【more and more】ますます~ を英語で言うと?【比較級 and 比較級】

比較

 

今回ご紹介するのは、比較級 and 比較級の表現です。

 

日本語にすると「ますます~」

 

どうやって使うの?

 

使い方は超カンタン!

 

3分で読めますので、ぜひ目を通してみてください。

 

比較級 and 比較級の基本

比較級 and 比較級で「ますます~」という意味になりますが、

比較級の部分には同じ単語を使うのが基本です。

 

たとえば、次のような感じで使います。

It is getting colder and colder these days.

(近頃、ますます寒くなっている)

 

 

colderという単語(coldの比較級)が二つ重ねて使われていますね。このことで、「ますます寒く~」という意味合いを表現しています。

 

名詞を修飾するパターン

比較級 and 比較級が名詞を修飾し、使用されることもあります。

 

例文はコチラ。

More and more Chinese visit Japan.

More and more Chinese are visiting Japan.

(ますます多くの中国人が日本を訪れている)

 

 

「ますます多くの→中国人」というように、more and moreがChineseを修飾していますね。moreはmanyの比較級です。

 

なお、比較級 and 比較級は進行形と結びつくことが多いです。「ますます~している」というように、事態が進行している感じを与えられるからですね。

 

ただ、用例を見る限り、必ずしも進行形になるわけではないので、文法的には通常の形でもOKです。

 

lessを使うパターン

これまではmore and more(あるいは-er and -er)のように、プラス方向への比較級を使用してきました。

 

ただ、lessを使い、マイナス方向への表現をすることも可能です。less and lessで「ますます~ない」という意味になります。否定的な意味合いになるんですね。

 

例文はコチラ。

Less and less young people are reading books.

(若者がますます本を読まなくなっている

= 直訳:ますます少ない若者が本を読んでいる)

 

直訳すると「ますます少ない若者が~する」ですね。

「ますます少ない」ということは、「ますます~しない」ということですので、例文のような和訳になっています。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

比較級の熟語って覚えにくいものが多いのですが、今回は比較的頭に入りやすいのではないでしょうか?

 

less and lessなどは、案外抜けている方も多いと思うので、これを機会に押さえてくださいね。

 

それではまた!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
比較英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] ・【more and more】ますます~ を英語で言うと?【比較級 and 比較級】 […]

  2. […] 【比較級 and 比較級】「ますます~」を英語で言うと? […]