【用法・意味・違い】someとany【サクっと理解】

冠詞

 

こんにちは、講師のNです。

 

今回はsomeとanyの用法や意味について説明したいと思います。

 

 

コレ、わかっているようで実はわかっていない表現の筆頭なのです。

 

たしかに…

 

※someとanyのイメージは動画でも死ぬほどわかりやすく説明しています。

【学校では教えない○○】some理解に必要な「あるイメージ」とは
【驚愕の○○】anyの理解に必要な「あるイメージ」とは?

 

 

someとanyのイメージ

まずはsomeとanyのイメージをざっくり理解しましょう。

 

それぞれのイメージは下記の通りです。

 

  • some: ぼんやり
  • any: なんでも、どれでも

 

 

ほうほう。

けど、具体的な訳し方がよくわからない…

 

 

 

それはこれから説明します!

 

 

ただその前に、以下のことを押さえておいてください。

 

 

someもanyも後ろに

  1. 可算名詞の複数形、不可算名詞
  2. 可算名詞の単数形

を続けることが出来ます。

 

なぜこんなことを言うかというと、

someとanyの具体的な用法・訳し方は、後ろに続く名詞の種類で変わってくるからです。

 

 

したがって、後ろに続く名詞の種類ごとに、

someとanyの用法や意味を見ていきましょう!

 

可算名詞の複数形、不可算名詞

まずは後ろに可算名詞の複数形、不可算名詞を伴うパターンから考えてみましょう。

 

基本的には、

someは肯定文、

anyは疑問文・否定文に使用されます。

 

some:肯定文

some + 可算名詞複数形/不可算名詞のパターンは、

「いくつかの、いくらかの」と訳すのが一般的です。

 

someが持つ「ぼんやり」というイメージとも一致していますね。

 

 

こちらが例文です。

I have some apples.

(わたしはいくつかのリンゴを持っている)

 

I have some water.

(わたしはいくらかのを持っている)

 

それぞれ後ろに「apples:可算名詞」、「water:不可算名詞」が来ていますね。

 

any: 疑問文

any + 可算名詞複数形/不可算名詞のパターンも、

「いくつかの、いくらかの」と訳すのが一般的です。

 

例文はコチラです。

 

上の例文が「any + 可算名詞複数形」、

下の例文が「any + 不可算名詞」のパターンです。

 

 

Do you have any books?

(あなたはいくつかのを持っていますか?)

 

Do you have any water?

(あなたはいくらかのを持っていますか?)

 

 

ここで思い出してほしいのが、anyが持つイメージです。

 

「なんでも、どれでも」だっけ?

 

 

そうです!

 

「なんでもいい、どれでもいいから本持ってる? 水持ってる?」

 

そんなニュアンスが込められていることも覚えておいてください。

 

 

海外だとよく、発表を終わった後に

「Any questions? (なんでもいいけどなんか質問ある?)」

と言ったりしますね。

 

 

※なお、疑問文のパターンでも、difference/chance/reasonなどでは単数形とセットになることがあります。この場合、肯定文で使われる「any +単数名詞:どんな名詞も、なんでもいいから名詞」という意味に近づきます。

Is there any difference between them?

(それらの間には、何か違いがあるの?)

 

Is there any chance that he will win the game?

(彼がその試合に勝つ可能性は何かあるの?)

 

Is there any reason you don’t like him.

(彼のことを好きではない理由が何かあるの?)

 

any: 否定文

not ~ any + 可算名詞複数形/不可算名詞で「全くない」という意味になります。

 

「なんでもいい、どれでもいい」というanyが否定されることで、

全否定のニュアンスを帯びるのですね。

 

 

コチラが例文です。上が可算名詞複数形、下が不可算名詞と結びついています。

I do not have any books.

(わたしは一冊も本を持っていない)

 

I do not have any water.

(わたしは少しも水を持っていない)

 

 

ちなみに、not~anyという語順を逆 (any~not)にすることは出来ないので、注意してください。

 

可算名詞の単数形

次は、後ろに可算名詞の単数形を伴うパターンです。

 

some: 肯定文

後ろに可算名詞を伴う場合、

someは肯定文で使用され、「ある」という意味になります。

 

 

例文はコチラです。

I have some book.

(わたしはあるを持っている)

 

 

やはりここでも、

someが持つ「ぼんやり」というイメージが反映されていることを意識してくださいね。

 

any: 肯定文

後ろに可算名詞単数形を伴う場合、anyは肯定文でも用いられるのですね。

 

その場合、「どんな~も」という意味になります。

 

 

コチラが例文です。

Any student can attend the class.

(どんな生徒も、その授業に参加することが出来る)

 

おわりに

いかがでしたか?

 

someは「ぼんやり」、anyは「なんでも、どれでも」というイメージを持つことが出来れば、

だいぶ理解が進むと思います。

 

 

実はここで紹介できなかった用法もあるのですが、

まずは上記の基本をマスターしてください。

 

その上で、さらに応用編もお読み頂ければと思います。

 

 

※たとえば、応用編として下記のような記事をまとめています。

【驚愕の事実】any notの語順が許容される場合とは

【超シンプル】肯定文や条件文でanyが使われる理由まとめ

 

 

また、someやanyの他、a/theなどの冠詞系についてまとめた本ではaとtheの底力 — 冠詞で見えるネイティブスピーカーの世界がおススメです。これまで読んだ本の中で抜群にわかりやすい&本質に迫る説明がなされています。

 

また、謎解きの英文法 否定も非常に濃い内容です。若干内容が難しいので、手を出す際はそれなりに気合を入れましょう。

 

 

 

なお、語源系の書籍としては、個人的には語根中心英単語辞典がおススメです。

 

 

イラストがあるわけではないですが、かなり網羅性が高く、かつ「なるほど!」と思わせるような単語の並びになっています。

 

読み物というよりは、辞書代わりに一冊手元に置いておくと非常に重宝します。

 

 

その他、下記の語源本もおすすめです。

 

はやりの語源図鑑です。図がたくさんあり、導入としてはおススメです。

 

 

 

これも個人的には大好きな語源本です。系統だっていてわかりやすいです。(一般の書店にはあまり置いていないかもしれません)

 

 

 

最後に、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 

 

 


コメント