【意外と知らない】否定文でtoo/alsoが使えるパターンとは

倒置・否定・省略・強調

 

今回は否定文でtoo/alsoが使われるパターンを紹介してみたいと思います。

 

通常too/alsoは否定文では使われないのですが、一体どのように使われるのでしょうか? また、どのような意味になるのでしょうか?

 

超わかりやすく解説してみました!

否定文でtoo/alsoが使えるパターンまとめ

まずは、否定文でtoo/alsoが使えないパターン/使えるパターンをザクっとまとめてみましょう。

 

 

ポイント

<否定文でtoo/alsoが使えないパターン>

  • not too/alsoの語順のとき
  • その場合は、not eitherを使用する

 

<否定文でtoo/alsoが使えるパターン>

  • too/also notの語順のとき
  • ただし、not eitherの方が普通

 

 

それぞれのパターンについて、下記で詳しく見ていきましょう。

 

否定文でtoo/alsoが使えないパターン

too/alsoは「~もまた」という意味になりますが、「~もまた…ではない」という否定の意味にする際は、原則としてnot eitherの形にします。

 

通常、notは文の右側を否定するのですが、alsoやtooをnotの右側に置くことは出来ないのですね。代わりにeitherを使用し、not eitherの形にします。

 

 

例文はコチラです。notがあるパターンでは、notとalso/too/eitherの位置関係に注目してください。

<肯定文>

〇:I am also a teacher.

〇:I am a teacher, too.

(私もまた先生だ)

 

<否定文>

×:I am not also a teacher.

×:I am not a teacher, too.

〇:I am not a teacher, either.

(私も先生ではない)

 

ちなみに、notとeitherだけでなく、allやbothなどとの位置関係、それぞれの意味について下記の記事でまとめています。英作文だけではなく、英文読解の際も必須の知識で結構奥が深いですが、5分程度で読めるのでぜひ。

【決定版】all notは全否定か部分否定か?【「全否定/部分否定」表現まとめ】

 

否定文でtoo/alsoが使えるパターン

上記で見たように、not too/alsoの語順は不可です。なぜなら、この語順にする際はnot eitherとするのが一般的だからです。

 

しかし、too/also notという語順は許容され、「~もまた…ではない」とnot eitherと同じ意味になります。

 

notは右側を否定するのですが、too/alsoをnotの左側に置くことで、notの影響力から逃れることが出来るのですね。その結果、too/alsoの使用が許容されることになるのです。

 

 

その場合の例文は下記の通りです。tooの場合は文の途中にカンマで挟む形になります。

〇:I am also not a teacher.

〇:I am, too, not a teacher.

(わたしもまた先生ではない)

 

〇:I also did not read the book.

〇:I, too, did not read the book.

(わたしもまたその本を読んでいない)

 

 

ただ、この形は文法的に一応許容されているだけで、not eitherを使用する方が普通だということも頭の中に置いておきましょう。自分で作文する際は、積極的に使わない方が良いと思います。

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめを再掲しておきます。改めて目を通すと、頭にスッと入ってくると思います。

 

ポイント

<否定文でtoo/alsoが使えないパターン>

  • not too/alsoの語順のとき
  • その場合は、not eitherを使用する

 

<否定文でtoo/alsoが使えるパターン>

  • too/also notの語順のとき
  • ただし、not eitherの方が普通

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

今回の記事ではロイヤル英文法(&ジーニアス英和辞典 第5版をファクトチェック用に使用しています。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント