【わかりやすく整理】could not Vとcan’t have Vp.p.の違い

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回はcould not Vとcan’t have Vp.p.の違いをわかりやすく整理してみたいと思います。

 

これは結構間違えやすい点なので要注意です。

 

記事はサクッと読めますよ!

 

そもそもcanの意味とは

could not Vとcan’t have Vp.p.の違いを考える前に、その現在形であるcanの代表的な意味を確認してみましょう。

 

 

canが持つ代表的な意味はざっくり下記の3つです。

  1. ~できる
  2. ~でありうる/~であるはずがない (通例否定文)
  3. ~してよい

 

 

これを過去形にしたのがcould not Vとcan’t have Vp.p.なんですね。

 

could not Vとcan’t have Vp.p.

では一体、could not Vとcan’t have Vp.p.はどのような意味になるのか?

 

下記がそのまとめです。

 

 

ポイント
1.~できる ⇒could: ~できた

2.~でありうる/~であるはずがない (通例否定文) ⇒could: ~でありうる/~であるはずがない

2’.~でありうる/~であるはずがない (通例否定文) ⇒can’t have Vp.p.: ~したはずがない(通例否定文)

3.~してよい ⇒could: ~してもよい(相手に訪ねる形で)

 

 

例文付きで具体的に確認していきましょう!

 

~できる ⇒could: ~できた

~できる ⇒could: ~できた からみていきましょう。
「過去」になにかをする能力があった際に使用します。

He could swim fast when he was young.

(若かったとき、彼は速く泳ぐことが出来た)

 

なお、couldとwas able toの違いは下記の記事でまとめています。実はかなり違う意味を持つので要注意です。

【本当のcould】couldは「できた」という意味にはならない【was able toとの違い】

 

~でありうる/~であるはずがない ⇒could: ~でありうる/~であるはずがない

~でありうる/~であるはずがない ⇒could: ~でありうる/~であるはずがないです。

 

これは意味の上では「現在」になっている点に注意です。

 

「過去形」には「心理的な距離を置く」という効果があり、その分canよりも控えめな表現になっています。

 

 

※仮定法で使用されることもあります。詳細は下記の記事をご参照ください。

【本質理解!】仮定法を基礎からやり直し【仮定法過去、仮定法過去完了とは?】

 

 

 

canがこの意味を持つとき、通例肯定文では使われにくいですが、

couldは肯定文・否定文のどちらも使用可能です。

 

例文はコチラです。

This could be true.

(これは本当かもしれない)

 

This couldn’t be true.

(これは本当であるはずがない)

 

~でありうる/~であるはずがない ⇒can’t have Vp.p.: ~したはずがない(通例否定文)

~でありうる/~であるはずがない ⇒can’t have Vp.p.: ~したはずがない(通例否定文)です。

 

 

couldでは「過去」の意味になりませんでしたが、

can’t have Vp.p.では「過去」に対する推量の意味になります。

 

He can’t have done it by himself.

(彼はそれを自分自身でしたはずがない)

 

~してよい ⇒could: ~してもよい(相手に訪ねる形で)

~してよい ⇒could: ~してもよい(相手に訪ねる形で)です。

 

 

これも「現在」の意味にはならず、「心理的な距離を置く」意味で過去形が使われています。つまり、canよりも控えめな表現になっています。

 

相手に対し許可を求める場合に使われることが多いです。

Could I sit here ?

(ここにお座りしてもいいでしょうか)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲しておきます。

 

ポイント
1.~できる ⇒could: ~できた

2.~でありうる/~であるはずがない (通例否定文) ⇒could: ~でありうる/~であるはずがない

2’.~でありうる/~であるはずがない (通例否定文) ⇒can’t have Vp.p.: ~したはずがない(通例否定文)

3.~してよい ⇒could: ~してもよい(相手に訪ねる形で)

 

 

助動詞はややこしいところですので、これを機にcan/could形をしっかりマスターしてくださいね!

 

なお、can’t have Vp.p.のように、may/must/should/need notなどがhave Vp.p.と組み合わせて使われた形は、下記の記事にまとめてあります。

【決定版】”助動詞+have Vp.p.”まとめ

 

 

疑問点等あればコメント欄までお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【わかりやすく整理】could not Vとcan’t have Vp.p.の違い […]