【歌から学ぶEnglish】Bobby Jean【不定詞の副詞的用法(目的)】

その他

こんにちは、講師のNです。

 

思い付きで新企画を始めます。

 

その名も…

 

歌から学ぶEnglish!!!

 

文法・語法ってきくと皆さん「うへえ」って顔しますよね。そこで、この不肖・講師N、画期的な方法を編み出しました。

 

 

そう、洋楽から文法事項を学んでしまおうというわけです。なんかもう、半世紀以上も前には誰かが思いついていたような手法です。

 

 

けれど、いいものはいい。

 

 

楽しい! 直感的に理解できる! ついでにリスニング力も上がっちゃう!

 

一石三鳥、一粒で三度おいしい。まさにグ〇コのキャラメルです。

 

 

なので、前振りが長くなりましたが、今回は「不定詞の副詞的用法(目的)」を学びます。

 

題材は、ブルース・スプリングスティーンの『ボビー・ジーン』 (Bruce Springsteen “Bobby Jean”)です。

 

不定詞の全体像

まずは簡単に不定詞の全体像を列挙しておきましょう。

 

不定詞ってのは、”to V(動詞)”の形のことです。なんとなく見たことがある方も多いんじゃないでしょうか。

 

で、ずばり、不定詞にはざっくり次の3つの用法があります。

 

不定詞の主な用法

  1. 名詞的用法
  2. 形容詞的用法
  3. 副詞的用法

 

上の二つはそのうち扱うとして、今回はCの副詞的用法を取り上げたいと思います。

 

なぜなら、副詞的用法って一番ごちゃごちゃしているんですよね。覚える数も多くて面倒ですし。

 

で、Cの副詞的用法へスポットライトを当てると、さらに次のように分かれます。

 

不定詞の副詞的用法一覧

  1. 目的(~するために)
  2. 判断の理由(~するだなんて)
  3. 感情の原因(~して…な気持ちになった)
  4. 条件(もし~したら)
  5. 結果(そしてその結果~)
  6. 形容詞の修飾

 

 

どうです? 吐き気がしてきましたね?

 

かくいうわたし自身、「こんなにあったのか!」と驚愕しております。

 

果たしてわたしは全ての用法を洋楽に見出すことが出来るのか、おそらく読者のみなさん以上にドキドキしています。

 

しかし、まずはやってみましょう。

 

今回は副詞的用法のうち、最もメジャーなもの。「不定詞の副詞的用法(目的)」を扱います。Let’s Try!

 

筆者の趣味丸出しだね。

 

ボビージーン【不定詞の副詞的用法(目的)】

不定詞の副詞的用法(目的)の訳は、「~するために」

 

これは副詞的用法の中では最も頻繁に出てきます。英語の文章とかで使われているのは、大体この用法です。

 

で、今回題材にするのはブルース・スプリングスティーンの『ボビー・ジーン』

 

誤解を恐れずに言えば、スプリングスティーンはアメリカの長渕剛です。マッチョな感じで、超カッコイイ。

 

長渕剛が10のカッコ良さだとすれば、スプリングスティーンは100。つまり、強化版・長渕、長渕剛の完全上位互換というわけなのです。

 

野球選手の引退試合で歌ったりするのかな

 

そんなマッチョな男の歌の中でも、特に心を打つのが『ボビー・ジーン』

 

 

ボビー・ジーンというのは、友人の名前です。

 

スプリングスティーンの体験に基づくのかはわかりませんが、高校生であるボビー・ジーンは、なんと家出をしてしまうのです。社会クソくらえ!と家を出てしまうわけですね。

 

で、主人公(=スプリングスティーン?)はボビー・ジーンの友人なんです。親友なんです。にもかかわらず、いろいろあったのでしょう。ボビー・ジーンは主人公に何も言わず姿を消してしまったのです。

 

しかし、主人公はそれに対して恨み言は一切吐かない。代わりに、「お前がいなくてさみしい、最後サヨナラを言いたかった」と曲の中で歌うんです。全身全霊、魂を込めて。

 

それで、歌の最後にこう歌うんです(超意訳)。

 

お前はバスか電車に揺られ、どこか遠くへ行っちまうのかもしれない。

あるいは、どこかの小さな宿で休んでいるのかもしれない。

けれど、その時、お前がそこでラジオを聴いていて、この歌を聴いてくれているならば…

 

Bruce Springsteen “Bobby Jean”より(以下同様)

 

ラジオ越しに語りかけているんだね。

 

そうです。この主人公は、立派なシンガーとして大成しているんです。少なくともラジオに出られるレベルの歌手なんです。 で、主人公は続けます。

 

俺は、最後にお前にこう言いたい。

お前の決意を変えるためじゃなく、ただ、お前に、俺の気持ちを伝えるために。

じゃあな、達者で、ボビー・ジーン。

 

はい、ココ注目です。歌の最後、最高の場面で不定詞の副詞的用法(目的)が使われているのです。

 

英語で見てみましょう。

 

I’m just calling one last time not to change your mind

But just to say I miss you baby, good luck goodbye, Bobby Jean

 

 

まず、”I’m just calling one last time~”は適当に流しましょう。「俺は今、最後にお前にこう呼びかけている」くらいでいいです。

 

大切なのは次。

 

not to change your mind

But just to say I miss you baby, ~

 

“to change”と”to say”が”to V”の形、つまり不定詞になってますね。

 

副詞的用法(目的)であれば、基本的な訳は「~するために」

 

つまり、ここも直訳すると「変えるために」「言うために」という訳になります。

 

ただ、今回は”not A but B”、「AではなくB」の形になっているので、それも加味して訳すと、「お前の決心を変えるためではなく、お前がいなくて寂しいよと言うために」という感じでしょうか。

 

不定詞のnotの位置って、結構迷ったりするんですが、今回ついでに学べてしまえましたね。notはtoの直前につけてください。

 

おわりに

みなさん、いかがでしたか?

 

本当は一回で副詞的用法をすべて扱ってしまいたかったのですが、曲への思い入れが強すぎて長くなりました。副詞的用法のその他の意味はまた次回以降!笑

 

今回の曲はyoutubeにもあるみたいです(歌詞付き)。ド名曲なので、よければ聴いてみてください!

 

カッコイイ歌だね!

 

では、Sing for Learning!!


***
「なかなか面白かった!」「ブログいつも読んでいるよ!」等々…という方で、心の優しい方は投げ銭をして頂けると今後の励みにとっっってもなります。


投げ銭に手数料はかからず、amazonのギフト券でお願いする形になっております。15円~と少額から投げ銭可能です(もちろん多額の投げ銭も大歓迎!)。


「これでうまいモノでも食ってくれ」という奇特な方は、下記のリンク先で「受取人」の欄に juken.koshi.n@gmail.com を入力して頂ければ投げ銭できます。


Amazonギフト券 投げ銭


今後の活動の励みになりますので、ぜひぜひお気持ちだけでもお願いいたします。
その他
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント