【かんたん理解】to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合まとめ

準動詞

 

今回はto V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合をまとめてみたいと思います。

 

ある程度数は限られているので、サクッとチェックしてしまいましょう。

 

記事は3分程度で読めますよ!

 

to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合まとめ

to V / V(原形不定詞)の両方が可能な場合のまとめです。

 

 

ポイント
  • help O to V/know O to Vのとき ※1, 2
  • be動詞のCのとき
  • thanの後ろのとき

※1 helpは、help to Vの形でもto省略可能です

※2 knowは、現在完了形か過去形とセットで使うことが多いです(toを省略するのは主にイギリス)

 

 

 

例文付きで具体的に見ていきましょう!

 

help O to V/know O to Vのとき

help O to Vやknow O to Vのとき、toは省略可能です。それぞれ「OがVするのを手助けする」「OがVすると知っている」の意味になります。

 

また、knowは現在完了形や過去形とセットで使用されることが多いです。

 

 

例文はこちらです。

She helped her brother (to) finish his homework.

(彼女は、弟の宿題を終わらせるのを手伝った)

 

I have never known honest people to tell such a lie as this.

(わたしは、正直な人々がこのようなウソをつくのを聞いたことがない =知らない)

 

be動詞のCのとき

be動詞のCになっているとき、toは省略可能です。

 

All you have to do is (to) go to school.

(君は学校へ行きさえすればよい =君がすべき全てのことは、学校へ行くことだ)

 

thanの後ろのとき

thanの後ろのときもtoは省略可能です。

 

It is easier to persuade people than (to) force them.

(人々を説得する方が、人々に強制するより簡単だ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを再掲します。

 

ポイント
  • help O to V/know O to Vのとき ※1, 2
  • be動詞のCのとき
  • thanの後ろのとき

※1 helpは、help to Vの形でもto省略可能です

※2 knowは、現在完了形か過去形とセットで使うことが多いです(toを省略するのは主にイギリス)

 

 

限られたパターンなので、これを機会に知識の整理に役立てたのであれば嬉しいです。

 

質問等あれば、ぜひコメント欄までお願いします。それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
準動詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント