【サラエボ旅行記】治安や行き方、通貨は?

その他

 

こんにちは、講師のNです。

 

実は先日、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボへ旅行に行ってきました。

二週間くらいヨーロッパを回っていたので、ついでに行ってきたんですね。

(講師って、時期さえ選べば長期旅行ができます。わたしがこの仕事を気に入っている理由です笑)

 

サラエボとか、治安悪そう…

 

紛争のイメージもあり、日本人からすれば危険なイメージもありますが、

結論から言うと問題ありませんでした。

 

スリとか浮浪者とか、海外旅行で気を付けるべきポイントさえ押さえておけば、

他の国と変わりません。

 

 

むしろ、人々は温かく接してくれるし、物価は安いし、料理もうまい!

ヨーロッパへ行く機会があれば、ぜひ立ち寄って欲しい場所です。

 

せっかくなので、そんな素晴らしき街・サラエボの旅行記を書いてみました。

 

註:2018年12月頃の情報です。外務省等の最新情報は各自チェックしてくださいね。

 

経路(行き方/帰り方)

わたしの場合、次の経路を使いました。

 

行きはクロアチアからバスで入国

帰りはハンガリーへ飛行機で出国したのですね。

 

ドゥブロヴニク(クロアチア)

<バスで約6時間>

サラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

<飛行機で約2時間>

ブダペスト(ハンガリー)

 

それぞれの注意点を挙げていきます。

 

行き(クロアチア~サラエボ)

行きはgetbybusという会社を使用しました。

 

本当はFlix Busを使いたかったのですが、わたしのときは見つからなかったんですね。

 

クロアチアのドブロヴニクからは一日2本(午前便と午後便)しか出ていません。

既に午前便がいっぱいだったため、午後便に乗るハメになりました。

 

16:00出発~22:00到着のハードスケジュールです。

「夜遅くにサラエボを出歩きたくないな…」と思っていたのですが、

諦めこの便で行くことにしました。

 

 

行きのバスで注意すべき点は下記のとおりです。

  1. バスは自由席
  2. 荷物を預けると追加で料金発生?(わたしは全て手荷物にしたのでナシ。たまたま知り合った日本人は預けていたが、どうやら取られなかった模様。謎)
  3. 運転手は英語が通じない
  4. トイレ休憩は全部で3回くらい
  5. 途中でパスポートチェックが何度かある
  6. サラエボに到着してからホテルまでの移動

 

特に4~6は追加での解説を要するので、下記で詳しく説明します。

 

トイレ休憩

トイレ休憩は全部で3回ありました。大体2時間に一回のペースです。

 

が、「トイレ休憩だよ!」というアナウンスが全くなかったのですね。

あったとしても全て現地の言葉。。。バスの運転手は基本的に英語を使ってくれませんでした。

 

 

うかつにバスを降りて、そのまま出発…みたいなことがあったら怖すぎます。

トイレ休憩と思いきや、それが単なるバス停での停車だったらヤバいです。

夜のボスニアに置いてけぼりはさすがに避けたい。

 

というわけで、わたしは一回目のトイレ休憩を逃しました。笑

 

 

ただ、二回目はそうもいきません。なぜなら、わたしの膀胱は破裂寸前だったからです。

冬のヨーロッパは冷えるので、基本的には膀胱との戦いなのです。

あのナポレオンも「膀胱を制する者は冬を制す」と言ったとか言っていないとか。(知りませんが)

 

 

大きな駅(たしかモスタルだったと思います)に長めに停車する雰囲気だったので、

運転手に「トイレ、OK?」「ブレークタイム?(休憩時間?)」と詰め寄ります。

向こうは英語が通じないので、簡単な単語の羅列です。

 

大切なのは、

「おれはトイレに出るだけだから、戻ってくる。先に出発してくれるなよ?」

と運転手にしっかり認識させることです。

 

 

無事バスの外へ出ることに成功しましたが、もう一つ関門が待ち受けていました。

 

 

小銭問題です。

 

ヨーロッパでは、トイレに入るのにワンコインとられることが多いんですね。

大体100円前後。

 

既にボスニア国内に入っていたので、ボスニアのお金(マルカ、KM)が求められますが、

そんなもの持っていません。日本では入手困難なので、サラエボで両替するつもりでしたから。

 

 

…漏らすしかない

 

 

旅の恥はかき捨て。異国の地でのお漏らしを覚悟した時、おじさんが「ユーロOK」と言ってくれました。

 

ボスニアでは「1ユーロ=2マルカ」のレートで、ユーロをそのまま使わせてくれることも多いんですね。ありがとうおじさん、ありがとうユーロ。

 

というわけで、せめてユーロの小銭くらいは持ってバスに乗ると安心です。

(というより、ヨーロッパ旅行全般に当てはまります。トイレのためにも小銭は確保しておきましょう)

 

 

途中のトイレ休憩(たしかモスタル)

 

パスポートチェック

これはそのままですね。

 

国境が結構入り組んでいるので、陸路で入るときはいろんな国(わたしの場合はクロアチアとボスニア)の国境を二~三度またぐことになるんです。

 

そのたびにパスポートを渡さなければいけません。

(パスポートをとられたままバスが走ったことも。最後に返ってきましたが)

 

というわけで、パスポートをすぐ出せるように準備しておきましょう。

 

サラエボ到着後のホテルまでの移動

一番の問題はコレ。サラエボ到着後のホテルまでの移動ですね。

 

サラエボに着いたのは夜の22:00。

 

それほど危険ではないのですが(治安については後述)、

やはり知らない街を夜中にウロウロするのは避けたいですよね。

 

解決策は二つです。

  1. バス停の近くにホテルをとる
  2. タクシーを使う

 

 

わたしが予約したホテルは、街の中心部the old town=旧市街と地元の人は呼んでました)です。バス停(*)からは大体3kmくらいです。

 

そのため、タクシーを使うことにしました。タクシー乗り場はバス停のすぐ近くにあります。

 

運転手のおっちゃんがたむろしている場所があるので、

  • 料金(わたしの場合7ユーロ)
  • ユーロ使えるか?(マルカを持っていないけどOKか?)

の二点を運転手に確認して、ホテルへ向かいましょう。

 

 

バスを降りてすぐ、「タクシーどう?」と

積極的にはなしかけてくる兄ちゃんがいましたが、白タク(無許可での営業)でした。

 

徒歩30秒くらいの位置に、正規のタクシーが集まっている場所があるので、必ずそちらを使うようにしましょう。

 

ちなみに、兄ちゃんは最初「10ユーロ」といってきましたが、最後「7ユーロ」にまけてくれました。乗りませんでしたが笑。きっと、大体の相場がそのくらいなのでしょう。

 

 

* わたしはボスニア側のバス停を使いました。バスの便によってはセルビア側に着くパターンもあるようなので要注意。

 

帰り

帰りはホテルにタクシーを呼んでもらい、空港まで行きました。

旧市街地から空港までの所要時間は30分前後で、大体10~15ユーロ弱だったような気がします。

 

先ほどの地図には載っていませんが、バス停からさらに数キロ南西に外れた場所に空港はあります。空港近くにはトンネル博物館があったりしますが、ほかに観光地らしきものはないと思います。

 

 

わたしの場合、サラエボから出られればなんでも良かったので、

skyticketで格安航空券を探し、ハンガリーまで行きました。

(ハンガリーのほかには、ドイツ方面の便なんかが多めだったような印象です)

 

宿泊先

先ほども触れましたが、わたしは旧市街にホテルを取りました。

 

メインストリート(ラテン橋がある辺り)から、北に徒歩5~10分くらいの場所です。

 

 

「ホテル ヴィラ ベートラン」というホテルで、1泊5,000円程度でした。

オフシーズンだったので、夏場よりはやや安かったハズです。

サラエボではそこそこイイ部類のホテルです。小ぎれいで、スタッフの雰囲気も良かったです。

 

 

ただ、どのホテルに泊まるにせよ、

到着が遅くなる場合(概ね21~22時以降になる場合)は、

事前に連絡を入れておいた方が良さそうですね。

 

 

なお、海外のホテル予約サイトは、

エクスペディアや、ホテルズドットコム辺りが強い印象です。

10泊で1泊分の無料ボーナスがつくので、わたしはホテルズドットコム派です笑)

 

掲載件数が多いので、オフシーズンであれば、前日~当日でも余裕で予約出来ました。

 

サラエボの治安

お次はサラエボの治安です。最初でも触れましたが、基本的には問題ないです。

 

スリや浮浪者に気を付ける、ひとけのない場所にはあまり行かない(特に夜)、

といった、海外旅行での最低限のケアをしておけばOKです。

なんならドイツのフランクフルト(移民で治安が悪化している)の100倍安全でした。

 

 

特に安全なのは旧市街(the old town, オールドタウン)と言われる場所です。

サラエボの繁華街でもあり、観光スポットがぎゅっと詰まっている場所でもあります。

あの有名なラテン橋(第一次世界大戦のきっかけとなった暗殺が起きた場所)もココにあります。

 

先ほどの地図の右側ですね。旧市街地の場所はざっくり下記の通り。

 

 

川を挟んで北側のエリアは特に安全です。

 

ホテルの受付(太っちょの女性)に「夜の外出は危険?」と聞いたところ、

「旧市街地なら大丈夫」とのことでした。

(わたしなんて夜23時に歩いて帰るのよ。太ってるから誰も襲わないの、どういうわけ? とかなんとか笑いながら言ってましたが、カンペキに蛇足でした)

 

 

事実、わたしは夜0時ころまで飲み歩いていましたが、全く危険を感じることはありませんでした。治安が良すぎてビビりました。人通りも多いし、街も明るい。その割にスリをしそうな人間はいなさそうでした。

 

金曜夜ということもあり、そこら辺の兄ちゃんからハイタッチを求められたりと、なかなか楽しかったです。

 

 

写真は夜の旧市街地

 

 

一方、旧市街地を南に外れたところは、ちょっとヤバいかな、という気がしました。

ラテン橋が旧市街地の南にあるのですが、

川を渡り南側へ行くと、雰囲気が一気にダークになります。

 

特に危険な目に遭ったわけではないのですが、昼間ここらへんで写真撮影をしていると、

なんか浮浪者に絡まれたりしました。無視しましたが。

 

サラエボの通貨

通貨はマルカで、日本では基本的に入手困難です。わたしはサラエボ市内で現地調達しました。

 

体感的には、物価は日本の6~7割くらいでしょうか。

安いです。そして、その割に料理がおいしいです。

お肉と野菜の素材がとてもGOODでした。

 

 

マルカについては、基本的には両替所でユーロを小刻みに両替していく感じです。

ただ、ユーロ⇔マルカの両替は、両替所が開いている日中しかできません。

 

一方、キャッシングマシーンがそこら中にあり、こちらは夜でも稼働しています。夜に両替をしたいのであれば、カードも用意しておいた方がいいですね。

 

 

ボスニアでは「1ユーロ=2マルカ」という固定相場が定着しているようですが、

マルカしか使えないお店もそこそこある印象です。

 

 

なので、マルカの持ち合わせがない場合、

入店時に「ユーロOKか?」「カード使えるか?」の二点を確認しておいた方が良いでしょう。

 

 

ちなみに、マルカを日本で両替することは困難なので、

使い残しがある場合は、ボスニア国内で日本円やユーロに両替するのを忘れないように注意してくださいね。

 

おわりに

いかがでしたか?

 

サラエボ旅行は不安なことも多いかな?

ということで、治安やアクセスに絞った記事にしました。

 

 

ただ、基本は親切な人ばかりで、とても良い気分で過ごすことが出来ました。物価も安いし、ヨーロッパ旅行のオアシスでした。

 

サラエボは観光地がたくさんあるわけではないですが、歴史的にも一見の価値があると思います。ラテン橋はもちろん、1990年代の民族紛争の傷がそこら中に残っています(銃痕のある建物がそこら中にありました)。

 

ただ、紛争を忘れようとするよりは、それを後世に残そうとする意思を街のそこかしこでみかけました。大小さまざまなモニュメントが、あちこちにちりばめられているんですね。そういう意味では、広島にちょっと近いかもしれません。(博物館には、広島から寄贈された謎の楯?がありました)

 

 

正直、サラエボだけを目的にヨーロッパに行くのは少し厳しいですが、

ヨーロッパへ行く機会があれば、旅行の一部に組み込んでも損はないと思います。

個人的には、数年後また再訪したい都市のひとつです。

 

 

というわけで、みなさま良き海外旅行を!

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
その他
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 先日のサラエボ旅行記が意外にも好評でしたので、 […]