【一発で分かる】形式it、仮のitとは?【itの特殊用法まとめ】

準動詞

 

こんにちは。前回に引き続きitの特殊な用法です。

 

itの特殊な用法
  1. 漠然とした状況を表すit(天候、時間、距離など)
  2. 形式it(主語 / 目的語)
  3. 強調構文のit

 

 

今回の記事では、「2.形式it」(または仮のitとも呼びます)を扱います。

 

<他記事はコチラ>

1.漠然とした状況のit(itの特殊な用法)

2.強調構文のit(itの特殊な用法)

 

形式itとは?

そもそも、形式it(参考書によっては仮のitとも言います)という名称は聞いたことがありますか?

 

あるような、ないような…

 

 

ひとことで言うと、形式itとは意味のないitのことです。

訳す必要がないんですね。

 

ただ、「ある目的」のために置かれているんです。

 

「ある目的」とは?

 

 

文章のバランスを整えることです。

形式itを置くことによって、文章のリズムやバランスを整えることができるんですね。

 

いくつかパターンがありますので、一つずつ見ていきましょう。

 

形式itの種類

さて、形式itですが、大きく2パターンに分けられます。

 

形式itのパターン
  1. itが主語にくるパターン(形式主語)
  2. itが目的語にくるパターン(形式目的語)

 

 

まずは「itが主語にくるパターン」から見ていきます。

 

itが主語にくるパターン(形式主語)

例文を見てみましょう。

 

It is easy to solve the problem.

(その問題を解くことは、簡単だ)

 

 

なぜこの訳になるかわかるでしょうか?

ポイントは、“to solve the problem”を”it”に代入して訳していることです。

 

代入して訳す??

 

 

まず、“to solve the problem”だけを訳すと、「その問題を解くこと」という訳になります。

 

そして、この”to solve the problem”を”it”の位置にあるものとして訳すんです。

具体的に手順を示すとこうです。

 

① It is easy to solve the problem. (元の文章)

To solve the problem is easy. (to~をitへ代入した後の文章)

 

 

どうです?

 

元の文章の”it”の位置に、”to solve the problem”がきていますね。

 

 

“to solve the problem”は主語の位置にきています。

主語の位置にきているので、「その問題を解くこと」と訳せます。

“is easy”はそのまま訳しましょう。「簡単だ」くらいの訳でOKです。

 

つまり、文章全体の訳は、「その問題を解くことは、簡単だ」となるわけです。

 

 

itは直接訳さない。itがあった位置に、他のカタマリを代入して考える。

これは形式it全てに共通する基本的な訳し方です。

 

なお、形式主語itにも下記の通りいくつかパターンがあります。

せっかくなのでサクッと見ていきましょう。

 

形式主語itのパターン
  1. to不定詞
  2. 動名詞
  3. that節
  4. wh-節
  5. seem型

 

形式主語it:to不定詞

これは先ほど取り上げたものですね。“to~”の部分をitへ代入するパターンです。

 

It is easy to solve the problem. (その問題を解くことは簡単だ)

To solve the problem is easy.

 

“to solve the problem”は、「不定詞」と呼ばれるもののカタマリです。

これをitへ代入しています。

 

形式主語it:that節

今度は、“that~”の部分をitへ代入するパターンです。

 

It is clear that something happened. (何かが起きたということは、明らかだ)

That something happened is clear.

 

“that something happened”は「何かが起きたということ」と訳せますね。そして、文章全体を訳す際は、これをitの位置へ代入してしているわけです。

 

形式主語it:wh-節

“wh-節”の部分をitへ代入するパターンです。

wh-節とは、whetherやwho、what、whenなどのカタマリのことです。

 

It is unclear whether he loves her. (彼が彼女を愛しているのかどうかは、わからない)

 

これは、”whether~”という「~するかどうか」というカタマリを”it”へ代入して訳しています。

 

 

他には、こんな例文もあります。”who~”というカタマリを”it”へ代入して訳しているのがポイントですね。

 

It doesn’t matter who he is. (彼が誰かということは、問題ではない)

 

形式主語it:seem型

形式主語itのラストはこちら。

seemsとセットで使われ、”that~”の部分をitへ代入するパターンです。

 

It seems that he knows the secret. (彼はその秘密を知っているようだ)

 

 

“seem”は「~のようだ」という意味の単語です。

“it seems that~”は定型表現として考えた方が良いかもしれません。

 

形としては見えづらいですが、やはり”it”自体に意味がなく、

that節以下のものが代入される形となっています。

 

itが主語にくるパターン(形式目的語)

これまで見てきたのは全て、itが主語に位置にあるパターンでした。

 

ただ、形式itは目的語の位置にくることもあります。

そのパターンも簡単に紹介していきます。

 

形式目的語itのパターン
  1. find it型
  2. owe it to you型
  3. see to it型
  4. appreciate it型
  5. take it for granted型

 

形式目的語it:find it型

形式目的語itとしては、こちらが頻出のパターンです。

 

I found it difficult to solve the problem. (わたしはその問題を解くことが難しいとわかった)

 

 

まず、“find O C”で「OがCだとわかる」と訳せます。

“find it difficult”をそのまま訳したら「それが難しいとわかる」となるわけです。

 

しかし、今回は最後に”to solve the problem”というカタマリがあり、

“it”を「それ」と訳してしまうと最後のカタマリが浮いてしまいます。

 

そこで、”to solve the problem”を”it”へ代入するパターンではないか、

と考えてみるとキレイに訳すことができます。

 

形式目的語it:owe it to you型

サクサクいきましょう。

 

I owe it to you that I got the job.

(わたしは、わたしが仕事を得たことをあなたに負っている

≒直訳:わたしが仕事を得たのはあなたのおかげだ)

 

 

“owe O to 人”で「Oを人に負っている、Oは人のおかげである」と訳します。

owe(オゥ)が負うという意味を持っているなんて、なんだかおもしろいですね。

 

あとは”that I got the job”を”it”へ代入して訳せばOKです。

直訳だと少し日本語がおかしいので、適当に手直しして訳しましょう。

 

形式目的語it:see to it型

次はコチラ。これもある種の定型表現です。

 

You must see to it that children wake up at nine.

(あなたは、子どもたちが9時に起きるよう取り計らわなければいけない)

 

“see to”は「~に気を配る、~を取り計らう」という意味の熟語です。

やはり、”it”に”that children wake up at nine”を代入して訳します。

 

形式目的語it:appreciate it型

もう一息です。頑張ってください。

 

I would appreciate it if you would send me a letter.

(わたしは、あなたがわたしに手紙を送ってくれるということを感謝します

≒直訳:もし手紙を送ってくれるのであればありがたいです)

 

 

“appreciate”は「感謝する」という意味です。

 

これも定型表現として覚えてしまいましょう。

ビジネスなど、海外との丁寧なやりとりにぴったりの表現です。

わたしはよくコピペして使ってます

 

直訳するとややおかしくなるので、少し自然な日本語に手直しして訳します。

 

形式目的語it:take it for granted型

ラストです。

 

I took it for granted that you would agree.

(わたしは、あなたが賛成するであろうことを当たり前だと考えていた)

 

これも定型表現ですね。“take O for granted”で「Oを当たり前のことと思う、考える」です。

 

やはり、”it”に”that you would agree”を代入して訳しています。

 

おわりに(なぜ形式itが存在するか?)

最後に、「なぜ形式itが存在するか?」ということに触れたいと思います。

 

どうして形式itなんて使うんだろう?

 

それはズバリ、「文章のバランスを整えるため」です。

記事の初めでも少し言及しましたね。

 

 

一番最初の例文をみてください。

① It is easy to solve the problem. (元の文章)

To solve the problem is easy. (to~をitへ代入した後の文章)

 

 

①が形式itを使った文章。②が代入後の文章です。

 

文法的には、最初からitなんて使わず、②の文章を本当に書いてしまってもOKなんです。

 

 

しかし、実際には①の文章が圧倒的に好まれます。

 

なぜなら、②の文章は、頭の部分が非常にもっさりしてしまっているからです。

たしかに、”To~”というデカいカタマリがいきなり文頭にあって、

なんだか気持ち悪い感じですね。

 

 

それを避けるため、いったんitを置いておき、文末に”to~”のカタマリを置く、

という形をとっているのです。

 

 

そして、このことは他の形式itでも同じ。

 

よくよく見ると、”that~”や”to~”のカタマリは、全て文末に置かれています。

 

文法的には文の途中にこのカタマリを置きたいんだけど、なんだかもっさりしてしまうから、

ひとまずitを置いておこうか。そういう発想で形式itは使用されています。

 

 

コレ、並べ替えや和訳問題では、知っていないとできないですね。というわけで入試で狙われるポイントの一つです。

 

なにより、生の英語に触れていても目にする機会が非常に多い文法事項です。何度も読み返して(出来れば例文を音読して)、ぜひ身体にしみこませてください。

 

それでは!

 

<他記事はコチラ>

漠然とした状況のit(itの特殊な用法)

強調構文のit(itの特殊な用法)

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] itの特殊な用法②(形式it) […]

  2. […] <参考>itの特殊な用法②(形式it) […]

  3. […] hatのカタマリを一番語尾に持っていきます。そして実際訳すときには、thatのカタマリがあたかもitの位置にあるかのように訳すんですね。(itの特殊な用法②(形式it)をご覧ください) […]

  4. […] <参考>形式itについて […]

  5. […] itの特殊な用法(形式主語) […]

  6. […] 形式it / 仮のit […]

  7. […] ・【一発で分かる】形式it、仮のitとは?【itの特殊用法まとめ】 […]