【決定版】「have the 抽象名詞 to V」のまとめ【同格の不定詞】

名詞

 

今回は「have the 抽象名詞 to V」という表現をまとめてみました。ややカタい表現ではありますが、頭に入れておいて損はないです。

 

なぜtheが付くのか? to Vはどのような役割を果たしているのか?

 

サクッとまとめてみました!

 

「have the 抽象名詞 to V」のまとめ

「have the 抽象名詞 to V」のまとめは下記の通りです。

 

ポイント
  • have the boldness to V: 厚かましくもVする(=be bold enough to V)
  • have the courage to V: 勇敢にもVする(=be brave enough to V)
  • have the fortune to V: 幸運にもVする(=be lucky enough to V)
  • have the misfortune to V: 不運にもVする(=be unlucky enough to V)
  • have the nerve to V: 厚かましくもVする(=be imprudent enough to V)
  • have the kindness to V: 親切にもVする(=be kind enough to V)

 

 

to Vは同格の不定詞として使用されています。「Vするという~」と訳せるのですね。たとえばhave the kindness to Vは、「Vするという親切さを持っている」が直訳です。

 

また、theが付いているのは、後ろのto Vが名詞を限定しているためです。「Vするという名詞」のように、後ろから説明されることで、名詞が一つに絞られます。文脈上名詞が絞られるとき(=みんなが指させるとき)、名詞にはtheが付きやすいのですね。

 

 

こちらが例文です。have the kindness to Vを例にとっています。「be kind enough to V: Vするのに十分なくらい親切」で書き換えることが出来ます。

He had the kindness to help me at that time.

= He was kind enough to help me at that time.

(彼はあの時、親切にもわたしを助けてくれた)

 

 

数が限られているのでまとめて押さえてしまいましょうね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント