【超落とし穴】WhatとHow間違えやすい表現・まとめ【How/What do you think about it?他】

名詞

 

今回はWhatとHowを間違えやすい表現をまとめてみたいと思います。

 

下記は一見正しい表現ですが、実は表現として誤っています。

How do you think about it? (それについてどう思う?)

 

 

このようにHowとWhatで間違えやすい表現に絞り、わかりやすくサクッと解説してみたいと思います。

 

WhatとHow間違えやすい表現まとめ

WhatとHowで間違えやすい表現まとめは下記の通りです。

 

 

ポイント
・〇〇についてどう思う?

What do you think about 〇〇?

How do you feel about 〇〇?

※”How do you feel?”だけだと「調子はどう?」という意味になるので注意

 

・〇〇をどのように食べますか(飲みますか)?

How do you like your 〇〇?

 

・〇〇を英語でどういいますか?

What do you call 〇〇 in English?

 

・〇〇はどうですか?

What do you say to 〇〇?

※toは前置詞なので、〇〇は名詞か動名詞Vingが入る点に注意

 

・○○の天気はどうですか?

How is the weather in 〇〇?

What is the weather in 〇〇 like?

 

例文

例文は下記の通りです。

 

Whatは名詞、Howは副詞です。What/Howを除いた後ろの文に

  • 名詞の穴が空いていればWhat
  • 副詞の穴が空いていればHow

を使っていると考えましょう。

 

 

「〇〇についてどう思う?」です。

What do you think about the case?

How do you feel about the case?

(あなたはその事件についてどう思う?)

 

「〇〇をどのように食べますか(飲みますか)?」です。

How do you like your coffee?

(あなたはコーヒーをどのように飲みますか?)

 

「〇〇を英語でどういいますか?」です。

What do you call this situation in English?

(英語でこの状況を何と言いますか?)

 

「〇〇はどうですか?」です。

What do you say to going out tonight?

(今晩外へ行きませんか?)

 

「○○の天気はどうですか?」です。

How is the weather in Tokyo?

What is the weather in Tokyo like?

(東京の天気はどうですか)

 

 

HowとWhatを間違えやすい表現はある程度限られています。

 

頭で理解したら、あとは何度か音読をしてみましょう。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
名詞形容詞・副詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント