【意外と知らない】apart fromの意味・使い方まとめ【離れて/除いて/加えて】

前置詞

 

今回はapart fromの意味・使い方についてまとめてみました。

 

「離れて/除いて/加えて」と一見異なる意味を持ちますが、

意味のコアを理解出来れば一気に暗記できますよ!

 

今回サクッと確認してみましょう!

 

apart fromの意味・使い方まとめ

まずは、apart fromの意味・使い方をまとめてみましょう。

 

apart from~の意味まとめ
  • ~と離れて
  • ~はさておき、~を除けば
  • ~に加えて、~だけでなく

 

 

apartが「離れる」

fromも「離れる」イメージを持っています(「~から」という和訳からもわかりますね)。

 

 

そのため、上の二つの

  • ~と離れて
  • ~はさておき、~を除けば

は比較的理解しやすいと思います。

 

 

一方、最後の

  • ~に加えて、~だけでなく

は少し説明が必要です。

 

 

例えば、ずっとAについて話をしていたとしましょう。

 

そして、そのAという話を離れて、そこにBという話を付け加えることがあると思います。ある物事について、Aという側面を離れ、Bという側面から考え直すようなイメージです。

 

 

したがって、

  • ~に加えて、~だけでなく

という和訳も「~から離れて」という他の和訳と比べ一見異質ですが、コアにあるイメージは実は同じなのです。

 

 

同じような発想で、一見紛らわしいbesideやbesidesも攻略可能です。下記の記事にまとめてありますので、興味があればぜひお読みください。

【驚きの前置詞】besideが様々な意味を持つ理由とは?

【前置詞】besidesが「加えて」「除いて」と真逆の意味を持つ理由

 

apart fromの例文

apart fromの例文です。

 

 

「~と離れて」です。

Tom has never been part from his father.

(トムはこれまで一度も父親と離れたことがない)

 

 

「~はさておき、~を除けば」です。

Apart from one mistake, Tom was perfect.

(一つのミスを除き、トムは完璧だった)

 

 

「~に加えて、~だけでなく」です。

Apart from your ability, you need patience.

(能力に加えて、君は我慢強さが必要だ)

 

 

apart fromのコアイメージを理解したうえで、文脈に応じて和訳を変えていけばOKです。

 

表現に慣れるためにも、各例文を何度か音読してみてください。

 

 

なお、下記の表現も同じような発想で攻略できるので、ぜひあわせてお読みくださいね。

【驚きの前置詞】besideが様々な意味を持つ理由とは?

【前置詞】besidesが「加えて」「除いて」と真逆の意味を持つ理由

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント