【サクッと理解】「前置詞+再帰代名詞oneself」表現まとめ

前置詞

 

今回は前置詞と再帰代名詞oneselfをセットで使う定型表現をまとめてみたいと思います。

 

「前置詞+再帰代名詞」なので、全て形容詞か副詞として働いていることにも注目です。

 

 

 

※「再帰代名詞ってなに?」という方は、ぜひ下記の記事をお読みくださいね。

参考:【サクッと理解】再帰代名詞oneselfを使う場合とは

 

 

※こちらは「他動詞+再帰代名詞」のパターンまとめです。

参考:【サクッと理解】他動詞+再帰代名詞で自動詞的になるパターンまとめ

 

前置詞と再帰代名詞oneselfをセットで使う表現

前置詞と再帰代名詞oneselfをセットで使う定型表現は、下記の通りです。

 

 

前置詞と再帰代名詞oneselfの表現
  • by oneself:
  • ①一人で (≒alone/ 自分でやるということは、ひとりぼっちでやるということ)
  • The old man lives by himself. (その年老いた男は一人で住んでいる。byは省略可)

 

  • ②独力で (≒for oneself/ 自分でやるということは、自分自身の力でやるということ)
  • I did the whole of the work by myself. (わたしはその仕事全体を自分自身でやった)

 

  • for oneself:
  • ①自分のために (≒forを「~のために」とそのまま解釈)
  • I did the whole of the work for myself. (わたしはその仕事全体を自分自身のためにやった)

 

  • ②独力で (≒by oneself/ 自分自身のために一人でやる)
  • You have to find a solution to the problem for yourself. (君はその問題の解決法をあなた自身で見つけねばならない)

 

 

  • beside oneself:
  • 我を忘れて (≒自分を横に置いてしまう)
  • He was beside himself with joy. (彼は喜びで我を忘れた)

 

 

  • between ourselves:
  • ここだけの話だが (複数人いるので複数形)
  • Just between ourselves, he committed the crime. (ここだけの話だが、彼は犯罪を犯した)

 

 

  • in itself:
  • それ自体
  • Making money is not an end in itself. (お金稼ぎそれ自体が目的ではない)

 

 

  • in spite of oneself:
  • おもわず(≒自分自身にもかかわらず)
  • I laughed in spite of myself. (わたしはおもわず笑った)

 

 

初見だとなかなかうまく訳しづらいので、しっかりチェックしておきましょうね!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
前置詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 参考:【サクッと理解】「前置詞+再帰代名詞」表現まとめ […]

  2. […] 参考②:【サクッと理解】「前置詞+再帰代名詞」表現まとめ […]