【決定版】but for, without, withを用いた仮定法とは?

仮定法

 

今回はbut for, without, withを用いた仮定法について説明します。

 

仮定法って、ifがなくても表現できるのですね。

 

3~4分でサクッと読めますよ!

 

「but for, without = もし~がなければ」、「with = もし~があれば」

まずは意味をまとめてみましょう。それぞれ下記のように使うことが出来ます。

 

全て「もし~」という意味を含んでおり、ifに近い意味を持っている点がポイントです。

 

ポイント
  • but for~, without~: もし~がなければ (現在)、もし~がなかったら (過去)
  • with~: もし~があれば (現在)、もし~があったら (過去)

 

 

 

例文はコチラです。

 

まずはbut for, withoutです。現在/過去の両方の意味で使えるのがポイントですね。

Without her, he would not be here now.

= But for her, he would not be here now.

彼女がいなければ、彼は今ここにはいないだろう)

 

Without his effort, he would not have succeeded.

= But for his effort, he would not have succeeded.

彼の努力がなかったら、彼は成功していなかっただろう)

 

 

次はwithです。同じく現在/過去の両方の意味で使えるのがポイントです。

With a little more patience, he would be here now.

(もう少し忍耐力があれば、彼は今ここにいるだろうに)

 

With a little more patience, he would have succeeded.

(もう少し忍耐力があれば、彼は成功していただろうに)

 

 

なお、but for, withoutに関しては、

  • もし~がなければ ⇒if it were not for
  • もし~がなかったら ⇒if it had not been for

で書きかえることが出来ます。

 

 

コチラの表現については、下記の記事で詳しく説明していますので、興味があればぜひお読みくださいね。

 

参考記事:【仮定法】if it were not for/if it had not been forの訳し方

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
仮定法英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考記事:【決定版】but for, without, withを用いた仮定法とは? […]