【主なhear用法まとめ】hear S+Vとhear O+Cの意味の違いとは?

準動詞

 

今回はhearの主な用法をまとめてみました。

 

この記事を読めば、

  • hear S+V
  • hear O+C
  • hear of~
  • hear about~

の違いがサクッとわかります。

 

 

特にhear S+Vとhear O+Cは英作文でもよく間違えるポイントです。サクッと確認していきましょう!

 

hear S+V、hear O+C、hear of~、hear about~の違いまとめ

hear S+V、hear O+C、hear of~、hear about~の違いまとめは下記のとおりです。

 

ポイント
  • hear S+V: S+Vと耳にする、うわさに聞いている(間接的
  • hear O+C: OがCするのが聞こえる*直接的

 

  • hear of~: ~について聞く
  • hear about~: ~について聞く(くわしく)

* Cの部分にはV/Ving/Vp.p.のどれかが入る

 

 

 

これだけだとイマイチわからないと思います。例文を交え、さらに詳しく見ていきましょう!

 

hear S+V、hear O+Cの違い

hear S+V、hear O+Cの違いからです。

 

 

hear S+Vの形では、実はthatが隠れています。省略されることが多いのですが、S+Vの間にthatが挟まれているのですね。think that S+Vやknow that S+Vと同じように、「S+Vということ」という塊を導き出す接続詞のthatです。

 

thatが挟まっている分、「間接的に聞いている」というニュアンスになります。したがって、「hear S+V: S+Vと耳にする、うわさに聞いている」という意味になるのですね。

 

例文はコチラです。

I hear Mary will move to Boston.

(私はメアリがボストンに引っ越すと聞いています)

 

 

 

一方、hear O+Cの形では、間にthat等を挟まず、聞く内容が直接後ろに来ます。

 

そのため、目の前で起きていることを「直接的に聞いている」というニュアンスになります。したがって、「hear O+C: OがCするのが聞こえる」という意味になるのですね。

 

なお、Cの部分にはV/Ving/Vp.p.のいずれかが置かれますが、それぞれ下記のように意味が変化します。

  • V: Cするのが聞こえる
  • Ving: Cしているのが聞こえる
  • V: Cされるのが聞こえる

 

例文はコチラです。

I heard him call my name.

(私は彼が私の名前を呼ぶのが聞こえた)

 

I heard him calling my name.

(私は彼が私の名前を呼んでいるのが聞こえた)

 

I heard my name called by him.

(私は私の名前が彼によって呼ばれるのが聞こえた)

 

hear of~、hear about~の違い

次にhear S+V、hehear of~、hear about~違いです。

 

通例、hear aboutの方が詳しい内容、具体的内容を後ろに伴うことが多いです。

 

例文はコチラです。

I heard about his death.

(私は彼の死について聞いた)

 

I have never heard of such a custom.

(私はそんな習慣について聞いたことはない)

 

 

ちなみに、これもof/aboutが挟まれているので、hear that S+Vと同じように、「話に聞いている/うわさに聞いている」と間接的に聞いている」というニュアンスになっていますね。

 

 

おわりに

いかがでしたか? 改めてまとめを見てみましょう。頭にぐっと残りやすくなりますね。

 

ポイント
  • hear S+V: S+Vと耳にする、うわさに聞いている(間接的
  • hear O+C: OがCするのが聞こえる*直接的

 

  • hear of~: ~について聞く
  • hear about~: ~について聞く(くわしく)

* Cの部分にはV/Ving/Vp.p.のどれかが入る

 

 

今回のhearのみならず、seeやlisten to、feelなどの感覚系の動詞は、hear O+Cと同じ形をとれることが多いです。超頻出の形なので、知らなかった方は、ぜひ下記の記事をお読みくださいね。5分程度でサクッと読めますよ!

【知覚動詞と使役動詞とは】原形不定詞、現在分詞、過去分詞の使い分けまとめ

 

 

 

なお、よく質問を受けるのですが、「おススメの文法書を3つ挙げろ」と言われたら、

  1. ロイヤル英文法
  2. 現代英文法講義
  3. 教師のためのロイヤル英文法

がダントツでおススメです。

 

 

何か疑問があれば、真っ先に調べるのがロイヤル英文法です。当ブログでも、「この記述で大丈夫かな?」と不安になることがあれば、よく活用させて頂いています。

 

 

重たいので持ち運びには向いていませんが、ロイヤル英文法(kindle版)も持っていると便利です。わたしは紙版とkindle版の両方を所持しています。

※ kindle版を読むにはアプリが必要ですが、スマホ/PCをお持ちであれば、アプリ自体は無料でダウンロードできます。

 

 

現代英文法講義は、ロイヤル英文法で解決しなかった疑問を解消してくれることがあるので重宝しています。また、少し違った角度から説明を与えてくれることもあるので、ロイヤルと併用しています。

 

 

教師のためのロイヤル英文法はややレベルの高い文法書ですが、教える立場からすると「なるほど」というような構成になっています。語法等の細かい知識も網羅しています。2020年現在、一般の書店で見かけることはなく、ネットでも中古しか見当たらないのが残念。

 

 

その他、分野別におススメ参考書等が気になる方はコメント欄で質問して頂いても構いませんし、当ブログの参考書カテゴリーでは、気になった書籍・勉強法を紹介しています。

 

それでは!

 


コメント