【決定版】分数を英語で表現する【英語分数表現まとめ】

英文法

こんにちは、講師のNです。今回は英語の分数表現をまとめてみました。

 

覚えるルールはそれほど多くはないので、一網打尽にしてしまいましょう!

 

分数表現の基本事項

分数の基本ルールまとめはコチラ。

 

分数表現のルール
  1. 分子は基数詞、分母は序数詞で表記
  2. 分子が2以上の場合は、分母に複数形のsを付ける
  3. 分詞と分母はハイフンでつないで表記
  4. 帯分数”〇 X/Y”は、〇部分とX/Y部分をandでつなぐだけ
  5. 数字の大きい分数は、どちらも基数詞を使い、分子 over 分母と表現(uponも可)

 

 

 

簡単に補足説明していきます。

 

ルール1~3補足

まずはルール1。分子には基数詞、分母には序数詞を使います。

基数詞ってのはいわゆる「フツーの数え方」、序数詞ってのはfirst, second, third, fourth…といった「特殊な数え方」です。基数詞の1については、oneとaのどちらも使えます。

 

なお、1/2はa half, one-halfといいます。「1の半分」ってことですね。

 

 

次にルール2。分子が2以上になったら、分母には複数形のsを付けます。

 

 

最後にルール3。分子と分母は、基本的にハイフンでつなぎます。ハイフンなしの表記も結構ありますが、一応ハイフンアリの方がキチンとした表現です。唯一の例外は分子にaが使われたとき。この場合、ハイフンは付けません。

 

 

いくつか例を挙げてみます。

1/2:one-half, a half

1/3:one-third, a third

2/3:two-thirds

1/5:one-fifth, a fifth

3/5:third-fifths

 

ルール4~5補足

ルール4。帯分数は”〇 X/Y”は、〇部分とX/Y部分をandでつなぐだけです。

その他のルールは何も変わりません。

 

 

最後にルール5。数字が大きい分数は、分子/分母のどちらも基数詞(フツーの数)を使い、分子と分母の間にoverかuponを使います。たしかに表記上は分子が分母の上に乗っているように見えますもんね。

 

 

それぞれの例はコチラ。

1 1/3(1と三分の一):one and one-third

1 2/3(1と三分の二):one and two-thirds

358/733: 358 over 733, 358 upon 733 *

* 358はthree hundred and fifty-eight, 733はseven hundred and thirty-threeと読みます

 

なお、分数表現からは少し外れますが、「1.5倍」は英語で”one and a half times”と表現します。timesが複数形になっている点がポイントです。

 

おわりに

いかがでしたか? 頭で理解したら、あとは何度も口で読んでくださいね。

 

語学は運動みたいなものなので、口を動かすのが一番。ぜひ、自然と口に出るレベルまで繰り返してください。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 分数倍でもtimesは省略します。(参考記事:分数表現まとめ) […]