【楽々暗記!】set about/about to Vとは【~を始める/まさにVするところ】

英文法

 

今回はset about~とbe about to Vについて学びましょう!

 

一見全く違う表現ですが、よくよく考えると成り立ちが似通っているのですね。

 

3分程度で読めますよ!

 

set aboutは「近くに置く」、be about to Vは「近くにいる」

まずは両方に共通しているaboutから考えましょう。

 

aboutには「約、大体」という意味のほかに「近くに」という意味もあるのです。

 

 

“about ten”だったら「大体10」という意味ですが、

これって、10の近く (9とか11とか)に数字があるってことですよね。

 

 

なるほど!

 

 

 

次にsetを見てみましょう。

 

「~をセットする」「~をセッティングする」という日本語にもみられるように、

setには「置く」という意味があるのですね。

 

set about~を直訳すると、「~を近くに置く」というコトになります。

つまり、ある行為を近くに置くのであれば、それは「~を始める」という意味になりますね。

 

 

 

一方、be about to Vは、

  • be「いる、ある」
  • about「近く」
  • to V「Vすること」

と分解できます。

 

直訳すると「Vすることの近くにいる」というコトになります。

つまり、自分がVという行為の近くにいるのであれば、「まさにVするところだ」という意味になりますね。

 

 

ポイント
  • set about~: ~を始める
  • be about to V: まさにVするところだ

 

 

例文はコチラです。

He set about the work. (彼はその仕事を始めた)

He was about to leave. (彼はまさに出発するところだった)

 

 

一見難しそうな熟語も、少し頭をひねってみれば、サクッと理解することが出来ますね!

 


コメント