【サクッと理解】whenと現在完了形が一緒に使われる場合とは?

英文法

 

今回は、whenと現在完了形が一緒に使われる場合についてお話をしたいと思います。

 

whenは過去を点で示す表現なので、原則として、現在完了形と使ってはいけないのですね。

 

 

【参考記事】現在完了と併用不可の表現とは?

 

 

ただ、何事にも例外はあるものです。

今回はその例外をご紹介します。

 

これまでの経験を訊ねる文脈ではOK

whenと現在完了を併用しても良いのは、これまでの経験を訊ねる文脈です。

 

過去を単純に点で捉えているわけではないので、併用OK というわけですね。

 

 

※「なぜ現在完了が過去を点で表す表現と併用不可なのか?」は下記の記事をお読みください!

 

【参考記事】現在完了と併用不可の表現とは?

 

 

例文はコチラです。

When have you been to Tokyo?

(あなたはいつ東京へ行ったことがありますか?)

 

When has she ever done it?

(いつ彼女がそれをしたって言うんだい? (=したことないだろ!))

 

 

 

試験にはあまり出ない気がしますが、読書をしているとたまに見かける表現です。

これを機会に頭の片隅に置いておいてくださいね!

 

まとめ

いかがでしたか? 実際の文章では少なからず目にする表現ですので、これを機会にマスターできると良いですね。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂


コメント