【不定詞と動名詞】forget to V / forget Vingの意味と違いとは

準動詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は不定詞と動名詞の違いについて紹介します。

 

不定詞はto V、

動名詞はVingのことだっけ?

 

 

その通りです。では、訳の違いはわかるでしょうか?

 

どちらも「~すること」という訳になるんだっけ?

 

 

確かに不定詞、動名詞のどちらにも「~すること」という訳はあります。ただ、その意味するところはだいぶ違います。

 

今回は不定詞と動名詞の違いをまとめたうえで、不定詞、動名詞の代表的な熟語表現を紹介します。不定詞、動名詞の違いを理解していると、暗記がぐっと楽になりますよ!

 

不定詞と動名詞の違い

ひとことで言うと、不定詞と動名詞の違いは下記の通りです。

 

不定詞と動名詞の違い
  • 不定詞:未来志向、前向き
  • 動名詞:過去志向、後ろ向き(反復・中断・逃避)

 

 

不定詞は未来志向で、動名詞は過去志向。これを押さえたうえで、次の例文を見てください。

 

rememberは「覚える」という意味の動詞ですが、不定詞と結びつくか、動名詞と結びつくかでだいぶ意味が変わります。

 

まずは不定詞から。

remember to V: (これから)Vすることを覚えておく

I remember to meet him tomorrow. (明日の朝、彼に会うことを覚えておく)

 

これは、「明日の朝、彼と会う予定があるので、それを忘れないように覚えておく」という意味です。

これからの予定、未来の予定を忘れないように覚えておこう、ということです。

 

 

一方の動名詞はコチラです。

remember Ving: (以前に)Vしたことを覚えている

I remember meeting him yesterday. (昨日、彼に会ったことを覚えている)

 

これは、「昨日、彼と会ったことを覚えているよ」という意味です。

過去の出来事をちゃんと覚えている、ということです。

 

 

こんな風に、同じ動詞でも不定詞と結びつくか動名詞と結びつくかで、

大きく意味が変わるのです!

 

重要表現

不定詞と動名詞の違いを理解したところで、今度は重要表現一気にチェックしてみましょう!

 

不定詞と動名詞で意味が異なる表現

まずは不定詞と動名詞で意味が異なる表現からです。要領としては、先ほど扱ったrememberと同様です。

 

不定詞と動名詞で意味が異なる表現
  • remember to V: ~することを覚えておく
  • remember Ving: ~したことを覚えている
  • forget to V: ~しなければいけないことを忘れる
  • forget Ving: ~したことを忘れる
  • regret to V: 残念ながら~しなければいけない
  • regret Ving: ~したことを後悔する
  • stop to V: 立ち止まって~する
  • stop Ving: ~するのをやめる
  • try to V: ~しようと努力する
  • try Ving: 試しに~する

 

 

なお、実はtoの後ろにVingがきて、to Vingとなることもあります。今回は全てto Vの形ですが。

こちらについては別の記事で紹介しているので、もしよろしければお読みください。

 

<参考>toの後ろにくるのは”V”、それとも”Ving”?

 

 

不定詞とのみ結びつく表現

さて、こちらは不定詞にのみ存在する表現です。

不定詞が持つ「未来志向、前向き」のニュアンスに注目してくださいね。

 

不定詞と結びつく表現
  • desire to V: Vしたい
  • hope to V: Vしたい
  • want to V: Vしたい
  • wish to V: Vしたい
  • expect to V: Vするつもりである、~するだろうと思う
  • promise to V: Vすると約束する
  • decide to V: Vすることを決める
  • offer to V: Vすることを申しでる
  • agree to V: Vすることに同意する
  • refuse to V: Vすることを断る
  • afford to V: Vする余裕がある
  • hesitate to V: Vするのをためらう
  • manage to V: どうにかしてVする
  • pretend to V: Vするふりをする
  • seek to V: Vしようと努める

 

なお、不定詞には他にも熟語表現があります。ぜひこちらの記事も参考にしてください。

 

動名詞とのみ結びつく表現

動名詞にのみ存在する表現です。

動名詞が持つ「過去志向、後ろ向き(反復・中断・逃避)」のニュアンスに注目してくださいね。

 

まずは〇〇 Vingの形をとるものから。

 

動名詞と結びつく表現①(〇〇 Ving)
  • consider: ~しようと思う, contemplate: ~しようと(深く)考える
  • resist: ~に抵抗する, recollect: ~したことを思い出す
  • deny: ~を否定する, delay: ~を遅らせる

 

  • mind: ~を嫌だと思う, miss: ~しそこなう
  • enjoy: ~を楽しむ
  • give up: ~をやめる
  • avoid: ~を避ける, admit: ~ということを認める
  • finish: ~し終える
  • escape: ~をせずに済む
  • practice: ~を練習する, postpone: ~を延期する
  • stop: ~をやめる, suggest: ~を提案する

 

先頭の赤字をつなげ、ゴロ合わせで

「これでMEGAFEPS(メガフェプス)」と覚えると便利です。

 

 

また、次に挙げるのは少し長めの熟語表現。”in”の部分は全て省略可です。

 

動名詞と結びつく表現②(in省略可)
  • be busy in Ving: ~するのに忙しい
  • have difficulty (trouble) in Ving: ~するのが困難だ
  • spend A in Ving: ~するのにAを費やす
  • there is no point (sense, use) in Ving: ~しても無駄だ
  • It is no use (good) Ving: ~しても無駄だ
  • There is no Ving: ~できない

 

 

おわりに

いかがでしたか?覚える量が多くて大変ですが、不定詞と動名詞が持つニュアンスを理解すれば、暗記の手助けになります。

 

英語は理解・暗記どちらも大切です。

何度も音読し、これを機会に身につけてくださいね。

 

それでは!

 


コメント

  1. […] 【不定詞と動名詞】forget to V / forget Vingの意味と違いとは […]

  2. […] 参考記事:【不定詞と動名詞】forget to V / forget Vingの意味と違いとは […]