント