YouTubeもやっています!

【イメージで理解】「狭い/広い」英単語の違いとはnarrow/small/tight/broad/wide/large

基本単語

 

今回は「狭い/広い系」の単語の違いについてまとめてみたいと思います。

 

narrow/small/tight/broad/wide/largeなど、数が多いですが、イメージで捉えていけば大丈夫。

 

きっと違いをマスターすることが出来ますよ!

 

narrow/small/tight/broad/wide/largeの意味・用法まとめ

まずはnarrow/small/tight/broad/wide/large「狭い/広い系」の意味・用法の違いから。それぞれ下記のような違いがあります。

 

「落ちる、こぼれる」各単語の違い

<幅が狭い/広い>

  • narrow: 狭い
  • wide: 広い(客観的
  • broad: 広い(感覚的

 

<面積が小さい/大きい>

  • large: 大きい
  • small: 小さい

 

<締め付けがキツイ/ゆるい>

  • tight: きつい
  • loose: ゆるい

 

 

具体的な例文と一緒に見ていきましょう!

 

narrow: 狭い ⇔ wide: 広い(客観的)、broad: 広い(感覚的)

まずはnarrow⇔wide、broadです。

 

面積が「狭い/広い」を表現する単語です。

 

 

それぞれの違いは下記の通りです。

  • narrow: 狭い
  • wide: 広い(客観的
  • broad: 広い(感覚的

 

 

wideは客観的に「広い」ということを表現しているのに対し、

broadは気持ちを込めて「広い」ということを表現しています。(なんとなく、「広々とした」という訳語がうまくハマりそうな感じです)

 

 

それぞれのイメージ図は下記の通りです。broadは気持ちを込めて「広々とした」と表現するだけあって、面積的な広がりを強く感じさせる単語です。

 

 

例文はコチラです。wideは「種類が豊富 =種類の幅が客観的にみて広い」という意味でも使われます。

The street is narrow. (その道は狭い)

The street is wide. (その道は広い)

The street is broad. (その道は広々としている)

 

The street is ten meters wide. (その道は10Mの広さだ)

They have a wide variety of products. (彼らは広範な種類の製品を持っている)

Open your mouth wide. (大きく口を開けて)

He saw the broad sky. (彼は広々とした空を見た)

 

large: 大きい、small: 小さい

large⇔smallです。

 

幅の広さではなく、面積的な大きさを表現する単語です。

 

 

例文は下記の通りです。

Japan is a small country. (日本は小さな国だ)

 

China is a large country. (中国は大きな国だ)

 

まとめ

いかがでしたか? 改めて各単語の違いをまとめて再掲します。

 

「落ちる、こぼれる」各単語の違い

<幅が狭い/広い>

  • narrow: 狭い
  • wide: 広い(客観的
  • broad: 広い(感覚的

 

<面積が小さい/大きい>

  • large: 大きい
  • small: 小さい

 

<締め付けがキツイ/ゆるい>

  • tight: きつい
  • loose: ゆるい

 

 

似た意味の単語も、イメージで整理すると頭に入りやすくなりますね!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

基本単語基本表現・語源
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント