【直訳で理解】anything but/nothing but/everything but意味の違いまとめ

基本単語

 

今回は、anything but/nothing but/everything butの意味と使い方について、まとめてみたいと思います。

 

特に、anything butとnothing butは一見意味不明な訳になります。

 

ただ、単語レベルで意味を追っていけば、すっきり理解できるようになりますよ!

 

anything but/nothing but/everything butの意味と使い方

まずはまとめから。それぞれの訳語と同意表現は下記の通りです。

 

ポイント
  • anything but~: 決して~ではない (=far from~ / not~at all / not~in the least)
  • nothing but~: ~だけ、~にすぎない (=only~)
  • everything but~: ~以外全て

 

 

 

どうしてこんな意味になるの?

 

 

ポイントはbutの訳です。「しかし」という意味のほかに、butには「~以外」という意味があるのです。

 

今回は全て、「but: ~以外」と考えると理解しやすくなります。

 

 

anything but~: 決して~ではない

まずは「anything but~: 決して~ではない」から。

 

anythingには「なんでも」という意味があるので、直訳すると下記の通りになります。

He is anything but a hero.

(彼は全てのモノだ。英雄以外の

⇒彼は決して英雄ではない)

 

世の中にはスポーツマン、ジェントルマン、リーダータイプの人間…色々いるわけですが、かなりテキトーに、彼は全部に当てはまると言っているわけです。

 

ただ、色々当てはまるんだけど、その中から英雄の可能性は除くよ、というのが今回の文です。

 

色々当てはまる中からわざわざ除くくらいだから相当です。彼は、決して英雄などではないというわけです。

 

nothing but~: ~だけ、~にすぎない

次に「nothing but~: ~だけ、~にすぎない」です。

 

nothingには「なにもない」という意味があるので、直訳すると下記の通りになります。

He is nothing but a hero.

(彼はなんでもない。英雄以外の

⇒彼はただの英雄だ)

 

 

これは、そのままの日本語でも似たようなニュアンスになりそうです。

 

「彼は英雄以外の何者でもない (=何者にもなれないよ)」という直訳ですね。

 

随分と投げやりなイメージです。

 

その結果、「ただの~、~にすぎない」といった意味になるわけですね。

 

everything but~: ~以外全て

最後に「everything but~: ~以外全て」です。

 

これは特にひねりはありません。butを「~以外」という意味で捉えて、直訳すればOKです。

 

こちらが例文です。

He has everything but money.

(彼はお金以外全てを持っている)

 

まとめ

まとめを再掲します。

 

ポイント
  • anything but~: 決して~ではない (=far from~ / not~at all / not~in the least)
  • nothing but~: ~だけ、~にすぎない (=only~)
  • everything but~: ~以外全て

 

 

ちょっとした言い回しも、直訳を意識することで随分わかりやすくなりますね!

 

疑問点などあればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント