【完全版】動名詞Vingを使った熟語/定型表現まとめ【全32選】

準動詞

 

今回はVing(動名詞)を使った成句表現/熟語表現についてまとめてみたいと思います。

 

前置詞 + Ving、to + Ving、There is no Ving等の定型表現…

 

たくさんありますが、わかりやすくまとめてみました。一緒にサクッと見ていきましょう!

 

Ving(動名詞)を使った成句表現まとめ

Ving(動名詞)を使った成句表現まとめです。

 

ざっくりパターン別にまとめてみました。

 

ポイント
<前置詞+Ving>
  • How about Ving: Vするのはどうですか
  • by Ving: Vすることによって
  • in Ving: Vする際、Vする時
  • on Ving: Vするとすぐ
  • without Ving: Vせずに
  • worth Ving: Vする価値がある
  • be fond of Ving: Vするのが好きだ
  • be good at Ving: Vするのが上手だ
  • be afraid of Ving: Vするのを恐れている
  • be proud of Ving: Vするのを誇りに思っている
<to + Ving>
  • come close to Ving (=come near to Ving): あやうく~しそうになる
  • be used to Ving (=be accustomed to Ving): ~することに慣れている (=状態)
  • get used to Ving (get accustomed to Ving): ~することに慣れる (=動き)
  • devote O to Ving: ~することにOを捧げる、そそぐ
  • look forward to Ving: ~することを楽しみにする
  • object to Ving: ~することに反対する
  • take to Ving: ~することが習慣になる、~にふける
  • what do you say to Ving (=Let’s~): ~しましょう
  • when it comes to Ving: いざ~するというときになると
  • with a view to Ving: ~することを目的にして
  • in addition to Ving: ~することに加えて

 

<その他>
  • It goes without saying that SV-: SV-ということは言うまでもない
  • It is (of) no use Ving: Vしても無駄だ
  • There is no Ving: Vできない
  • feel like Ving: Vしたいような気がする
  • never V without Ving: Vすれば必ずVingする(VなしにVingしない)
  • Would you mind Ving?: Vして頂けませんか?
  • cannot help Ving: Vせざるを得ない
  • be busy (in) Ving: ~するのに忙しい
  • have difficulty/trouble (in) Ving: ~するのが困難だ
  • spend A (in) Ving: ~するのにAを費やす
  • there is no point/sense/use (in) Ving: ~しても無駄だ

 

 

例文&解説付きで見ていきましょう!

 

前置詞+Ving

前置詞+Vingのパターンです。

 

前置詞の後ろは名詞/代名詞/動名詞Vingなどが来るというルールがあります。

 

つまり、前置詞の後ろに動詞Vを置こうと思ったら、Vingに変化させてやる必要があるのですね。そのパターンのうち、頻出のモノをまとめてみました。

 

 

「How about Ving?: Vしませんか?」です。相手に誘いかける表現で、Let’sやShall weと書き換えが可能です。

How about playing tennis with me this afternoon?

Let’s play tennis with me this afternoon.

Shall we play tennis with me this afternoon?

(今日の午後わたしとテニスをしませんか?)

 

「by Ving: Vすることによって」です。byには、「by car: 車によって」等からもわかる通り、手段の意味があるのですね。

You can see the information by clicking here.

(ここをクリックすることによって、その情報を見ることが出来ます)

 

「in Ving: Vする際は」です。「ある行為の中にいる⇒その行為をしている」というイメージですね。whenやwhileを使った書き換えも可能です。

Be careful in crossing the street.

Be careful when you cross the street.

Be careful while you are crossing the street.

(道路を渡るときは気を付けなさい)

 

「on Ving: Vするとすぐ」です。二つの出来事が時間的に接触している(onのイメージ)ので、「すぐに」という訳になります。as soon asで書き換えが可能です。

On arriving at the station, she bought a ticket.

(駅に着くとすぐ、彼女はチケットを買った)

 

「without Ving: Vせずに」です。

She went to bed without brushing her teeth.

(彼女は歯を磨かずに寝た)

 

「worth Ving: Vする価値がある」です。一見前置詞っぽくないので、注意が必要な表現です。

The museum is worth visiting.

(その博物館は訪れる価値がある)

 

 

 

ここからはbe動詞とセットになった「前置詞+Ving」の表現です。

 

「be fond of Ving: Vするのが好きだ」です。likeやloveを使って書き換えが可能ですね。

He is fond of playing tennis.

He likes playing tennis.

He loves playing tennis.

(彼はテニスをするのが好きだ)

 

「be good at Ving: Vするのが上手だ」です。canなどを使って書き換えてもOKです。

He is good at playing tennis.

He can play tennis well.

(彼はテニスをするのがうまい)

 

「be afraid of Ving: Vするのを恐れている」です。

He is afraid of going outdoors.

(彼は外へ出るのを恐れている)

※be afraid that SV-だと「SV-するのではと不安に思っている」なので、少し意味が変わります

 

「be proud of Ving: Vするのを誇りに思っている」です。be proud that SV-への書き換えも出来ます。

He is proud of being a police officer.

He is proud that he is a police officer.

(彼は警察官であることを誇りに思っている)

 

なお、それぞれの前置詞のイメージをさらに深堀りした記事はコチラです。前置詞のイメージがわかると、一気に英語が楽しくなりますよ。

【本質から理解!】前置詞atのイメージとは

【本質から理解!】前置詞onのイメージとは

【本質から理解!】前置詞ofのイメージとは

【本質から理解!】前置詞inのイメージとは

【本質から理解!】前置詞toのイメージとは

 

to + Ving

to + Vingのパターンです。

 

このtoは前置詞なので、後ろに動名詞Vingが来ています。不定詞のto Vと混同しやすいので注意です。

 

数はそれほど多くないので、to Vingの形をザっと押さえてしまうのが良いです。

 

 

例文は下記の通りです。

 

「come close to Ving (=come near to Ving): あやうく~しそうになる」です。Vするという行為に近づくイメージです。

We came close to missing our train. (我々はあやうく電車を逃すところだった)

 

「be used to Ving (=be accustomed to Ving): ~することに慣れている (=状態)」です。be動詞が使われているので、「状態」の意味になります。

I am used to driving. (私は車の運転に慣れている)

 

「get used to Ving (get accustomed to Ving): ~することに慣れる (=動き)」です。getが使われているので、「慣れる」という状態へ移り変わる「動き」を意味します。be動詞との違いに注目です。

I will get used to driving soon. (私はすぐに車の運転に慣れるでしょう)

 

「devote O to Ving: ~することにOを捧げる、そそぐ」です。

She devotes her days to reading. (彼女は毎日を読書に充てている)

I will devote myself to studying English. (私は英語の勉強に専念するつもりだ)

 

「look forward to Ving: ~することを楽しみにする」です。

I look forward to seeing you. (私はあなたにお会いするのを楽しみにしています)

 

「object to Ving: ~することに反対する」です。oppose/be opposed to Vingで書き換えが可能です。前置詞があったりなかったりややこしいので要注意です。

He objects to starting the plan.

He opposes starting the plan.

He is opposed to starting the plan.

(彼はその計画を始めることに反対している)

 

「take to Ving: ~することが習慣になる、~にふける」です。

He takes to drinking. (彼は酒にふけっている)

 

「what do you say to Ving (=Let’s~): ~しましょう」です。

What do you say to eating out tonight? (今夜外食しましょう)

 

「when it comes to Ving: いざ~するというときになると」です。

When it comes to spending money, he is conservative.

(いざお金を使うというときになると、彼は慎重だ)

 

「with a view to Ving: ~することを目的にして」です。

He runs every day with a view to losing weight.

(彼はやせることを目的に毎日走っている)

 

「in addition to Ving: ~することに加えて」です。

In addition to being a wife, she is a mother and doctor.

(妻であることに加え、彼女は母、そして医者でもある)

 

その他

その他動名詞Vingが使われているパターンです。

 

「It goes without saying that SV-: SV-ということは言うまでもない」です。言わずとも何かが進んでいくイメージですね。

It goes without saying that Tom is to blame.

(トムが責められるべきなのは言うまでもない)

※be to blameという表現に違和感を覚えた方はコチラの記事をご覧くださいね。

【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由

 

 

「It is (of) no use Ving: Vしても無駄だ」です。

It is no use talking with her.

It is of no use talking with her.

(彼女と話しても無駄だ)

 

「There is no Ving: Vできない」です。ある行為がないので出来ない、というイメージですね。

There is no knowing who is the criminal of the case.

(誰がその事件の犯人なのかわからない =知ることは出来ない)

 

「feel like Ving: Vしたいような気がする」です。likeは前置詞なので、後ろが動名詞Vingになっています。

I feel like going there alone.

(わたしはそこへ一人で行きたいような気がする)

 

「never V without Ving: Vすれば必ずVingする」です。VなしにVingしないという直訳を参考に考えるとわかりやすいと思います。

He never sees her without quarreling.

(彼が彼女に会うと必ず喧嘩をする)

 

「Would you mind Ving?: Vして頂けませんか?」です。mindには「気にする」という意味があります。「あなたはVすることを気にしますか?」というのが直訳ですね。

Would you mind giving me the latest information on Covid-19?

(コロナに関する最新の情報をわたしに教えて頂けませんか?)

 

「cannot help Ving: Vせざるを得ない」です。これはcannot help but V/cannot but Vでも言い換え可能です。

I cannot help laughing.

I cannot help but laugh.

I cannot but laugh.

(わたしは笑わずにはいられない)

 

 

 

ここからは前置詞inとセットの表現です。ここでのinは省略可能です。

 

「be busy (in) Ving: ~するのに忙しい」です。

He is busy (in) studying English.

(彼は英語を勉強するのに忙しい)

 

「have difficulty/trouble (in) Ving: ~するのが困難だ」です。

He had difficulty (in) preparing the presentation.

(彼はプレゼンテーションの準備をするのに苦労した =困難だった)

 

「spend A (in) Ving: ~するのにAを費やす」です。

He spent most of his childhood (in) studying English.

(彼は子供時代の大半を英語の勉強に費やした)

 

「there is no point/sense/use (in) Ving: ~しても無駄だ」です。

There is no point (in) talking with him.

There is no sense (in) talking with him.

There is no use (in) talking with him.

(彼と話しても無駄だ)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後に改めてまとめを載せておきます。

 

ポイント
<前置詞+Ving>
  • How about Ving: Vするのはどうですか
  • by Ving: Vすることによって
  • in Ving: Vする際、Vする時
  • on Ving: Vするとすぐ
  • without Ving: Vせずに
  • worth Ving: Vする価値がある
  • be fond of Ving: Vするのが好きだ
  • be good at Ving: Vするのが上手だ
  • be afraid of Ving: Vするのを恐れている
  • be proud of Ving: Vするのを誇りに思っている
<to + Ving>
  • come close to Ving (=come near to Ving): あやうく~しそうになる
  • be used to Ving (=be accustomed to Ving): ~することに慣れている (=状態)
  • get used to Ving (get accustomed to Ving): ~することに慣れる (=動き)
  • devote O to Ving: ~することにOを捧げる、そそぐ
  • look forward to Ving: ~することを楽しみにする
  • object to Ving: ~することに反対する
  • take to Ving: ~することが習慣になる、~にふける
  • what do you say to Ving (=Let’s~): ~しましょう
  • when it comes to Ving: いざ~するというときになると
  • with a view to Ving: ~することを目的にして
  • in addition to Ving: ~することに加えて

 

<その他>
  • It goes without saying that SV-: SV-ということは言うまでもない
  • It is (of) no use Ving: Vしても無駄だ
  • There is no Ving: Vできない
  • feel like Ving: Vしたいような気がする
  • never V without Ving: Vすれば必ずVingする(VなしにVingしない)
  • Would you mind Ving?: Vして頂けませんか?
  • cannot help Ving: Vせざるを得ないbe busy in Ving: ~するのに忙しい
  • be busy (in) Ving: ~するのに忙しい
  • have difficulty/trouble (in) Ving: ~するのが困難だ
  • spend A (in) Ving: ~するのにAを費やす
  • there is no point/sense/use (in) Ving: ~しても無駄だ

 

 

動名詞Vingの表現は数がある程度限られているので、まずはこのページの表現を押さえれば99%大丈夫です。忘れかけたころに、ちょくちょく再確認してみてくださいね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
準動詞 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント