【意外と知らない】apart fromの意味・使い方まとめ【離れて/除いて/加えて】

前置詞

 

今回はapart fromの意味・使い方についてまとめてみました。

 

「離れて/除いて/加えて」と一見異なる意味を持ちますが、

意味のコアを理解出来れば一気に暗記できますよ!

 

今回サクッと確認してみましょう!

 

apart fromの意味・使い方まとめ

まずは、apart fromの意味・使い方をまとめてみましょう。

 

apart from~の意味まとめ
  • ~と離れて
  • ~はさておき、~を除けば
  • ~に加えて、~だけでなく

 

 

apartが「離れる」

fromも「離れる」イメージを持っています(「~から」という和訳からもわかりますね)。

 

 

そのため、上の二つの

  • ~と離れて
  • ~はさておき、~を除けば

は比較的理解しやすいと思います。

 

 

一方、最後の

  • ~に加えて、~だけでなく

は少し説明が必要です。

 

 

例えば、ずっとAについて話をしていたとしましょう。

 

そして、そのAという話を離れて、そこにBという話を付け加えることがあると思います。ある物事について、Aという側面を離れ、Bという側面から考え直すようなイメージです。

 

 

したがって、

  • ~に加えて、~だけでなく

という和訳も「~から離れて」という他の和訳と比べ一見異質ですが、コアにあるイメージは実は同じなのです。

 

 

同じような発想で、一見紛らわしいbesideやbesidesも攻略可能です。下記の記事にまとめてありますので、興味があればぜひお読みください。

【驚きの前置詞】besideが様々な意味を持つ理由とは?

【前置詞】besidesが「加えて」「除いて」と真逆の意味を持つ理由

 

apart fromの例文

apart fromの例文です。

 

 

「~と離れて」です。

Tom has never been part from his father.

(トムはこれまで一度も父親と離れたことがない)

 

 

「~はさておき、~を除けば」です。

Apart from one mistake, Tom was perfect.

(一つのミスを除き、トムは完璧だった)

 

 

「~に加えて、~だけでなく」です。

Apart from your ability, you need patience.

(能力に加えて、君は我慢強さが必要だ)

 

 

apart fromのコアイメージを理解したうえで、文脈に応じて和訳を変えていけばOKです。

 

表現に慣れるためにも、各例文を何度か音読してみてください。

 

 

なお、下記の表現も同じような発想で攻略できるので、ぜひあわせてお読みくださいね。

【驚きの前置詞】besideが様々な意味を持つ理由とは?

【前置詞】besidesが「加えて」「除いて」と真逆の意味を持つ理由

 

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞基本単語基本表現・語源英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント