【比較as~as】一つ目と二つ目のasで意味が違うって知ってた?【同じくらい~】

形容詞・副詞

 

こんにちは、講師のNです。今回取り上げるのはas~as「同じくらい~」という表現。比較の基礎ですね。

 

なんとなくわかる…かも

 

 

なんとなく丸暗記しがちな表現ですが、実はよくよく考えると奥が深いんです。

 

表現の成り立ちを理解すれば、単純な暗記から解放され、勉強がもっとグッと楽になるハズです!

 

A as~as Bで「AとBは同じくらい~」

まずは基本の訳から確認していきましょう。イメージは、AとBをイコールでつなぐカンジです。

 

as~asの基本
  • A as~as Bで「AとBは同じくらい~だ」と訳す
  • 「~」の頭(一つ目のasの直後)には、形容詞/副詞の原級がくる
  • 否定形の場合、一つ目のasはsoに置き換え可能

 

 

例文で見てみましょう。

Homework is as important as club activities.

(宿題は、クラブ活動と同じくらい重要だ)

 

A:Homework宿題とB:club activities(クラブ活動)がイコールで結ばれていますね。as~asに挟まれているのはimportant(重要な)という形容詞です。

 

そのため、「宿題はクラブ活動と同じくらい重要」という訳になっています。

 

 

もう一つ例文を見てみましょう。

She cannot run as fast as he.

= She cannot run so fast as he.

(彼女は、彼と同じくらい速く走ることが出来る)

 

間に挟まれているのがfast(速く)という意味の副詞であること、

否定文なのでsoも使用可能なこと、の二点を確認してください。

 

なお、heのあとにはhe can runという表現が省略されています。(同じ表現を繰り返すのはくどいので省略されています)

 

as 形容詞 a 名詞 as

as~asに名詞が挟まれるパターンです。

A as 形容詞+a+名詞 as Bで「AとBは、同じくらい形容詞+a+名詞だ」という訳になります。

 

例文はコチラ。否定形なので、一つ目のasはsoへ置き換え可能です。

He is not as good a doctor as she.

= He is not so good a doctor as she.

(彼は、彼女と同じくらい良い医者ではない)

 

なんかヘンな語順…

 

 

なぜこんなことになっているか? as~asの二番目のルールを思い出してください。

 

as~asの基本
  • A as~as Bで「AとBは同じくらい~だ」と訳す
  • 「~」の頭(一つ目のasの直後)には、形容詞/副詞の原級がくる
  • 否定形の場合、一つ目のasはsoに置き換え可能

 

一つ目のasの直後には、形容詞か副詞しかくることが出来ないんです。冠詞であるaや、名詞であるdoctorがきてはいけないんですね。

 

だから無理やりgoodを前に持ってきて、as good a doctorとしたわけです。こうすれば、asの直後は形容詞goodになり、as~asのルールを守ることが出来ます。

 

一つ目のasと二つ目のasは違う!

鋭い方は、こんな疑問を持ったかもしれません。

 

一つ目のasの直後が、名詞NGなのはなぜ?

二つ目のasの直後は、she(彼女)という名詞がきてるのに…

 

それは、一つ目と二つ目のasで品詞が違うからです。一つ目のasは副詞、二つ目のasは接続詞なんですね。

 

原則として、副詞は名詞を修飾することが出来ません。副詞が修飾するのは形容詞や副詞(あるいは文全体)のみです。そのため、一つ目のasの直後は形容詞/副詞しか来ることが出来ないのです。

 

一方の接続詞は、たとえば接続詞andを考えればわかりますが、直後に名詞がきてもOKですね。そのため、二つ目のasの直後は名詞がきても問題ないのです。

 

こうして考えると、副詞so(それほど)が一つ目のasと置き換え可能なのも納得ですね。

 

どちらも品詞が同じ副詞だから

置き換え出来るんだね!

asのコアイメージは「イコール」

もう一つ押さえてほしいのが、asのコアイメージは「イコール」ということです。「同じくらい」という訳からもわかる通り、asには「イコール」の意味合いがあるのです。

 

品詞の違いと、「イコール」というasのコアイメージを意識しつつ、例文を見てみましょう。

He is as good a teacher as she (is a good teacher).

(彼は、彼女と同じくらい良い先生だ)

 

一つ目の副詞asは形容詞goodを修飾し、「同じくらい良い」という訳になりますね。その後のa teacherという名詞とセットで訳すと、「同じくらい良い先生」です。

 

二つ目の接続詞asはshe~を導きつつ、「同じくらい~」という意味合いも出しています。「イコール」の意味を持つので。直訳すると、「彼女が良い先生であるのと同じくらい」です。

 

一つ目/二つ目のasのカタマリを意識しつつ直訳すると、「彼は同じくらい良い先生だ。彼女が良い先生であるのと同じくらい」となりますね。

 

<参考記事>接続詞asをコアイメージから理解する

 

まとめ

今回のポイントをまとめましょう。

 

as~asの基本まとめ
  • A as~as Bで「AとBは同じくらい~だ」と訳す
  • 「~」の頭(一つ目のasの直後)には、形容詞/副詞の原級がくる。as 形容詞/副詞+a+名詞 asという語順に注意!
  • 否定形の場合、一つ目のasはsoに置き換え可能
  • 一つ目のasは副詞、二つ目のasは接続詞
  • asのコアイメージはイコール

 

丸暗記していた表現ですが、こうして理詰めで考えると、ストンと腑に落ちますね。もうas~asで迷うことはないハズです。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
形容詞・副詞 接続詞 比較 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] <参考記事>as~asの基本:一つ目と二つ目のasは意味が違うって知ってた? […]

  2. […] <参考記事>比較のas~as!一つ目と二つ目のasで意味が違うって知ってた? […]