【要注意!】nor/neither/not eitherの違いとは?【3分で理解】

倒置・否定・省略・強調

 

今回はnor, neither, not eitherの違いについてまとめたいと思います。

 

どの表現も「~もまた…でない」という意味になるのですが、使い方がだいぶ異なるのですね。

 

これを機会にまとめてチェックしましょう。3分程度で読めますよ!

 

norはand不要、neitherとnot eitherはand必要

まずはポイントからまとめてしまいましょう。

 

ポイント
  • nor:①and不要 (接続詞なので)、②倒置する
  • neither:①and必要 (副詞なので)、②倒置する
  • not either:①and必要 (副詞なので)、②倒置しない

⇒会話文では、全てand不要

 

 

 

例文で具体的に見てみましょう。

I am not rich, nor do I want to be.

= I am not rich, and neither do I want to be.

= I am not rich, and I do not want to be either.

(わたしは裕福でないし、わたしはそうなりたいとも思わない)

 

 

ポイントは、カンマ (,)の前後で次の二文がつながれていることです。

A= I am rich.

B= I don’t want to be (rich).

 

これを頭に入れたうえで、nor, neither, not eitherそれぞれのパターンを見ていきましょう。

 

nor

まずはnorでつなぐ場合から。

 

norが接続詞(andなどと同じ)なので、”I am rich, nor~“とつなげます。

 

 

さらに、norは「~もまた…でない」という否定語です。

 

否定語が頭に来た場合、後ろは倒置するというルールがあるので、

“I am rich, nor do I want to be.”とできるわけです。

 

neither

次に、neitherつなぐ場合です。

 

neitherは「~もまた…でない」という意味で、norと非常に似ているのですが、接続詞ではなく副詞なのですね。

 

andのように文と文をつなぐ機能がないので、neitherの前にandを補ってやる必要があります。

“I am not rich, and neither~”

 

 

そして、neitherも否定語なので、後ろは倒置してやります。

“I am not rich, and neither do I want to be.”

 

not either

最後にnot eitherの場合です。

 

まず、neither = not eitherというのを覚えましょう。つまり、eitherも副詞なので、文と文をつなぐ際はandを補ってやる必要があるのですね。

 

また、either自体に否定の意味はないので、文が倒置することもありません。

 

その結果、次のような文が出来上がります。

“I am not rich, and I do not want to be either.”

 

会話文の場合

なお、会話文の場合はand不要で全て使えます。倒置の有無にだけ注意を払えばOKです。

 

コチラが例文です。

“I do not know her.”  “Neither do I.”

= “I do not know her.”  “Nor do I.”

= “I do not know her.”  “I don’t either.”

(「わたしは彼女を知りません」「わたしも知りません」)

 

おわりに

いかがでしたか? 紛らわしい表現なので、試験でもよく狙われるポイントです。

 

覚えられるか不安!という方は、例文を10回程度音読してみると良いですよ。ある程度頭で理解したうえでひたすら反復をする。これこそが英語学習の近道です。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント

  1. […] 【要注意!】nor/neither/not eitherの違いとは?【3分で理解】 […]