【かんたん理解】to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合まとめ

準動詞

 

今回はto V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合をまとめてみたいと思います。

 

ある程度数は限られているので、サクッとチェックしてしまいましょう。

 

記事は3分程度で読めますよ!

 

to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合まとめ

to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合のまとめです。

 

 

ポイント
  • help O to V/know O to Vのとき ※1, 2
  • be動詞のCのとき
  • thanの後ろのとき

※1 helpは、help to Vの形でもto省略可能です

※2 knowは、現在完了形か過去形とセットで使うことが多いです(toを省略するのは主にイギリス)

 

 

 

例文付きで具体的に見ていきましょう!

 

help O to V/know O to Vのとき

help O to Vやknow O to Vのとき、toは省略可能です。それぞれ「OがVするのを手助けする」「OがVすると知っている」の意味になります。

 

また、knowは現在完了形や過去形とセットで使用されることが多いです。

 

 

例文はこちらです。

She helped her brother (to) finish his homework.

(彼女は、弟の宿題を終わらせるのを手伝った)

 

I have never known honest people to tell such a lie as this.

(わたしは、正直な人々がこのようなウソをつくのを聞いたことがない =知らない)

 

be動詞のCのとき

be動詞のCになっているとき、toは省略可能です。

 

All you have to do is (to) go to school.

(君は学校へ行きさえすればよい =君がすべき全てのことは、学校へ行くことだ)

 

thanの後ろのとき

thanの後ろのときもtoは省略可能です。

 

It is easier to persuade people than (to) force them.

(人々を説得する方が、人々に強制するより簡単だ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを再掲します。

 

ポイント
  • help O to V/know O to Vのとき ※1, 2
  • be動詞のCのとき
  • thanの後ろのとき

※1 helpは、help to Vの形でもto省略可能です

※2 knowは、現在完了形か過去形とセットで使うことが多いです(toを省略するのは主にイギリス)

 

 

限られたパターンなので、これを機会に知識の整理に役立てたのであれば嬉しいです。

 

質問等あれば、ぜひコメント欄までお願いします。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント