【3分でわかる】at midnight/late at night/in the middle of the nightの違い【「夜遅く」を英語で言うと?】

基本単語

 

今回は「夜遅く」という英語表現の使い分けについてまとめてみました。

 

at midnight/late at night/in the middle of the night

 

3分ほどで、意味・用法の違いがすっきり理解できるハズです!

 

at midnight/late at night/in the middle of the nightの違い

at midnight/late at night/in the middle of the nightの違いは下記の通りです。

 

at midnight/late at night/in the middle of the nightの違い

真夜中0時ちょうど

  • at midnight

 

夜遅く (時間に幅がある)

  • late at night
  • in the middle of the night

 

 

どうやって覚えたらいいの?

 

 

前置詞に着目すると理解が進みます。

 

 

atとinはそれぞれ下記のような違いを持ちます。

  • at:点のイメージ ⇒時間の幅に広がりがない
  • in:内部のイメージ ⇒時間の幅に広がりがある

 

※前置詞at/inについては、下記で詳しく紹介しています。

参考記事①:【本質から理解!】前置詞atのイメージとは

参考記事②:【本質から理解!】前置詞inのイメージとは

 

 

 

まずはat midnightから考えてみましょう。これは「真夜中0時ちょうど」を表す表現なので、atと結びついています。時計の針が0時00分をピンポイントで指し示すようなイメージですね。

 

 

 

次にlate at nightとin the middle of the nightです。どちらも「時間に幅のある夜遅く」を意味します。

 

どうして時間に幅があるのにlate at nightなの?

 

 

これはもともと、「夜に」という表現がat nightのように無冠詞で使われているからです。

 

夜に灯りが乏しかった昔の人にとって、夜というのは寝て覚めたら一瞬で終わるものだったのですね。だからatと結びついているのです。(ついでに言うと、一瞬で終わるものなので、輪郭をイメージすることも出来ないし、指差すことも出来ないのでaやtheがついておらず、無冠詞で使用されています)

 

ただ、そこへlate「遅くに」という表現が組み合わさることにより、「時間に幅のある夜遅く」を表現することが出来ているのです。

 

一方のin the middle of the nightはイメージ通りですね。時間に幅があるのでinが使われています。(幅があるモノは指差すことが出来るので、theが使用されています。皆が了解していて、指差せるものにはtheが付く傾向があるのです)

 

おわりに

いかがでしたか? ちょっとした表現も、単語を分解して考えると一気に理解が進みますね!

 

質問等あればコメント欄までお願いします。

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント