【おススメの勉強の順番】関係詞理解のためのロードマップ【東大卒現役講師が贈る】

英文法

 

関係詞って苦手とする方が多いんですが、体系的に勉強出来れば、実は結構簡単に理解できるんですね。

 

今回はそんな方のために、関係詞理解のためのロードマップを作ってみました。

 

今回示した順序で関係詞の勉強をしていけば、関係詞系の文章(あるいは文法問題)には大体対応できると思います。

 

関係詞勉強

関係詞を勉強する際のおススメのロードマップ(勉強する順序)は下記の通りです。

 

それぞれのステップに対応する形で、解説記事のリンクが貼ってあります。「これわからん」というものがあれば、そちらをお読みいただければ、完璧に理解できると思います。

 

 

ポイント
<基本編>
  1. 関係詞の超基礎【初心者専用!】関係代名詞whichとは? 超基礎から理解する
  2. 関係代名詞の様々なパターンthat/which/who/whom/whose/前置詞とセット/whatなど【絶対わかる】関係代名詞 種類まとめ
  3. 関係副詞の様々なパターンwhere/when/why/how【関係代名詞との違いは?】関係副詞の意味・用法をシンプルに説明
  4. 関係代名詞thatと接続詞thatの違い【接続詞thatの用法まとめ】関係代名詞thatとの違いとは?
  5. 制限用法と非制限用法の違い【カンタン理解】非制限用法とは? 制限用法との意味の違い
  6. 関係形容詞関係形容詞what, whichとは? 関係代名詞との違いを解説
  7. 疑似関係代名詞【疑似関係代名詞とは?】関係代名詞as, but, than
  8. 連鎖関係代名詞【誰でもわかる】連鎖関係代名詞とは?
  9. 関係代名詞の二重限定【絶対わかる】関係代名詞の二重限定とは?
  10. 複合関係詞【決定版】複合関係詞まとめ【複合関係代名詞・形容詞・副詞の違い whatever, whichever, wherever…】

 

<その他応用編>

  1. 関係代名詞whatの正体【意外と知らない】関係代名詞whatの正体
  2. A is to B what C is to DA is to B what C is to Dの訳を一発で覚える
  3. what慣用表現【what慣用表現】I am what I amの意味
  4. 前置詞+関係代名詞+to V【in which to do】前置詞+関係代名詞+to Vとは?

 

 

各記事の不明点や、関係詞関連の質問があればコメントを頂ければお答えします。

 

関係詞が理解できると、英文読解が一気に得意になるので、ぜひ頑張りましょう!

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント