【サクッとわかる】前置詞が必ず後ろに残る関係代名詞表現まとめ【be afraid of他】

英文法

 

今回は前置詞が必ず後ろに残る関係代名詞表現をまとめてみたいと思います。

 

 

「わたしが話しかけた女の子は美しかった」を関係代名詞で表現する場合、通常は

  1. The girl to whom I talked was beautiful.
  2. The girl whom I talked to was beautiful.

のように、前置詞は関係代名詞と別々に置かれてもOKです。

 

ただ、前置詞と関係代名詞を別々に置いてはいけないパターン(つまり1のパターン)がいくつか存在します。

 

今回はそんなパターンについてまとめてみました。

 

 

なお、関係代名詞の超基礎は、下記の記事に超わかりやすくまとめてあります。今回の記事は、下記の内容をある程度分かっている前提で進めますので、「関係代名詞ってナニ⁈」という方はまずは下記の記事をお読みくださいね。

【わかりやすい】関係代名詞whichを超基礎から理解する

 

前置詞が必ず後ろに残る関係代名詞表現まとめ

前置詞が必ず後ろに残る関係代名詞表現まとめは下記の通りです。

 

ポイント
  • 定型表現(句動詞など)が使われている場合
  • 例:be afraid of/be fond of/laugh at/do withoutなど

 

 

例文はコチラです。

This is the girl who they are fond of.

(こちらは彼らが好きな女の子だ)

 

This is the joke which we can’t laugh at.

(これは私たちが笑うことのできないジョークだ)

 

 

ひとことで言うと、

前置詞が後ろに残るのは、動詞と前置詞のカタマリが一つの意味のカタマリを形成している場合

です。

 

上記の例で言うと、are fond ofやlaugh atが一つの表現のカタマリとして意識されているため、後ろの方へ残っているのですね。

 

 

なお、反対に「前置詞+関係代名詞」が必ずセットになる表現もあります。これも今回の記事と同じ発想で理解することが出来るので、ぜひあわせてお読みくださいね。

【サクッとわかる】「前置詞+関係代名詞」が必ずセットになる表現まとめ

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法関係詞
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント