【動名詞 Ving】意味上の主語/not/havingの位置

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回は動名詞 (Ving)の見落としがちな用法についてまとめたいと思います。

 

動名詞で、

  • 意味上の主語
  • not
  • having(時制を過去へずらす)

を置くためにはどのようにすればよいのか?

 

 

一気に確認してしまいましょう!

 

意味上の主語/not/havingの位置まとめ

まずは結論から述べましょう。

 

意味上の主語/not/havingの位置は下記の通りとなります。

 

 

  • 意味上の主語 + not + having Vp.p.

 ⇒ 所有格 (あるいは目的格) + not + having Vp.p.

 

「わたしがそのパーティーに参加しなかったこと」ならば、

my (あるいはme) not having attended the party

となります。

 

 

イマイチわからない…

 

 

 

そうですね、一つ一つ丁寧に確認してみましょう!

 

意味上の主語の役割とは?

まずは意味上の主語から説明しましょう。

 

これはズバリ、動名詞 (Ving)の動作主を指します。

 

例えば、次の文を見比べてください。mindは「~を気にする」、attendは「~に参加する」という意味の単語です。

He doesn’t mind attending the party.

(彼はそのパーティーに参加することを気にしていない)

 

He doesn’t mind my attending the party.

(彼はそのパーティーに私が参加することを気にしていない)

 

 

今回、Vingの形で使われているのはattend「~に参加する」ですね。

 

上の例文で、パーティーにattendするのは誰でしょうか?

 

He (彼)だね!

 

 

 

その通りです。では、下の例文で、パーティーにattendするのは誰でしょうか?

 

my (わたし)だ!

 

 

 

その通りです!

 

myという単語をattendingの直前に置くことにより、

attendingの動作主を新たに示すことが出来るのです。

 

このmyを意味上の主語と呼びます。

 

 

所有格or目的格で意味上の主語を示すことが出来るので、

今回の例文なら、meを使ってもOKです。

He doesn’t mind my attending the party.

= He doesn’t mind me attending the party.

(彼はそのパーティーに私が参加することを気にしていない)

 

 

「私たち」を意味上の主語としたいならour / us、

「彼女」を意味上の主語としたいならher / her…

のように、動名詞の動作主を示すことが出来るのです。

 

notの役割とは?

notの役割は、ほぼ見たまんまです。

 

動名詞 (Ving)を否定することが出来ます。

ポイントは、notを動名詞の直前に置くことです。

 

He doesn’t mind not attending the party.

(彼はそのパーティーに参加しないことを気にしていない)

 

havingの役割とは?

havingは、Vingの時制を後ろへずらすことが出来ます。

 

次の例文を見比べてください。

He doesn’t mind attending the party.

(彼はそのパーティーに参加することを気にしていない)

 

He doesn’t mind having attended the party.

(彼はそのパーティーに参加したことを気にしていない)

 

 

ポイントは、mind「~を気にする」とattend「~に参加する」の時制のズレです。

 

上の例文では、mindとattendがほぼ同時に起きていますね。

 

少しクドく訳すと、

いまからパーティーへ参加することを、いま気にしていない」

という感じです。

 

 

一方、下の例文はどうでしょう?

 

少しクドく訳すと、

過去にパーティーへ参加したことを、いま気にしていない」

 

 

パーティーへ参加したことの方が、

過去に起きているね!

 

 

 

その通りです!

 

having Vp.p. (過去分詞)の形で、

動名詞の時制を一つ後ろへずらしているわけですね。

 

まとめ

意味上の主語/not/havingをそれぞれ別に見てきましたが、

 

同時に使われると、

意味上の主語 + not + having Vp.p.

という語順になるわけです。

 

意味上の主語は所有格か目的格で表せるので、

所有格/目的格 + not + having Vp.p.

という語順ですね。

 

 

例文はコチラです。

He doesn’t mind my not having attended the party.

(彼はそのパーティーにわたしが参加しなかったことを気にしていない)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

動名詞の少し応用的な使い方ですが、テストではちょくちょく狙われる個所です。

 

また、動名詞を使いこなせるようになると、

実際の英会話等でも表現の幅が一気に広がるので、

今回の記事がその手助けとなればとても嬉しいです。

 

 

それでは! ご質問等あれば、コメント欄にてお願いいたします。

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント