サクッと英会話

【サクッと英会話】「波風を立てる/事を荒立てる」を英語で言うと?

今回は「波風を立てる/事を荒立てる」を英語で表現してみましょう。 超シンプルに説明します。 1分で読めますよ! 「波風を立てる/事を荒立てる」の英語表現 「波風を立てる/事を荒立てる」として考...
準動詞

【意外!】to not Vという形は存在するのか?理由も考察してみた【分離】

今回はto not Vという形について考察をしてみました。 一般的に不定詞to Vを否定するときはnot to Vという語順になるのですが、 例外的にto not Vとなることもあります。 to n...
準動詞

【不定詞と動名詞】to VとVingの否定not/意味上の主語/過去への時制のずらし方まとめ

今回は不定詞to Vと動名詞Vingの 否定/意味上の主語/過去への時制のずらし方を学びましょう。 知らないと全く訳せない形ですが、実際の英文ではよく見る形です。 これさえできれば不定詞、動名詞の和訳で引...
基本単語

【完全版】S seem to VとIt seems that SV-の違い・書き換えまとめ【appear/happen/chance/turn out/prove他】

今回はS seem to V/It seems that SV-の書き換えパターンをまとめてみました。 同じように、 appear/happen/chance/turn out/prove be sai...
基本単語

【まとめ】程度の副詞の書き換えパターン【~enough to V / too~to V / so ~ as to V ⇔ so~that SV-】

今回は程度の副詞の書き換えパターンをまとめてみたいと思います。 そもそも程度の副詞ってなに? 書き換え時の注意点はなに? そういった疑問にサクッとお答えしたいと思います。 程度の副...
冠詞

【英語の歴史】”an apple”となるのは、発音しやすいからではない?【a/anの語源とは】

今回はちょっとした小ネタです。 子音の前ならa 母音の前だとan という区別は多くの人が知るところだと思いますが、 これに対しては、 "a apple"のように母音が連続すると発...
未分類

【完全版】動名詞Vingを使った熟語/定型表現まとめ【全32選】

今回はVing(動名詞)を使った成句表現/熟語表現についてまとめてみたいと思います。 前置詞 + Ving、to + Ving、There is no Ving等の定型表現… たくさんありますが、わかりや...
準動詞

【驚愕】「be to blame:責任がある」がbe to be blamedにならない理由【a house to letも】

今回は、不定詞to Vの形で受動態の意味を表す表現をまとめてみました。 具体的にはbe to blameやa house to letです。 珍しい表現なので、ここで一気に確認してみましょう! ...
準動詞

【超完全版】不定詞to V副詞用法の「結果」意味・用法まとめ

今回は不定詞to Vのうち、副詞用法の「結果」の訳し方についてまとめてみました。 不定詞の副詞用法に「結果」という訳し方があるのですが、これは訳し方がやや特殊なうえに、多少珍しい形でもあります。 今回はそ...
文型(動詞・助動詞)

【イメージ理解】現在完了/過去完了の意味・用法まとめ【過去形との違いとは】

今回は現在完了/過去完了の意味・用法をまとめてみたいと思います。 一見ゴツイ感じもしますが、イメージで理解出来れば楽勝です。 記事は5分ちょっとでサクッと読むことが出来ますよ! 現在完了と過去完...