【冠詞の意味】the sun/the only thingなどにtheが付く理由とは?

冠詞

 

今回はthe sunやthe moon, the only thing, the first thingなどにtheが付く理由を探ってみたいと思います。

 

なんとなくtheを付けてきた表現ではないでしょうか?

 

しかし、theが付くのには、実はしっかりとした根拠があるのです!

theの基本的な機能

まずはtheの基本的な機能から確認しましょう。

 

theは、読者が「ああ、それね」と指差せるモノにつきます。

 

例えば次の例文をみてください。読者が「ああ、そのイヌね」と指差すことが出来るので、二度目に出てくるdogにはtheが付いています。

There was a dog, and the dog was barking.

(一匹のイヌがいた。そして、そのイヌは吠えていた)

 

 

読者が「ああ、それね」と指差せるという感覚。

 

これをもとに、theの付く表現を見ていきましょう!

 

theが付くのは、「唯一のモノ」だから

the sunやthe moon, the only thing, the first thingなどにtheが付くのは、

  • 唯一のモノである普通名詞にはtheが付く

というルールが適用されているためです。

 

 

「唯一の」というのがポイントです。

 

 

太陽や月、唯一のモノ(the only thing)、最初のモノ…全て唯一の存在ですね。

 

唯一の存在なので、読者が「ああ、それね」と指差すことが出来るわけです。

 

 

同様の発想で、最後のモノ (the last thing), 最上級表現 (the most beautiful thing等)にも、theが付いています。

 

これらも唯一の存在なので、読者が「ああ、それね」と指差せますよね。

 

moonにtheが付かない場合

一方、上記の単語であっても、theが付かない場合があります。

 

moonを例に考えてみましょう。

  • a full moon (満月)
  • a half moon (半月)

 

 

月の満ち欠けに言及するときは、theではなくaを使います。

 

 

どうして?

 

 

 

満月や半月は、一年のうちに何度も来ますよね。何個もあるわけです。

 

つまり、読者が特定の満月や半月を「ああそれだよね」と無条件に指差せるわけではないのです。

 

そのため、ここではtheではなくaが使われているのです。

※aは「いくつかある中の一つ」という意味を含みます。つまり、上記の表現は「何個もある中のある一つの満月、半月」というニュアンスを含んでいます。

 

 

 

なお、冠詞についてさらに詳しく学びたい方には、aとtheの底力 — 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界がおススメです。

 

わたしが今まで読んだ冠詞系の本の中で、一番わかりやすい&本質に迫った説明がなされていると感じました。一般の書店にはあまりないのですが、ぜひ一度お読みすることをおススメします。

 

 

それでは!

 


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
冠詞英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント