【in which to do】前置詞+関係代名詞+to Vとは?

準動詞

こんにちは、今回紹介するのは前置詞+関係代名詞+to V(不定詞)です。

 

関係代名詞の一種で、少し特殊な形をしています。あまり使われない形ではありますが、初見で訳すのは難しいので、これを機会にしっかりマスターしてくださいね。

 

前置詞+関係代名詞+to Vの仕組み

前置詞+関係代名詞+to Vは、「Vすべき関係代名詞/Vするための関係代名詞」という訳が基本になります。例文で見てみましょう。

 

We need something for which to live.

(我々は、何か生きる目的が必要である

= 我々は、そのために生きるべき何かが必要である)

 

むりやり直訳すると、「我々は、そのために生きるべき何かが必要である」くらいの訳になります。先行詞somethingを、for which to liveが後ろから修飾しているんですね。

 

もう少し詳しく見るために、今回の例文を2つに分解してみましょう。関係代名詞が使われている文は、2つに分解すると構造を理解しやすいです。

 

We need something for which to live.

  1. We need something (我々は何かが必要だ)
  2. to live for something (何かのために生きるべき)

 

We need somethingという文が土台にあって、先行詞somethingをto live for somethingというカタマリが修飾している、という構造です。

 

普通の関係代名詞との違い

いわゆる「普通」の関係代名詞との違いも一応見ておきましょう。次の例文と、2つに分解したものを見てください。

 

This is the book which Bob gave me.

  • This is the book. (これは本です)
  • Bob gave me the book. (ボブはわたしに本をくれた)

 

This is the bookという文が土台にあって、先行詞the bookをBob gave me the bookというカタマリが修飾している、という構造です。

 

今回紹介した「前置詞+関係代名詞+to V型」と似ているんですが、唯一違うのが、普通の関係代名詞では、2つめの文も完全な文を前提にしているんです。Bob gave me the bookって、完全な文ですもんね。

 

一方、先ほど紹介した「前置詞+関係代名詞+to V型」では、2つめの方が完全な文を前提としていないんですね。

We need something for which to live.

  1. We need something (我々は何かが必要だ)
  2. to live for something (何かのために生きるべき)

 

ただ形こそ違えど、普通の関係代名詞でも「前置詞+関係代名詞+to V型」でも、後ろの文が先行詞を修飾するという点は変わりません。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

慣れない形でしょうから、最後にもう一つくらい例文を紹介して終わりにしましょう。先行詞を意識しつつ、「Vすべき関係代名詞/Vするための関係代名詞」と訳してください。

 

This is a box in which to keep stationery. (これは、文房具を保管するための箱だ)

  1. This is a box (これは箱だ)
  2. to keep stationery in the box (その箱の中に文房具を保管するため)

 

それではまた!


コメント