【決定版】「have the 抽象名詞 to V」のまとめ【同格の不定詞】

名詞

 

今回は「have the 抽象名詞 to V」という表現をまとめてみました。ややカタい表現ではありますが、頭に入れておいて損はないです。

 

なぜtheが付くのか? to Vはどのような役割を果たしているのか?

 

サクッとまとめてみました!

 

「have the 抽象名詞 to V」のまとめ

「have the 抽象名詞 to V」のまとめは下記の通りです。

 

ポイント
  • have the boldness to V: 厚かましくもVする(=be bold enough to V)
  • have the courage to V: 勇敢にもVする(=be brave enough to V)
  • have the fortune to V: 幸運にもVする(=be lucky enough to V)
  • have the misfortune to V: 不運にもVする(=be unlucky enough to V)
  • have the nerve to V: 厚かましくもVする(=be imprudent enough to V)
  • have the kindness to V: 親切にもVする(=be kind enough to V)

 

 

to Vは同格の不定詞として使用されています。「Vするという~」と訳せるのですね。たとえばhave the kindness to Vは、「Vするという親切さを持っている」が直訳です。

 

また、theが付いているのは、後ろのto Vが名詞を限定しているためです。「Vするという名詞」のように、後ろから説明されることで、名詞が一つに絞られます。文脈上名詞が絞られるとき(=みんなが指させるとき)、名詞にはtheが付きやすいのですね。

 

 

こちらが例文です。have the kindness to Vを例にとっています。「be kind enough to V: Vするのに十分なくらい親切」で書き換えることが出来ます。

He had the kindness to help me at that time.

= He was kind enough to help me at that time.

(彼はあの時、親切にもわたしを助けてくれた)

 

 

数が限られているのでまとめて押さえてしまいましょうね。それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
名詞 準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント