【サクッと理解】再帰代名詞oneselfを使う場合とは【強調・目的語】

基本単語

 

今回は再帰代名詞oneselfを使う場合についてまとめてみたいと思います。

 

再帰代名詞oneselfってなに?

 

 

 

〇〇selfのことですね。

 

myselfなら「わたし自身」、yourselfなら「あなた自身」…などのように訳します。

 

 

・再帰代名詞oneselfの一覧表

単数複数
1人称myselfourselves
2人称yourselfyourselves
3人称himself, herself, itselfthemselves

 

 

わかっているようで意外とわかっていない再帰代名詞oneselfの使用パターンを、

サクッと確認していきましょう!

 

使用するのは「強調するとき」「主語=目的語のとき」

再帰代名詞oneselfを使用するのは、ざっくり次の2パターンです。

 

再帰代名詞oneselfを使うパターン
  1. 強調するとき
  2. 主語=目的語のとき

 

 

いまいちピンとこない…

 

 

1つずつ丁寧に見ていきましょう!

 

強調するとき

強調するときから見ていきましょう。

 

 

ポイントは次の通りです。

  • 主語、目的語、補語などと同格に用いて、その意味を強める
  • 強調したい単語の直後に置くのが原則
  • ただし、強調したい語が主語の場合、位置は比較的自由

 

 

具体的には、次の例文を見ていきましょう。

 

 

まずは主語の”I”を強調しているパターンです。

主語を強調しているので、myselfは様々な位置に来ています。

I myself wouldn’t do such a thing.

= I wouldn’t do such a thing myself.

= Myself, I wouldn’t do such a thing.

(わたしならそんなことはしないでしょう)

 

 

次は目的語を強調しているパターンです。

“John”を強調していますね。

I spoke to John himself.

(わたしはジョン自身と話をした)

 

 

最後は補語を強調しているパターンです。

“kindness (親切さ)”を強調していますね。

She is kindness itself.

(彼女は親切そのものだ)

 

主語=目的語のとき

主語=目的語のときを見ていきましょう。

 

 

ポイントは下記の通りです。

  • 主語=目的語となるとき、目的語部分に再帰代名詞が使用される。
  • わざわざoneselfを使うのは、SVO構文ではS≠Oになるという原則があるため。
  • 「oneselfなら例外的に良いだろう」ということで、oneselfを使用するようになった(らしい)

 

 

例文で見ていきましょう。

 

“The boy = himself”になっていますね。

主語と目的語が一致しているので、himではなくhimselfが使用されているのがポイントです。

The boy shot himself.

(その少年は自分自身を撃った)

 

 

 

もう一つ、別の例文も見ていきましょう。

 

前置詞の後ろにくる単語は、「前置詞の目的語」と呼ばれています。

つまり、himselfが前置詞の目的語というわけですね。

 

主語が”The boy”、前置詞の目的語が”himself”なので、“The boy = himself”にとなっている点に注目です。

 

The boy looked at himself in the mirror.

(その少年は鏡で自分自身を見た)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

盲点になりがちな再帰代名詞oneselfですが、もうこれでバッチリ使いこなせますね!

 

 

なお、「再帰代名詞+他動詞のパターン」「前置詞+再帰代名詞のパターン」も下記にまとめてみました。興味のある方はぜひお読みくださいね!

 

参考①:【サクッと理解】他動詞+再帰代名詞で自動詞的になるパターンまとめ

参考②:【サクッと理解】「前置詞+再帰代名詞」表現まとめ

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
基本単語 英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【サクッと理解】再帰代名詞oneselfを使う場合とは […]

  2. […] 参考:【サクッと理解】再帰代名詞oneselfを使う場合とは […]