YouTubeもやっています!

【すぐわかる法則】but「~以外」の後ろはtoV / Vどっち?【東大卒現役講師の解説】

前置詞

 

今回は、前置詞butの後ろがtoVとVのどちらになるのかについてまとめてみたいと思います。

 

butが「~以外」という意味で使われる際、後ろにto Vがきたり、Vがきたり…一見バラバラですが、実はある法則があるのです。

 

その法則とは何なのか?3分程度でサクッと確認してみましょう。

 

butの後ろがtoVとVのどちらになるのか

butの後ろがtoVとVのどちらになるのかについて、法則をまとめてみたいと思います。

 

 

 

ポイント
  • butの前にdoやcanがないto V
  • butの前にdoやcanがあるV

 

 

butの前にdoやcanがあると、それとのつながりが意識されるため、butの後ろはVになるのですね。

(例えば、”He can swim well.”のように、canの後ろはVが来ますよね。その感覚です)

 

 

例文付きで見ていきましょう。

 

butの前にdoやcanがない ⇒to V

butの前にdoやcanがない ⇒to Vのパターンから。

 

There is no choice but to love her.

(彼女を愛する以外、選択肢はない)

 

butの前にdoやcanがある ⇒V

butの前にdoやcanがある ⇒Vのパターンです。

 

He did nothing but love her.

(彼は彼女を愛する以外、何もしなかった)

 

He couldn’t but laugh.

(彼は笑わないではいられなかった)

 

おわりに

いかがでしたか? 法則がわかると楽しい&一発で頭に入ってきますね。

 

改めて、さらっとポイントに目を通してみましょう。

 

ポイント
  • butの前にdoやcanがないto V
  • butの前にdoやcanがあるV

 

 

不明点等あればコメント欄までお願いします。それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

前置詞準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント