【本質から理解!】前置詞withのイメージとは

前置詞

 

今回紹介するのは前置詞withです。

 

 

一体どのような意味・イメージを持っているのでしょう?

 

図入りでわかりやすく説明します!

 

withのイメージは「一緒に」

withはagainst「~に対して」が語源になっています。

 

「~に対して」ということは、見方を変えればその相手とずっと「一緒に」いるわけです。

 

そこから、withは一緒にくっついているイメージを持つようになりました。

 

 

 

このことから、次のような意味に派生していきます。

 

withの意味まとめ
  1. 「~に対して」
  2. 「~と一緒に」
  3. 「調和」
  4. 「所有」
  5. 「身につけて(携帯)」
  6. 「~で(道具)」
  7. 「~に関して」
  8. 「理由」
  9. 「付帯状況」

 

 

 

それぞれの使われ方を、例文付きで個別に見ていきましょう!

 

withの用法

コアイメージをつかんだところで、withの用法を個別に見ていきましょう。

 

「~に対して」

「~に対して」という用法をまずは見てみましょう。

 

I competed with him for the prize.

(わたしは彼と(=彼に対して)その賞を争った)

 

I fought with him.

(わたしは彼に対して戦った)

 

「~と一緒に」

「~と一緒に」という用法をまずは見てみましょう。

 

I went to school with Bob.

(わたしはボブと一緒に学校へ行った)

 

「調和」

一緒にいるというコトは、二つの人やモノは「調和」していますよね。

 

Red wine goes with meat.

(赤ワインは肉とよく合う)

 

「所有」

一緒にいるというコトは、なにかを「所有」しているというコトですね。

 

There is a girl with blue eyes.

(青い眼をした女の子がいる = 女の子が青い眼を所有している)

 

He provided the children with milk.

(子供たちに牛乳を提供した = 子どもたちが牛乳を所有する状態になる)

 

「身につけて (携帯)」

一緒にいるというコトは、なにかを「携帯」しているというコトもありますね。

 

I have no money with me.

(私はお金をもっていない = 私と一緒にお金がない)

 

 

ちなみに、

  • I don’t have money.
  • I don’t have money with me.

では持つニュアンスが結構ハッキリ異なります。

 

「え? マジ?!」という方は、ぜひぜひ下記の記事もお読みくださいね。

参考:I don’t have money.とI don’t have money with me.の違いとは?

 

「~で (道具)」

何かと一緒にいれば、それを「道具」として使うことにもつながりますね。

 

He broke the window with a hammer.

(彼はハンマーで窓を壊した)

 

I shot deer with a bow and arrow.

(わたしは鹿を弓矢で撃った)

 

「~に関して」

一緒にいれば、「~に関して」という意味にもなりますね。

 

 

上の例文は特にわかりやすいと思います。

 

「あなたと一緒に困ったことある?」⇒「あなたに関して困ったことある?」という連想です。

What’s wrong with you.

(何かお困りですか = あなたに関して何が困っていますか)

 

Is there anything to do with respect to this matter?

(この件に関して、何かすべきことはありますか?)

* with respect to~で「~に関して」という意味になります

 

I have nothing to do with the matter.

(わたしはその件と何の関係もない = その件に関して

* have nothing to do with~で「~と何の関係もない」という意味になります

 

「理由」

一緒にいるほど近くにいれば、それが何らかの「理由」になることもありますね。

 

He was trembling with cold.

(彼は寒さで震えていた = 寒さが理由で)

 

 

「彼」が「寒さ」と一緒にいるので、

「寒さが理由で震える」ことにつながりますね。

 

「付帯状況」

with A Bの形で、「AがBの状態で」「AがBしながら」という意味になります。

 

with以下の状況を伴って何かが起こるので、「付帯状況」と呼ばれています。

 

Don’t speak with your mouth full.

(口にモノを入れて話すな = 口が一杯の状態で)

 

She sat with her legs crossed.

(彼女は脚を組んで座った = 脚が組まれた状態で)

 

She sat with tears falling.

(彼女は涙を流しながら座った = 涙が流れる状態で)

 

おわりに

withの意味は多岐に渡りますが、「一緒に」というイメージを持っておくと、理解が楽になります。

 

ぜひぜひ、根幹のイメージを大切にしたうえで、様々な用法を身につけてくださいね!

 

 

なお、前置詞についてもっと知りたいという方は、

当ブログの前置詞カテゴリーの記事

イメージで比べてわかる 前置詞使い分けBOOK一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)が大まかなイメージを理解するのに役に立つと思います。

 

 

 

特に、一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)前置詞以外の英文法の事項も新鮮な観点(かつイメージに残りやすい本質的な記述)で説明してくれているので、お持ちでない方は手元に一冊置いておくと英語学習がとても楽しくなると思います。

 

 

また、前置詞の観点から英語の熟語をひたすらまとめた解体英熟語 改訂第2版もおすすめです。Z会からの出版で、一応大学受験用ということになってはいますが、大人にとっても普通に役立ちます。というか、役立ちすぎるくらい情報量が豊富&わかりやすいです。

 

巻末に各前置詞をおおざっぱにまとめた簡単な説明が載っていますが、それがとてもわかりやすく、正直その説明のためだけでもこれを一冊買う価値があります。

 

 

前置詞は奥が深いので、ぜひぜひ上記の書籍に目を通してみてくださいね。見える世界がガラッと変わると思います。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
前置詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【本質から理解!】前置詞withのイメージとは […]

  2. […] 参考:【本質から理解!】前置詞withのイメージとは […]

  3. […] 【本質から理解!】前置詞withのイメージとは […]

  4. […] 【本質から理解!】前置詞withのイメージとは […]

  5. […] した(参考:【本質から理解!】前置詞withのイメージとは) […]