【超決定版】「方法」way/manner/method/meansの違い

名詞

 

今回は「方法」way/manner/method/meansの違いをまとめてみたいと思います。

 

意味の違いを記憶に残りやすいよう、どこよりもわかりやすい&詳しい説明を心がけてみました。

 

ほうほう

 

それでは、超決定版の「方法」の説明を見ていきましょう!

 

「方法」way/manner/method/meansの違い

まずはザクっと結論から見てみましょう。「方法」way/manner/method/meansの違いは下記の通りです。

 

ポイント
  • way: 「方法」を意味する最も一般的な語
  • manner: wayより固い。「習慣的な方法/態度や話し方の方法」に使われやすい
  • method: 「確立された方法」に使われやすい
  • means: 「何かを達成するための方法」に使われやすい(単数形はa means/複数形はmeans)

 

 

あまりピンとこない…

 

 

大丈夫、一つずつ詳しく見ていきましょう!

 

way

まずはwayから。「方法」の意味で最も広く使われる語です。基本的にはwayを使っておけば大丈夫です。

 

wayには「道」という意味があるので、「ある目的に至る道⇒方法」という意味になるのですね。

 

主に、way to Vやway of Vingで「Vする方法」という意味で使われます。(あとは関係副詞でつなぐこともあります)

 

way to Vやway of Vingは同じ意味なの?

 

 

 

正確には、下記のようなニュアンスの違いがあります。

  • way to V: Vする方法(未来志向/これからVする
  • way of Ving: すでにVしている方法(現在・過去志向/実際にわかっていることをVする

 

 

toは未来に矢印が伸びているイメージがあります。

 

“I went to China. (中国に行った)”という用法からもわかる通り、「to China: 中国に向かって矢印が伸びている」イメージがtoには伴いますよね。

 

矢印のイラスト「ゆるいカーブ」

 

 

このことから、way to V: Vする方法(未来志向/これからVするという意味を持つようになるのですね。

What is the best way to get there.

(そこへ行く最も良い方法は何でしょうか?)

※行く方法がわかっていない/これから方法を見つけるイメージに注目

 

 

 

一方、Vingは現在進行形でつかわれることからもわかる通り、「現在」の意味を持ちやすいです。さらに、同じことを何度も繰り返していたら後ろ向きなイメージにもつながるので、「過去」の意味を帯びることもあります。

 

このことから、way of Ving: すでにVしている方法(現在・過去志向/実際にわかっていることをVする)という意味を持つようになるのですね。

E-mail is a way of communicating.

(Eメールはコミュニケーションの方法だ)

※すでに確立されている方法、というイメージに注目

 

なお、Vingは「動名詞」ですので、代わりに「名詞」が来ることもできます。

 

manner

mannerはwayより固い語です。「習慣的な方法/態度や話し方の方法」に使われやすいです。

 

日本語でも「食事のマナー」と言うことがありますが、イメージ的にはそれに近いと思います。

 

「習慣的な方法⇒確立された方法」ということで、manner of Vingで使用されることが多いです。

He has a strange manner of speaking.

(彼は奇妙な話の方法がある=話し方が奇妙だ)

 

method

methodは 「確立された方法」に使われやすいです。

 

日本語でも「絶対英語を話せるようになる○○メソッド!」のようなアヤシイ表現がありますよね。

 

確立されているのでmethod of Vingで使われます。「~のための」の意味では、ofの代わりにforを使うこともあります。

She used an effective method of losing weight.

(彼女は減量する効果的な方法を使った)

 

This is the best method to do the job.

(これがその仕事をする最善の方法だ)

 

means

meansは「何かを達成するための方法」に使われやすいです。

 

「mean: 中間、平均」という語があるのですが、meansは「目的の中間にあるもの」というイメージがあるのですね。

 

なお、meansと語尾がsになっているのが紛らわしいですが、

  • 単数形:a means
  • 複数形:means

という使い方をします。

 

 

means of Vingのようにつないでいくことが多いです。

Language is a means of communication.

(言語はコミュニケーションの一つの手段だ)

 

Several means of transport are available.

(いくつかの交通方法 = 交通手段が利用可能だ)

 

 

なお、meansは他にも「財産、収入」の意味があったり、by means of, be all meansといった定型表現があります。クセ者の表現ですが、下記の記事を読めば一発でわかりますよ!

【イメージ/例文でわかる】meansの意味・用法まとめ

 

まとめ

いかがでしたか。改めて最初に紹介したまとめを見てみましょう。頭に残りやすくなっているハズです。

 

ポイント
  • way: 「方法」を意味する最も一般的な語
  • manner: wayより固い。「習慣的な方法/態度や話し方の方法」に使われやすい
  • method: 「確立された方法」に使われやすい
  • means: 「何かを達成するための方法」に使われやすい(単数形はa means/複数形はmeans)

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

英文法・語法 Vintage 3rd Editionは大学受験用の参考書ですが、単元別に重要表現が網羅的にまとめられているのでおススメです。語法もコンパクトにまとめられているので、手元にあると重宝します。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 


コメント