YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

【知るとお得?】関係代名詞whatの正体【本質から理解!】

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は関係代名詞whatの正体に迫りたいと思います。

 

 

「もの・こと・人」と訳される関係代名詞whatですが、なぜそのような訳になるのでしょう?

 

その理由に切り込んでみましょう!

 

 

ワクワク

 

 

what = 〇〇 that~

関係代名詞whatが「もの・こと・人」と訳されるところまではOKですね。

 

みなさんよく知っていることと思います。

 

 

問題は、「なぜこのような訳になるのか?」ということです。

 

 

実は、whatは次のように分解できるのです。

 

  • what = the thing that~
  • what = the person that~

 

 

どういうこと?

 

 

実際の文で見てみましょう!

 

もの・こと

まずは「もの・こと」のパターンから。

 

 

what = the thing thatに分解出来るのですね。

What you did is admirable.

= The thing that you did is admirable.

(君がしたことは称賛に値する)

 

 

わかりますか?

 

that you didというカタマリが、the thing「もの・こと」という名詞を修飾しているのです。

 

 

つまり、「あなたがした⇒こと」という関係が成り立っているのですね。

 

だからwhatは「こと・もの」という訳になるのです。

 

次は「人」のパターンです。

 

これも、「こと・もの」のパターンと本質的には同じです。

 

 

少し違うのが、what = the thing personと分解される点です。

He is not what he used to be.

= He is not the person that he used to be.

(彼は以前の彼ではない

= 直訳:彼は、以前彼がそうだったではない)

 

 

that you used to beというカタマリが、the person「人」という名詞を修飾しているのです。

 

 

つまり、「あなたが以前そうだった⇒人」という関係が成り立っているのですね。

 

だからwhatは「人」という訳になるのです。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

普段なかなか触れることのない知識ですが、

より深くまで踏み込むことで、本質的な理解が出来ますね!

 

 

英会話や試験に役立つかと言われたらじゃっかん微妙ですが、

たまにはこういうのも悪くはないです。

 

 

ご質問等あればコメント欄までお願いします。

それではまた!

 


コメント