【理由もわかる】a/anが「ちょっと」の意味になる表現まとめ

冠詞

 

今回は不定冠詞a/anが「ちょっと」の意味になる表現をまとめてみました。

 

どういった表現で使われるのか? どうしてa/anが「ちょっと」の意味になるのか?

 

わかりやすくサクッとまとめています!

 

a/anが「ちょっと」の意味になる表現まとめ

a/anが「ちょっと」の意味になる表現まとめです。

 

 

ポイント
  • at a distance: ちょっと離れたところで
  • for a moment: ちょっとの間
  • wait a minute: ちょっと待ってて
  • go on an errand: ちょっと使いに行く
  • in a hurry: ちょっと急いでいる
  • in a word: ひとことで言えば
  • pay a visit to~: ~へちょっと寄る
  • take a bath: ちょっと風呂に入る
  • take a bite: ちょっと噛む
  • take a glance at~: ~をちらっと見る
  • take a walk: ちょっと歩く

 

 

全て「ちょっと」の意味でa/anが使われていますね。どうしてa/anが「ちょっと」の意味になるかというと、a/anの語源はoneから来ているからです。

 

 

oneは「1つ」という意味ですが、「1つ」はどんなよりも少ない数ですよね。

※「自然数以外でなら…」とか「虚数を含めれば…」とか屁理屈をこねだす気難しい方は今すぐブラウザを閉じてくださいね

 

どんな数よりも少ないので、それはつまり「ちょっと」という感覚につながっていくわけです。

 

 

a/anが「ちょっと」という意味になることを理解できると、様々な表現もスッと頭に入ってきますね!

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
冠詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント