【かんたん理解】to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合まとめ

準動詞

 

今回はto V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合をまとめてみたいと思います。

 

ある程度数は限られているので、サクッとチェックしてしまいましょう。

 

記事は3分程度で読めますよ!

 

to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合まとめ

to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合のまとめです。

 

 

ポイント
  • help O to V/know O to Vのとき ※1, 2
  • be動詞のCのとき
  • thanの後ろのとき

※1 helpは、help to Vの形でもto省略可能です

※2 knowは、現在完了形か過去形とセットで使うことが多いです(toを省略するのは主にイギリス)

 

 

 

例文付きで具体的に見ていきましょう!

 

help O to V/know O to Vのとき

help O to Vやknow O to Vのとき、toは省略可能です。それぞれ「OがVするのを手助けする」「OがVすると知っている」の意味になります。

 

また、knowは現在完了形や過去形とセットで使用されることが多いです。

 

 

例文はこちらです。

She helped her brother (to) finish his homework.

(彼女は、弟の宿題を終わらせるのを手伝った)

 

I have never known honest people to tell such a lie as this.

(わたしは、正直な人々がこのようなウソをつくのを聞いたことがない =知らない)

 

be動詞のCのとき

be動詞のCになっているとき、toは省略可能です。

 

All you have to do is (to) go to school.

(君は学校へ行きさえすればよい =君がすべき全てのことは、学校へ行くことだ)

 

thanの後ろのとき

thanの後ろのときもtoは省略可能です。

 

It is easier to persuade people than (to) force them.

(人々を説得する方が、人々に強制するより簡単だ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを再掲します。

 

ポイント
  • help O to V/know O to Vのとき ※1, 2
  • be動詞のCのとき
  • thanの後ろのとき

※1 helpは、help to Vの形でもto省略可能です

※2 knowは、現在完了形か過去形とセットで使うことが多いです(toを省略するのは主にイギリス)

 

 

限られたパターンなので、これを機会に知識の整理に役立てたのであれば嬉しいです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント