【直訳で理解】anything but/nothing but/everything but意味の違いまとめ

基本単語

 

今回は、anything but/nothing but/everything butの意味と使い方について、まとめてみたいと思います。

 

特に、anything butとnothing butは一見意味不明な訳になります。

 

ただ、単語レベルで意味を追っていけば、すっきり理解できるようになりますよ!

 

anything but/nothing but/everything butの意味と使い方

まずはまとめから。それぞれの訳語と同意表現は下記の通りです。

 

ポイント
  • anything but~: 決して~ではない (=far from~ / not~at all / not~in the least)
  • nothing but~: ~だけ、~にすぎない (=only~)
  • everything but~: ~以外全て

 

 

 

どうしてこんな意味になるの?

 

 

ポイントはbutの訳です。「しかし」という意味のほかに、butには「~以外」という意味があるのです。

 

今回は全て、「but: ~以外」と考えると理解しやすくなります。

 

 

anything but~: 決して~ではない

まずは「anything but~: 決して~ではない」から。

 

anythingには「なんでも」という意味があるので、直訳すると下記の通りになります。

He is anything but a hero.

(彼は全てのモノだ。英雄以外の

⇒彼は決して英雄ではない)

 

世の中にはスポーツマン、ジェントルマン、リーダータイプの人間…色々いるわけですが、かなりテキトーに、彼は全部に当てはまると言っているわけです。

 

ただ、色々当てはまるんだけど、その中から英雄の可能性は除くよ、というのが今回の文です。

 

色々当てはまる中からわざわざ除くくらいだから相当です。彼は、決して英雄などではないというわけです。

 

nothing but~: ~だけ、~にすぎない

次に「nothing but~: ~だけ、~にすぎない」です。

 

nothingには「なにもない」という意味があるので、直訳すると下記の通りになります。

He is nothing but a hero.

(彼はなんでもない。英雄以外の

⇒彼はただの英雄だ)

 

 

これは、そのままの日本語でも似たようなニュアンスになりそうです。

 

「彼は英雄以外の何者でもない (=何者にもなれないよ)」という直訳ですね。

 

随分と投げやりなイメージです。

 

その結果、「ただの~、~にすぎない」といった意味になるわけですね。

 

everything but~: ~以外全て

最後に「everything but~: ~以外全て」です。

 

これは特にひねりはありません。butを「~以外」という意味で捉えて、直訳すればOKです。

 

こちらが例文です。

He has everything but money.

(彼はお金以外全てを持っている)

 

まとめ

まとめを再掲します。

 

ポイント
  • anything but~: 決して~ではない (=far from~ / not~at all / not~in the least)
  • nothing but~: ~だけ、~にすぎない (=only~)
  • everything but~: ~以外全て

 

 

ちょっとした言い回しも、直訳を意識することで随分わかりやすくなりますね!

 

疑問点などあればコメント欄までお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント