【必見!】SVOO (give ヒト モノ)の受動態でtoが必要な理由

英文法

 

こんにちは、講師のNです。

 

SVOO (give ヒト モノ)の受動態でtoが必要な理由について解説したいと思います。

 

 

え、意味わかんない…

 

 

 

ちなみに、to以外にもfor, ofが必要なパターンもあります。

興味のある方は、下記記事をどうぞ。

関連記事:【要注意!】第4文型の受動態【to/for/ofの使い分け】

 

そもそも第4文型って?

まずは大前提の知識から整理していきましょう。

 

第4文型とはSVOOの形をとるものですが、

 

  • SVO1O2 = SV ヒト モノ ⇔ SVO2 to O1 = SV モノ to ヒト

のように書き換えが出来ます。

 

 

例文はコチラ。ヒト = John, モノ = a presentですね。

She gave John (ヒト) a present (モノ).

= She gave a present (モノ) to John (ヒト).

(彼女はジョンにプレゼントをあげた)

 

 

これを受動態にする際、

 

ヒト = Johnを主語にすることも出来るし、

モノ = a presentを主語にすることも出来るのですが、

 

ヒトとモノのどちらを主語にするかによって、書き換えのルールが若干変わってきます。

 

 

具体的には、モノを主語にした場合、toが必要になるのですが、

今回はその理由について考察してみたいと思います。

 

 

ポイントは語順です。

 

英語の文は「旧情報⇒新情報」という流れで出来ている!

英語の文は原則として、「旧情報⇒新情報」流れで成立しているのです。

 

 

つまり厳密に言えば、先ほどの例文も、上下で意味合いが若干異なってくるのです。

She gave John (ヒト) a present (モノ).

= She gave a present (モノ) to John (ヒト).

(彼女はジョンにプレゼントをあげた)

 

 

上は“a present”のほうが読み手にとって新しい情報です。

(「ジョンは何をもらったの? …プレゼント!」というイメージです)

 

下は“a present”のほうが読み手にとって新しい情報です。

(「プレゼントは誰がもらったの? …ジョン!」というイメージです)

 

 

このように、語順が変わると文が持つ意味も変わるのです。

 

ヒトを主語にする場合

語順が結構大事!ということを踏まえ、次の書き換えを見てみましょう。

 

She gave John (ヒト) a present (モノ).

= John (ヒト) was given a present (モノ) by her.

(彼女によって、ジョンはプレゼントを与えられた)

 

 

どうです?

 

John (ヒト)⇒a present (モノ)という情報の流れは変わっていませんね。

なのでこの文はOKです。

 

モノを主語にする場合⇒toが必要!

では、モノを主語にしたらどうでしょう?

 

次の書き換えはややNGです。 (明確にNGというわけではないですが)

She gave John (ヒト) a present (モノ).

 

<ややNGな書き換え>

= A present (モノ) was given John (ヒト) by her.

(彼女によって、ジョンはプレゼントを与えられた)

 

 

さてこの書き換え、情報の流れという観点から考えてどうでしょう?

 

 

上の文ではJohn (ヒト)⇒a present (モノ)なのに、

下の文ではa present (モノ)⇒John (ヒト)になっている!

 

 

 

その通り! 情報の流れが変わってしまっているのですね。

 

 

情報の流れを変えないためには、どうすればいいの?

 

toを入れれば良いのです。

 

どうして?

 

 

 

冒頭で紹介した第4文型の書き換えを思い出してください。

 

  • SV ヒト モノ ⇔ SV モノ to ヒト

というヤツです。

 

 

これを使うことにより、ヒトとモノの語順を変えることに成功しています。

She gave John (ヒト) a present (モノ).

= She gave a present () to John (ヒト).

(彼女はジョンにプレゼントをあげた)

 

 

つまり、モノを主語にして受動態を作る場合、

下の形 “a present (モノ) to John (ヒト)”を使えば、語順を変えないで済むのです。

 

 

具体的には下記のようになります。

She gave a present (モノ) to John (ヒト).

= A present (モノ) was given to John (ヒト).

(彼女はジョンにプレゼントをあげた)

 

 

こうすれば、

a present (モノ)⇒John (ヒト)という情報の流れを変えずに済みますね。

 

 

だから、モノを主語にするときは、原則toがあった方が良いのです。

 

 

なるほど!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

少しややこしいので、書き換えのパターンを下記にまとめておきます。

 

 

ポイント
  • 主語がヒト:to不要

    She gave John (ヒト) a present (モノ).

    = John (ヒト) was given a present (モノ) by her.

  • 主語がモノ:to必要

    She gave a present (モノ) to John (ヒト).

    = A present (モノ) was given to John (ヒト).

    (彼女はジョンにプレゼントをあげた)

 

 

 

ご不明な点などあればコメント欄までお願いします。

 

それでは!

 


コメント