YouTubeもやってます。Nの生声を聞きたい(?)方はぜひ!笑

YouTube

「~になる」を英語で言うと? go Cとcome Cの違いとは?

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は「~になる」という英語表現を紹介したいと思います。

 

becomeとか?

 

 

実はいろんな表現があり、それぞれ意味が異なるんですね。

これを機会に、様々な「~になる」表現をマスターしてしまいましょう!

 

 

「~になる」の表現まとめ

まずは「~になる」という表現をまとめてみましょう。

 

「~になる」の表現まとめ
  • go:(悪い状態に)なる
  • come:(良い状態に)なる
  • get(短い時間をかけて)なる
  • become:(長い時間をかけて)なる
  • turn:(全く違う状態に)なる
  • fall:(ある状態に急に)なる

 

 

全て直後にC(補語)がきて、「Cになる」という意味になります。

ただ、ニュアンスがそれぞれ違うんですね。

 

 

違いがわからない!

お手上げ!

 

 

単語の意味を丁寧に見ていけば大丈夫。

一つずつ説明していきます。

 

go / come

goで「(悪い状態に)なる」という意味、

comeで「(良い状態に)なる」という意味になります。

 

この二つはセットで覚えてしまいましょう。

 

どうしてこんな意味になるの?

 

 

goとcomeの意味の違いから考えてみましょう。

 

goにはある場所から離れる

comeにはある場所へ近づくという意味があるんですね。

 

 

たとえばコチラの例文を見てください。

Takashi went to America 1 year ago.

(タカシは一年前アメリカへ行った)

 

これはいいですね。

 

「タカシがアメリカへ行った」というのは、

「この場所を離れて遠いアメリカへ行った」ということを意味しているんです。

 

 

では、コチラの例文はどうでしょう。

“Dinner’s ready.” / “I’m coming.”

(「ご飯できてるよ」/「いま行くよ」)

 

日本語にすると「行く」という意味ですが、

英語ではcomeを使っています。

 

comeは「くる」という意味でしょ!

 

 

 

先ほどの話を思い出してください。

 

goにはある場所から離れる

comeにはある場所へ近づくという意味があるんです。

 

この会話では、「話の中心=ご飯を食べる場所」ですね。

タカシはそこへ呼ばれているんです。近づくよう声を掛けられているんです。

 

つまり、話の中心へ近づくので、comeを使っているんですね。

goは、話の中心から離れるニュアンスを与えてしまうので、

ここで使うのは適切ではないのです。

 

 

これを踏まえたうえで、

goで「(悪い状態に)なる」

comeで「(良い状態に)なる」

をみるとどうでしょう。

 

離れていくgoをマイナスイメージ、

近づいてくるcomeをプラスイメージで捉えていることがわかりますね。

二つの単語のイメージの違いが、そのまま意味の違いにつながっているわけなのです。

 

 

例文はコチラ。

Meat goes bad soon.

(肉はすぐに悪くなる

≒直訳:肉はすぐに悪い状態になる)

 

Dreams come true.

(夢はかなう

≒直訳:夢は本当の状態になる)

 

 

特にgoは熟語的な表現が多いので、代表的なものを例文で紹介しておきます。

 

go bankruptで「破産する」

The company went bankrupt.

(その会社は破産した)

 

go wrongで「うまくいかない」

The mission went wrong. (そのミッションはうまくいかなかった)

The engine went wrong. (そのエンジンは故障した)

 

go madで「おかしくなる」

He went mad. (彼は頭がおかしくなった)

 

get / become

getで「(短い時間をかけて)なる」という意味、

becomeで「(長い時間をかけて)なる」という意味になります。

 

 

これは例文を見た方が早いかもしれません。

下のような文を一度は見たことがあるハズです。

(なかったらすいません…)

 

getは短い時間での変化、

becomeはある程度長い時間での変化を意味することがわかりますね。

 

It gets dark soon during winter.

(冬の間は、すぐに暗くなる)

 

He wants to become a doctor.

(彼は医者になりたい)

 

turn

ここからは単独での紹介です。

turnで「(全く違う状態に)なる」という意味になります。

 

turnには「曲がる、回す」といったイメージがあるため、

上記のような意味になっています。

 

たとえば、角を曲がったりすれば、全く違う景色が見えてきますもんね。

 

 

こちらが例文です。

The leaves has turned red.

(木の葉が赤くなった)

 

The traffic light turned red.

(信号は赤に変わった)

 

fall

fallで「(ある状態に急に)なる」です。

 

fallには「落ちる」という意味があるので、

ある状態にストンと落ちると考えれば、「急に」というニュアンスも納得です。

 

 

こちらが例文です。

He fell ill.

(彼は病気になった)

 

fall inの形になっていますが、ニュアンスは同じです。ストンと恋に落ちてしまう感じです。

He fell in love with her.

(彼は彼女と恋に落ちた)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

単語を一つずつ拾っていけば、「なぜそういう意味になるのか?」も納得できますね。

 

 

熟語的表現を勉強していて、

「違いがわからない!」

「なぜこんな意味になるの?」

と迷ったときは、単語レベルで意味を捉えると納得いくことが多いです。

 

ぜひ、今後の勉強で実践してみてくださいね。

 

 

それでは!

 


コメント