YouTubeもやっています!

【イメージで理解】a number ofとthe number ofの意味の違いとは?

基本表現・語源

 

こんにちは、講師のNです。

 

突然ですがみなさん、a number ofとthe number ofの違いってわかります?

 

え、似たようなものじゃないの??

 

 

それが全然違うんです。

 

この記事では、

  • どのように意味が違うのか?
  • なぜ意味が違うのか?

を説明します。

 

理由がわかれば、意味が混乱することは二度となくなるハズです!

 

※本記事はYouTubeでも解説しています! 英語講師Nの生声をききたい方(←いねーよ)はぜひ!

【直感理解】the number of/a number ofの違いとは?

 

意味の違い

まずは意味の違いを下記の通り押さえましょう。

 

ポイント
  • a number of~:たくさんの~(文脈によっては「いくらかの~」)
  • the number of~:~の数

 

「たくさんの~」と「~の数」という違いがあるんだね。

でもどうして??

 

the number of~から違いを考える

“a number of~”と”the number of~”で、

なぜ意味に違いが出るのか?

 

これは、“the number of~”の成り立ちを押さえると覚えやすいのです。

 

theの意味とは?

ここでは”the”に注目しましょう。

“the”には名詞を特定する働きがあるんですね。

 

たとえば下の例文をみてください。

I have a dog. (わたしは一匹のイヌを飼っている)

I have the dog. (わたしはそのイヌを飼っている)

 

 

上の方は”a”を使っていますね。これは「一匹のイヌ」という意味を持つだけで、「そのイヌが具体的にどんなイヌなのか?」までは触れていないんです。

 

 

一方、”the”を使っている方は、「そのイヌ=特定のイヌ」を示しているんですね。

日本語の例文で詳しく見てみましょう。

A: ソフトバンクのお父さん犬って知ってる?

B: うん、知ってるよ。

A: 実は、わたしがそのイヌを飼っているんだ。(= I have the dog.)

 

 

ここで”I have a dog.”と言うことはあり得ないんですね。なぜなら、会話の流れ上、「お父さん犬」という「そのイヌ=特定のイヌ」を思い浮かべているから。

 

特定の何かを指すときは、”a”ではなく”the”を使うんです。

the number of~は特定の集団を指している

“the”は特定の何かを指している、ということを押さえたうえで、

“the number of~”という表現を見てみましょう。

 

これは、直訳すると「その数=特定の数」ってことなんですね。

つまり、特定の集団の数を指すことになるんです。

 

 

一方で”a number of~”はそうはなりません。

 

特定の何かを指すわけではないので、単純に「たくさんの~」という意味になるのです。

(”a number of~”は「たくさんの~」と丸暗記した方が良いです)

 

 

最初に貼りつけたポイントをもう一度示しましょう。

今度は覚えやすくなっているのではないでしょうか?

 

ポイント
  • a number of~:たくさんの~(文脈によっては「いくらかの~」)
  • the number of~:~の数

 

 

ちなみに、“a number of~”は「たくさんある」という意味なので複数形扱い、

“the number of~”は「特定集団の数をヒトカタマリで捉える」ので単数形扱いです。

 

とくに”the number of~”が単数形扱いというのは盲点なので注意してください。

A number of books were stolen. (たくさんの本が、盗まれた)

The number of supporters was small. (支援者の数は、わずかだった)

 

上の例文は“a number of~”なので複数扱いの”were”

下の例文は“the number of~”なので単数扱いの”was”

が使用されていますね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見まぎらわしい熟語表現も、その成り立ちを考えてみると、

混乱せず覚えることができますね。

 

 

迷ったら単語レベルの成り立ちを考えるクセをつけるとよいかもしれません。

 

それでは!

 

※theについては、さらに詳しい説明が書きにあります。

【超決定版】theの意味・使い方まとめ

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

基本表現・語源英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント