YouTubeもやっています!

【決定版】It is ~ for人 to V⇔It is ~ that SV-の書き換えは可能か?【ofも】

準動詞

 

今回は、

  • It is ~ for 人 to V⇔It is ~ that SV-
  • It is ~ of 人 to V⇔S is ~ to V

の書き換えのパターンをまとめてみたいと思います。

 

意外と盲点なので、必見です!

 

It is ~ for/of 人 to Vの書き換えパターンまとめ

It is ~ for/of 人 to Vの書き換えパターンのまとめは下記の通りです。

 

ポイント

<It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV->

  • forが「~にとって」という意味を強く持つ ⇒書きかえ不可
  • forが「~にとって」という意味をあまり持たない ⇒書きかえ可

 

<It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to V>

  • S is ~ to Vには、常に書き換え可
  • It is ~ that SV-には、常に書きかえ不可

 

 

具体例を見つつ、詳しく確認していきましょう!

 

It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV-

It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV-のパターンからです。

 

まずはforを使った例文を見てください。

It is difficult for him to finish the work.

(彼にとって、その仕事を終えることは難しい)

 

It is strange for him to get so angry.

彼がそんなに怒るのは奇妙だ)

 

for himはいずれも意味上の主語として働いていますが、

それぞれ日本語へした時の意味が下記のように異なっています。

  • ~にとって
  • ~が

 

このとき、

「~にとって」という意味の時はthatでの書き換えができませんが、

「~が」という意味の時はthatでの書き換えができます

 

 

つまり、下記のようになります。

It is difficult for him to finish the work.

× It is difficult that he finishes the work.

(彼にとって、その仕事を終えることは難しい)

 

It is strange for him to get so angry.

〇 It is strange that he gets so angry.

彼がそんなに怒るのは奇妙だ)

 

 

書き換えをすると”~”の部分がthat節内の主語になりますが、

その際、元の”for~”の部分に「~が」という意味が強く持たされていれば、

that節で書き換えた文との相性が良いのですね。

 

It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to V

It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to Vのパターンです。

 

元の文でofが使われている場合、S is~の形に書き換えが常に可能です。

(It is that SV-への書き換えは常に不可です)

 

It was kind of him to help me.

⇔〇 He was kind to help me.

(わたしを助けてくれるとは、彼は親切だった)

 

おわりに

いかがでしたか? 改めてまとめを載せておきます。

 

ポイント

<It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV->

  • forが「~にとって」という意味を強く持つ ⇒書きかえ不可
  • forが「~にとって」という意味をあまり持たない ⇒書きかえ可

 

<It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to V>

  • S is ~ to Vには、常に書き換え可
  • It is ~ that SV-には、常に書きかえ不可

 

 

なお、It is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分けは、下記の記事で詳しく説明しています。「違いがよくわからない」という方はぜひこちらもお読みくださいね。

 

【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「英語が話せない!」と悩んでいませんか?

勉強しても英語が話せないのは、話す練習をしていないからです。そんな方には、毎日少しずつでも英会話をすることをおススメします。

特におススメなのがレアジョブ英会話

25分のオンラインレッスンを業界最安値で受講可能です(1回当たり200円弱という安さです)。
英語で大切なのは「頭で理解⇔実際の英会話で使用」というサイクルをひたすら繰り返すことです。こうすることで、英会話の力はもちろん、文法的な理解も効率的に定着させることが出来ます。

体験授業は無料なので、まずはお試しでレアジョブ英会話 を受けてみてはいかがでしょう。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスです。

準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント