絶対複数形になる名詞の熟語表現6選【make friends with等】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

名詞の中には動詞と結びつき、熟語表現となっているものも少なくありません。

 

今回はそんな表現のうち、名詞が必ず複数形となる表現をチェックしていきたいと思います。

 

どうして名詞の複数形??

単数形じゃダメなの??

 

 

熟語表現の成り立ちをみれば納得できるはずです。早速見ていきましょう。

 

「動詞+名詞複数形」の重要表現は全部で6種類!

名詞の複数形と結びつく動詞表現のうち、重要なものは全部で6種類あります。

 

まずは一覧で見てみましょう。

 

動詞+名詞複数形の重要表現一覧
  1. be on good terms with~:~と仲が良い
  2. change trains:電車を乗り換える(busses/planesなども可)
  3. exchange business cards with~:~と名刺を交換する
  4. make friends with~:~と仲良くなる、友達になる
  5. shake hands with~:~と握手をする
  6. take turns ~ing:かわりばんこに~する(~ingの前にinやatを付けても良い)

 

 

複数形になっている理由はズバリ、「複数のヒト/モノが必要な行為だから」です。

 

一つずつ意味をチェックしていきましょう。

 

be on good terms with~:~と仲が良い

be on good terms with~で「~と仲が良い」という意味になります。

 

なぜこのような意味になるのか?

単語ごとに分解して考えます。

 

be: ~である

on: ~の状態

good: 良い

terms: 間柄、関係(複数形)

with: ~と

 

説明が必要と思われるものだけ解説していきます。

 

 

まずはon。

onは「ある状態にあること」を意味することがあります。

「上に乗っかっている=ペタっと接触している=ある状態にある」というイメージです。

 

日本だと”Now on sale!(ただいま販売中!)”といった表現がなじみ深いかもしれません。

これは「”sale”という状態に現在従事してますよ=現在販売中ですよ」ということなのです。

(他には”on strike”で「ストライキ中」なんて言い回しもあります)

 

 

次にterms。

今回複数形になっている名詞なんですが、termは「間柄、関係」なんて意味を持っています。

 

他人との間柄というのは、自分一人では成立しませんね。

だから複数形なんです。相手が必要だから複数形。

 

 

こうやって分解していき、単語を直訳していくと

「~と良い間柄の状態にある」くらいの意味になりましょうか。

 

その結果、辞書には「~と仲が良い」という訳が載っているのです。

I am on good terms with John. (わたしはジョンと仲が良い)

 

change trains:電車を乗り換える

同じように見ていきましょう。

 

change: ~を変える、取り換える

trains: 電車(複数形)

 

 

路線Aから路線Bに電車を乗り換える際、必ず二つの電車が関係してきますよね。

 

だって、乗り換えるんですもん。

だからtrainsが複数形になっています。

 

 

なお、電車ではなく、

バスや飛行機(busses, planes)の乗り換えにも全く同じ表現が使えます。

 

He changed trains at Tokyo station. (彼は東京駅で電車の乗り換えをした)

He changed planes at Narita airport. (彼は成田空港で飛行機の乗り換えをした)

 

exchange business cards with~:~と名刺を交換する

サクサクいきましょう。

 

exchange: 交換する

business cards: 名刺(複数形、直訳すると「ビジネスのカード」)

with: ~と

 

 

これは「名刺」部分が複数形になっています。名刺交換も一人じゃできないですからね。

He exchanged business cards with a client. (彼はお客さんと名刺交換を行った)

 

make friends with~:~と仲良くなる、友達になる

これも同様です。

 

make: 作る

friends: 友達(複数形)

with: ~と

 

「友達を作る」というのも自分と相手があって初めて成立する行為ですね。

だからfriendsが複数形になっています。

 

Satoshi made friends with Kasumi. (サトシはカスミと友達になった)

 

shake hands with~:~と握手をする

テンポよくいきましょう。

 

shake: 振る

hands: 手(複数形)

with: ~と

 

日本語でも「シェイク」を「振る」という意味で使ったりしますね。

そして、相手と手を握るわけなのでhandsが複数形になっています。

 

She shook hands with her mother. (彼女は彼女の母親と握手した)*

*動詞”shake”は”shake-shook-shaken”と変化します。

 

take turns ~ing:かわりばんこに~する

これでラストです。

 

take: とる

turns: 順番(複数形)

~ing: ~すること

 

 

遊戯王の「俺のターン!」というセリフはご存じないですかね?

あれ、「わたしの順番です」ということですからね。

 

turnは「順番」という意味の英単語です。

二人で交互に順番をとるわけなので、turnsと複数形になっています。

 

 

直訳すると「~することにおいて、順番を取っていく」くらいでしょうか。

だから「順番に~する」という訳になります。

 

They took turns talking. (彼らはかわりばんこに話をした)

 

 

ちなみに、”~ing”の前にはもともとinやatなどの前置詞が置かれていたのです。

だから「~することにおいて」という直訳になるんですね。

 

inやatなどの前置詞が省略されないパターンもあります。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

一見難しそうな熟語も、単語ごとに分解して意味を考えればスッと意味を理解できますね。

熟語学習のコツです。

 

あとは前置詞の意味なんかも一通り押さえておけば、

熟語学習がさらにスムーズに進むかもしれません。

 

前置詞はそのうちまとめて取り上げたいと思います。

 

それでは!

 


コメント