【要注意!】第4文型SVOOの受動態【to/for/ofの使い分け】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

こんにちは!

 

今回は第4文型の受動態についてお話ししたいと思います。

 

受動態? be動詞に過去分詞くっつければOKなんじゃないの?

 

 

 

…そんな勘違いをしてしまっている方はぜひお読みください。

 

第4文型の受動態は、実は相当奥が深いのです。

 

 

なお、「そもそも第4文型ってナニ?」という方は下記の記事をお読みくださいね。

参考記事:授与動詞とは? 第4文型を理解する

 

3つのパターンを押さえよう!

第4文型の受動態については、ざっくり3パターンを押さえましょう。

 

第4文型の受動態
  1. to型
  2. for型
  3. of型 (ask)

 

 

どういうこと?

 

 

使われている動詞によって、受動態にした際、

  • to
  • for
  • of (ask)

のどれを使うべきか変わってくるのですね。

 

そして、そのタイプごとに気を付けるポイントがあるのです。

 

 

めんどくさい…

 

 

一つずつ丁寧に見ていけば大丈夫です! なお、to型/for型/of型の違いは下記の記事にて詳しく説明していますので、そちらも併せてお読みくださいね。

 

関連記事:to型/for型/of型の詳しい違いとは?

 

to型

まずはto型から。

 

 

第4文型とはSVOOの形をとるものですが、

  • SVO1O2 = SV ヒト モノ

という語順になることが多いです。

 

 

例文で見てみましょう。ヒト = John, モノ = a presentという語順になっていますね。

She gave John a present.

(彼女はジョンにプレゼントをあげた)

 

 

これを受動態にする際、

ヒト = Johnを主語にすることも出来るし、

モノ = a presentを主語にすることも出来るのです。

 

 

ほうほう

 

 

 

ただ、ヒトとモノのどちらを主語にするかによって、

書き換えのルールが若干変わってくるのです。

 

ヒトを主語にする場合

ヒトを主語にする場合から考えてみましょう。これは単純です。

 

次の通り書きかえることが出来ます。

She gave John (ヒト) a present (モノ).

= John (ヒト) was given a present (モノ) by her.

(彼女によって、ジョンはプレゼントを与えられた)

 

モノを主語にする場合⇒toが必要!

モノを主語にする場合です。これは少し難しいです。

 

次の通り、toを入れるのが原則になります。

She gave John (ヒト) a present (モノ).

= A present (モノ) was given to John (ヒト) by her.

(彼女によって、プレゼントはジョンに与えられた)

 

 

toを抜いてしまう形は、完全にNGというわけではないですが、

不自然な印象を与えてしまうので避けるのが無難です。

<やや不自然な文>

She gave John (ヒト) a present (モノ).

= A present (モノ) was given to John (ヒト) by her.

(彼女によって、プレゼントはジョンに与えられた)

 

 

 

なお、「なぜ原則toを入れるのか?」は、ややマニアックな説明になるので今回は省きます。

ご興味のある方は、下記の記事をお読みくださいね。

 

参考記事:【必見!】SVOO (give ヒト モノ)の受動態でtoが必要な理由

 

for型

次はfor型です。

 

先ほど同様、第4文型の例文で考えてみましょう。

ヒト = John, モノ = lunchという語順になっていますね。

She cooked John lunch.

(彼女はジョンに昼食を料理してあげた)

 

ヒトを主語にする場合

for型の場合、ヒトを主語に受動態を作るのは原則不可です。

(100%NGというわけではないですが、一般的には不自然な文とされています)

 

無理やり例文を作ると下記の通りです。

She cooked John (ヒト) lunch (モノ).

= John (ヒト) was cooked lunch (モノ) by her.

(彼女によって、ジョンは昼食料理された)

 

 

どうしてダメなの?

 

 

 

少し突っ込んだ読み方をすると、

「ジョンが料理された(ジョンが切り刻まれ、煮込まれた)」

という風にも読めるからです。

 

 

たしかに…

 

 

そのため、for型では原則としてヒトを主語に持ってくることは出来ません。

 

 

なお、for型の動詞でも、buyは「買ってあげる」のように、to型の動詞のgiveに近い意味を持つので、ヒトを主語にした文も可能です。

She bought John (ヒト) a bag (モノ).

= John (ヒト) was bought a bag (モノ) by her.

= A bag (モノ) was bought for John(ヒト) by her.

(彼女によって、ジョンはバッグ買ってもらった)

 

 

モノを主語にする場合⇒forが必要!

モノを主語にする場合は、原則forが必要です。to型と同じですね。

 

 

例文はコチラです。

She cooked John (ヒト) lunch (モノ).

= Lunch (モノ) was cooked for John (ヒト) by her.

(彼女によって、昼食はジョンのために料理された)

 

 

「なぜ原則forを入れるのか?」はto同様、マニアックな説明になるので省きます。

気になる方は下記の記事をお読みください。(くどくてゴメンナサイ)

 

参考記事:【必見!】SVOO (give ヒト モノ)の受動態でtoが必要な理由

 

of型 (ask)

ラストはof型です。使われる動詞はaskになります。

 

これまで同様、第4文型の例文で考えてみましょう。

ヒト = John, モノ = a questionという語順になっていますね。

She asked John a question.

(彼女はジョンに質問をした)

 

 

なお、askの場合、能動態が一般的で、受動態はあまり一般的ではありません。

(文法的にNGというわけではないですが)

 

ヒトを主語にする場合

これはヒトを主語にしてもOKです。

 

例文はコチラ。

She asked John a question.

= John (ヒト) was asked a question (モノ) by her.

(彼女によって、ジョンは質問をされた)

 

モノを主語にする場合⇒ofが必要!

モノを主語にする場合、ofが必要です。

to型やfor型と同じですね。

 

例文はコチラです。

She asked John (ヒト) a question (モノ).

= A question (モノ) was asked of John (ヒト) by her.

(彼女によって、質問がジョンにされた)

 

 

原則ofを入れる理由はコチラ。toやforと同じです。

もはやくどすぎて笑えます…ゴメンナサイ。

 

参考記事:【必見!】SVOO (give ヒト モノ)の受動態でtoが必要な理由

 

おわりに

いかがでしたか?

 

細かいルールですが、知っているのと知らないのとでは、ライバルに差を付けることが出来ますね!

 

大学入試でたまに問われるのはもちろんのこと、日常会話でも知っていると結構重宝します。ぜひぜひ身につけてくださいね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 関連記事:【要注意!】第4文型の受動態【to/for/ofの使い分け】 […]