【語源でイメージ】”接頭辞 in, im, ir, il, ig”の英単語まとめ【否定/中に】

基本表現・語源

 

今回は“in, im, ir, il, ig”を接頭辞に含む単語をまとめてみました。

 

語源から考えると、様々な単語を一気に本質理解することが出来ます。

 

一体どのようなものなのか? サクッと確認していきましょう!

 

※接頭辞とは、単語の末尾のつづりのことです。単語の意味を大きく変える傾向があります。

 

“in, im, ir, il”を含む英単語まとめ

接頭辞”in, im, ir, il, ig”には、

  • in, im, ir, il: ①否定 (igは否定の意味にしかならない)、②中に、③単語を動詞化(inとimのみ/ある状態の中へ入れるイメージ)

という意味があることを意識しましょう。

 

 

この接頭辞は一見いろいろな種類がありわかりにくいのですが、大まかには、スペルの規則は下記の通りです。ざっくり、後ろのスペル(発音)に引っ張られると考えれば良いでしょう。

 

imがややわかりづらいので少し補足します。imは、「マミムメモ」と、mが唇の上下がくっつく発音です。そのため後ろには、b, m, pと、やはり唇がくっつく発音が続くのが特徴です。(「バビブベボ」「パピプペポ」も唇がくっつきますね)

 

 

in, im, ir, il, igのスペルの規則
  • in: 基本形(基本的にはコレを使用)
  • im: 後ろがb, m, p(imは唇がくっつく発音なので、後ろにb, m, pとやはり唇がくっつく発音が続く。ただしinputは例外)
  • ir: 後ろがr
  • il: 後ろがl
  • ig: 後ろがn(igが使われるのは「否定」の意味の時のみ。igに「中に」の意味はない)

 

 

 

下記には代表的な単語をいくつかピックアップしてみました。

 

スペルに注意を払いつつ、「in, im, ir, il, ig: ①否定、②中に」の意味になることが多い)」というイメージをつかみつつ、ザっと眺めてくださいね。

 

ポイント

<①否定>

  • inability: 無力、無能(「ability: 能力」)
  • insignificant: 重要でない(「significant: 重要な」)

 

  • imbalance: 不均衡(「balance: バランス」)
  • immoral: 道徳に反する(「moral: 道徳的な」)
  • impossible: 不可能な(「possible: 可能な」)

 

  • irregular: 不規則な(「regular: 規則的な」)
  • irrelevant: 不適切な(「relevant: 関係のある」)
  • irresponsible: 無責任な(「responsible: 責任のある」)

 

  • illegal: 違法の(「legal: 法律の、合法の」)

 

  • ignore: ~を無視する「gn: 知る」、単純に考えればiggnoreだが同じ音なのでgが消失しignoreとなっている)
  • Ig Nobel: イグノーベル賞
  • ignominious: 不名誉な「nomin: 名前」

 

 

<②中に>

  • income: 収入(懐の中へ入ってくるイメージ)
  • include: ~を含む「clude: 閉じる」、内部に何かを閉じ込めて含むイメージ)
  • inform: ~を知らせる「form: 形成する」、心の内部にある情報を形作るイメージ)
  • insight: 見識(「sight: 視力、視野、見ること」、心の内部で見るイメージ)

 

 

  • irrupt: 突入する、侵入する「rupt: 破る」、何かを壊して中へ入り込むイメージ)

 

  • illuminate: ~を明るくする「lumin: 光」、何かの中を明るくするイメージ)

 

 

<③単語を動詞化>

  • inflame: ~をかきたてる、興奮させる、あおる、悪化させる(「flame: 炎」)
  • insure: ~を保証する、補償する、~に保険をかける

 

  • imperil: ~を危険にさらす: 収入(「peril: 危険 (特に旅行中/移動中の差し迫った危険)」)

 

おわりに

いかがでしたか? 語源は威力抜群なので、超オススメの単語勉強法です。たくさんの文章を読み込むのと並行で、語源学習も出来ると効果抜群だと思います。

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がイチオシです。なぜか一般の書店ではあまり見かけない気がします。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

また、辞書のジーニアス英和辞典 第5版は語源の説明が充実しているのでおススメです。(そして、辞書としても最も使い勝手が良いように感じます)

 

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント