【ドイツ旅行記】ドイツの古城ホテルへ泊まってきた!【予約方法など】

その他

 

こんにちは、講師のNです。

 

先日のサラエボ旅行記が意外にも好評でしたので、

調子に乗ってドイツの古城へ泊まってきた話をしようと思います。

 

お城に泊まれるの??

 

ドイツって古城が有名ですが、泊まれるお城も結構あるんですね。

 

結論から言うと、泊まってよかったです。

冬のオフシーズンなので、一泊1万円程度で済みましたし。

 

 

なにより、雰囲気満点で、インスタ映え間違いなしですね!

facebookにでもアップした日には、あまりの「いいね!」にフォロワーたちは嫉妬することでしょう。

 

 

ちなみにわたしは、どちらもアカウントを持っていないのでその心配はないのでした。

友達になってあげようか?

 

(註:記事内の情報は、2018年11~12月のものです)

 

泊まった古城ホテル

今回行ってきたのは、ドイツのロマンティック ホテル シュロス ラインフェルスという古城ホテルです。ライン川沿いにあるホテルですね。

 

 

写真はこんなカンジ。雰囲気抜群です。

 

こちらは外観。

 

こちらは部屋&ホテルの内部。

 

 

部屋から見るライン川の眺め。ドヤ顔で缶ビールを飲みました。

 

 

本当はほかのホテルに泊まってみたかったんですが、

予約が取れなかったり(人気のホテルだと半年以上前に予約する必要があるようです…)、

冬なので営業自体やっていなかったり、

あるいは一泊3万円超えで躊躇してしまったり…

 

結果的にロマンティック ホテル シュロス ラインフェルスに行きついたわけです。

 

立地・アクセス

古城の最寄り駅までは、フランクフルトから電車で約一時間でした。

サンクトゴアルというライン川沿いの田舎町にありました。

 

 

最寄り駅はサンクトゴアル駅(St Goar)で、駅から城までは徒歩10~20分くらいです。

丘の上にあるため登るのがややしんどいですが、治安は問題なさそうでした。

 

ヨーロッパは基本的に、都市部の方が治安の悪いイメージですね。(日本もそうかも)

サンクトゴアルは、のどかな良い場所でした。

人も優しかったです。

 

 

位置関係をグーグルマップで示すとこんな感じです。一番右上がフランクフルトの市街地、そのちょっと下が空港、左端がサンクトゴアルです。

 

 

わたしはまずフランクフルト国際空港まで行き、フランクフルト市内で一泊しました。

日本から直接行っても良いですし、ヨーロッパの他国からのアクセスも非常に良いです。

 

格安航空券でヨーロッパ内の移動なら、

1万円どころか、5千円以内で済んでしまうこともあります。

早めの予約がポイントです。

(わたしはskyticketをよく使います)

 

 

その後、フランクフルト中央駅(フランクフルト市内にあります)からサンクトゴアルまで電車で行きました。乗り継ぎが一度あり、大体1時間くらいです。

 

 

ただ、日本人の感覚からすると、ヨーロッパの電車ってわかりづらい。

 

一番の関門は、チケットの有効化(validation)です。

電車に乗る直前に、チケットを有効化する必要があるんですね。

(有効化するマシーンは、プラットホームにひっそり佇んでいたりします)

 

向こうは基本的に改札がなく、車掌さんが抜き打ちで検札にくる感じです。

 

 

チケットを持っていても、チケットの有効化が済んでいないと、キセルとみなされ罰金を取られてしまいます。国によって違いますが、数千円単位で持っていかれます。

 

 

しかもドイツのチケット販売機は非常にわかりづらいです。

10分くらいピコピコやってよくわからない…

という観光客が駅や空港にはあふれかえってました。

 

 

というわけで、フランクフルト中央駅では窓口で切符を買いましょう。

「サンクトゴアル(St Goar)へ行きたい」と伝えたうえで、

チケットの有効化についても窓口で聞いてしまいましょう。

 

 

窓口の様子。機械から順番待ちのカードをとり、自分の番を待ちます。

 

 

有効化については、いろいろな聞き方があると思いますが、

シンプルに”How can I validate this ticket?(このチケット、どうやったら有効化できる?)”

と尋ねればいいと思います。

 

 

有効化すべきタイミングを教えてくれることもありますし、

指定席のチケットであれば、そもそも有効化が不要であったりもします。

 

 

〇〇のときは有効化が必要だけど、

△△のときは有効化不要、

というローカルルールを旅行者が全て把握するのは地味に難しいので、

窓口で聞いてしまった方が手っ取り早いです。

 

 

ドイツの人たちは、ぱっと見こわい人が多いですが、

基本的には丁寧に対応してくれる人が多かったと思います。

英語もうまいですしね。(田舎町のおばちゃんでも結構ペラペラです)

 

 

なお、列車はちょくちょく遅れることがあるので、時間には余裕を持って動きましょう。

 

わたしはフランクフルトからサンクトゴアルまで一時間で移動する予定でしたが、

遅延が重なり結局二時間くらいかかりました。

 

ホテルの予約方法

ホテルの予約は我らがホテルズドットコムで行いました。

 

海外ホテルに強く、10泊ごとに1泊の無料宿泊券をゲットできるのです。

サラリーマン時代から、わたしが多用・乱用しているホテル予約サイトです。

 

なお、調べてみたら、エクスペディアでも古城ホテルは結構ヒットしました。好きな方を使えばよいと思いますが、あらかじめ複数サイトに登録しておくといざというとき便利ですね。

 

注意点

古城ホテルに隣接して、古城の庭だのなんだのを見学できる場所があったのですが、

わたしが行ったときは営業休止中でした…。

 

冬は見学をやっていないんですね。

 

 

ちなみに、他の古城も似たような感じです。

 

一部開いている古城もありますが、

冬季は開いていない/営業時間が短縮されている古城が大半です。

お目当ての古城がある場合、事前にチェックしておきましょう。

 

 

そして、よく考えてみるとコレ、古城に限ったことではないですね。

 

冬のヨーロッパは日没が早く、しかも寒いので、

観光地にやる気がない夏季と比べて営業時間が圧倒的に短いのです。

閉まっている施設も多いです。

 

 

というわけで、オフシーズンのヨーロッパ観光は、

  • お目当ての施設が開いているか?
  • 開いているとしたら何時までか?

をしっかり確認しておきましょう。

 

そこさえクリアすれば、比較的空いていてホテルの価格も安いので、

冬のヨーロッパ観光は決して悪くないと思います。

(「日本のビジネスホテルと同レベル~ちょっと落ちるくらい」のホテルには、どこも5,000~10,000円で泊まれました)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

ヨーロッパのお城に泊まるなんて、なかなか出来ない経験です。

お時間がある方は一度行ってはいかがですか?

 

調べてみると案外安いし、悪くないですよ。

あとはアナタが腰を上げるかどうか、やる気次第です!

 

 

追加情報等欲しい方がいれば、コメント欄までお願いします。

可能な範囲でお答えします。

 

それではまた!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
その他
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント