【イメージで理解】a number ofとthe number ofの意味の違いとは?

基本表現・語源

 

こんにちは、講師のNです。

 

突然ですがみなさん、a number ofとthe number ofの違いってわかります?

 

え、似たようなものじゃないの??

 

 

それが全然違うんです。

 

この記事では、

  • どのように意味が違うのか?
  • なぜ意味が違うのか?

を説明します。

 

理由がわかれば、意味が混乱することは二度となくなるハズです!

 

※本記事はYouTubeでも解説しています! 英語講師Nの生声をききたい方はぜひ!

【偏差値60レベル】a number of/the number ofの違いとは【コツは〇〇】

 

意味の違い

まずは意味の違いを下記の通り押さえましょう。

 

ポイント
  • a number of~:たくさんの~(文脈によっては「いくらかの~」)
  • the number of~:~の数

 

「たくさんの~」と「~の数」という違いがあるんだね。

でもどうして??

 

the number of~から違いを考える

“a number of~”と”the number of~”で、

なぜ意味に違いが出るのか?

 

これは、“the number of~”の成り立ちを押さえると覚えやすいのです。

 

theの意味とは?

ここでは”the”に注目しましょう。

“the”には名詞を特定する働きがあるんですね。

 

たとえば下の例文をみてください。

I have a dog. (わたしは一匹のイヌを飼っている)

I have the dog. (わたしはそのイヌを飼っている)

 

 

上の方は”a”を使っていますね。これは「一匹のイヌ」という意味を持つだけで、「そのイヌが具体的にどんなイヌなのか?」までは触れていないんです。

 

 

一方、”the”を使っている方は、「そのイヌ=特定のイヌ」を示しているんですね。

日本語の例文で詳しく見てみましょう。

A: ソフトバンクのお父さん犬って知ってる?

B: うん、知ってるよ。

A: 実は、わたしがそのイヌを飼っているんだ。(= I have the dog.)

 

 

ここで”I have a dog.”と言うことはあり得ないんですね。なぜなら、会話の流れ上、「お父さん犬」という「そのイヌ=特定のイヌ」を思い浮かべているから。

 

特定の何かを指すときは、”a”ではなく”the”を使うんです。

the number of~は特定の集団を指している

“the”は特定の何かを指している、ということを押さえたうえで、

“the number of~”という表現を見てみましょう。

 

これは、直訳すると「その数=特定の数」ってことなんですね。

つまり、特定の集団の数を指すことになるんです。

 

 

一方で”a number of~”はそうはなりません。

 

特定の何かを指すわけではないので、単純に「たくさんの~」という意味になるのです。

(”a number of~”は「たくさんの~」と丸暗記した方が良いです)

 

 

最初に貼りつけたポイントをもう一度示しましょう。

今度は覚えやすくなっているのではないでしょうか?

 

ポイント
  • a number of~:たくさんの~(文脈によっては「いくらかの~」)
  • the number of~:~の数

 

 

ちなみに、“a number of~”は「たくさんある」という意味なので複数形扱い、

“the number of~”は「特定集団の数をヒトカタマリで捉える」ので単数形扱いです。

 

とくに”the number of~”が単数形扱いというのは盲点なので注意してください。

A number of books were stolen. (たくさんの本が、盗まれた)

The number of supporters was small. (支援者の数は、わずかだった)

 

上の例文は“a number of~”なので複数扱いの”were”

下の例文は“the number of~”なので単数扱いの”was”

が使用されていますね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見まぎらわしい熟語表現も、その成り立ちを考えてみると、

混乱せず覚えることができますね。

 

 

迷ったら単語レベルの成り立ちを考えるクセをつけるとよいかもしれません。

 

※theについては、さらに詳しい説明が下記にあります。

【超決定版】theの意味・使い方まとめ

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本表現・語源英単語英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント