【決定版】It is ~ for人 to V⇔It is ~ that SV-の書き換えは可能か?【ofも】

準動詞

 

今回は、

  • It is ~ for 人 to V⇔It is ~ that SV-
  • It is ~ of 人 to V⇔S is ~ to V

の書き換えのパターンをまとめてみたいと思います。

 

意外と盲点なので、必見です!

 

It is ~ for/of 人 to Vの書き換えパターンまとめ

It is ~ for/of 人 to Vの書き換えパターンのまとめは下記の通りです。

 

ポイント

<It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV->

  • forが「~にとって」という意味を強く持つ ⇒書きかえ不可
  • forが「~にとって」という意味をあまり持たない ⇒書きかえ可

 

<It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to V>

  • S is ~ to Vには、常に書き換え可
  • It is ~ that SV-には、常に書きかえ不可

 

 

具体例を見つつ、詳しく確認していきましょう!

 

It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV-

It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV-のパターンからです。

 

まずはforを使った例文を見てください。

It is difficult for him to finish the work.

(彼にとって、その仕事を終えることは難しい)

 

It is strange for him to get so angry.

彼がそんなに怒るのは奇妙だ)

 

for himはいずれも意味上の主語として働いていますが、

それぞれ日本語へした時の意味が下記のように異なっています。

  • ~にとって
  • ~が

 

このとき、

「~にとって」という意味の時はthatでの書き換えができませんが、

「~が」という意味の時はthatでの書き換えができます

 

 

つまり、下記のようになります。

It is difficult for him to finish the work.

× It is difficult that he finishes the work.

(彼にとって、その仕事を終えることは難しい)

 

It is strange for him to get so angry.

〇 It is strange that he gets so angry.

彼がそんなに怒るのは奇妙だ)

 

 

書き換えをすると”~”の部分がthat節内の主語になりますが、

その際、元の”for~”の部分に「~が」という意味が強く持たされていれば、

that節で書き換えた文との相性が良いのですね。

 

It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to V

It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to Vのパターンです。

 

元の文でofが使われている場合、S is~の形に書き換えが常に可能です。

(It is that SV-への書き換えは常に不可です)

 

It was kind of him to help me.

⇔〇 He was kind to help me.

(わたしを助けてくれるとは、彼は親切だった)

 

おわりに

いかがでしたか? 改めてまとめを載せておきます。

 

ポイント

<It is ~ for 人 to V ⇔ It is ~ that SV->

  • forが「~にとって」という意味を強く持つ ⇒書きかえ不可
  • forが「~にとって」という意味をあまり持たない ⇒書きかえ可

 

<It is ~ of 人 to V ⇔ S is ~ to V>

  • S is ~ to Vには、常に書き換え可
  • It is ~ that SV-には、常に書きかえ不可

 

 

なお、It is ~ for 人 to V/ It is ~ of 人 to Vの使い分けは、下記の記事で詳しく説明しています。「違いがよくわからない」という方はぜひこちらもお読みくださいね。

 

【決定版】It is ~ of 人 to V/ It is ~ for 人 to Vの使い分け

 

 

最後までお読みくださりありがとうございました。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント