【決定版】”助動詞+have Vp.p.”意味・用法まとめ【may/must/can’t/should/need not have Vp.p.等】

文型(動詞・助動詞・受動態)

 

今回は「助動詞 have Vp.p.」のパターンを全てまとめてみたいと思います。

※Vp.p.は過去分詞のことです。参考書によっては「助動詞 have done」等と記載されているかもしれません

 

 

助動詞はややこしくてつまずきがちな分野ですが、細かいニュアンスを理解するのに必要です。

 

今回はそんな助動詞についてまとめてみました。

 

助動詞+have Vp.p.まとめ

助動詞+have Vp.p.まとめは下記の通りです。

 

 

 

助動詞+have Vp.p.まとめ

<推量>

might have Vp.p.  : Vしたかもしれない

may have Vp.p.  : Vしたかもしれない

must have Vp.p.  : Vしたに違いない

have to have Vp.p.  : Vしたに違いない

can’t have Vp.p.  : Vしたはずがない

could not have Vp.p.  : Vしたはずがない

should have Vp.p.  : Vしてしまったはずだ/Vするはずだったのに

ought to have Vp.p.  : Vしてしまったはずだ/Vするはずだったのに

※can/couldは通例否定の形で使用

 

 

<義務・必要>

should have Vp.p.  : Vするべきだったのに

ought to have Vp.p.  : Vするべきだったのに

need not have Vp.p.  : Vする必要はなかったのに

※needは通例否定の形で使用

 

 

 

注意すべきは、上記の助動詞は、

助動詞+have Vp.p.の形では、意味がある程度限られてくるということです。

 

どういうこと?

 

 

 

たとえば、must/have to V単体では「Vに違いない(推量)」「Vしなければいけない(義務)」という二つの意味を持ちますが、

must have Vp.p./have to have Vp.p.という形では、通常「Vだったに違いない(推量)」の意味にしかならないのですね。

 

 

具体的には例文付きで見ていきましょう。

 

例文

例文です。

 

may/might have Vp.p.  : Vしたかもしれない(推量)

「may/might have Vp.p.  : Vしたかもしれない」です。

 

mightの方が控えめな表現ですが、mayと意味はほぼ同じです。

She may have missed the train.

She might have missed the train.

(彼女は電車に乗り遅れたのかもしれない)

 

must/have to have Vp.p.  :Vしたに違いない(推量)

「must/have to have Vp.p.  :Vしたに違いない」です。

 

まずはmustのパターンから。

She must have missed the train.

(彼女は電車に乗り遅れたに違いない)

 

次にhave toのパターンです。こちらは、通常be動詞と結びつくことが多いです。

It has to have been a tree.

(それは木であったに違いない)

 

can’t/could not have Vp.p.  : Vしたはずがない(推量)

「can’t/could not have Vp.p.  : Vしたはずがない」です。can’t/could notのどちらもほぼ同じ意味になります。

 

 

通常否定の形で使われる点に要注意です。

※haveを使わないcannot V/could not Vのパターンでも、やはり否定の形が普通です。

 

She can’t have missed the train.

She could not have missed the train.

(彼女は電車を逃したはずがない)

 

should/ought to have Vp.p.  : Vしてしまったはずだ/Vするはずだったのに(推量)、Vすべきだったのに(義務・必要)

「should/ought to have Vp.p.  : Vしてしまったはずだ/Vするはずだったのに(推量)、Vすべきだったのに(義務・必要)」です。

 

こちらは「推量」と「義務・必要」のどちらの意味にもなります。(「義務・必要」の意味の方が良く使われると思われますが)

 

 

まずは「推量」の意味からです。

 

「Vしてしまったはずだ」という過去の完了した出来事に対する「推量」と、「Vするはずだったのに」という過去の事実に反する「推量」の意味になります。

She should have missed the train.

She ought to have missed the train.

(彼女は電車を逃してしまったはずだ)

 

She should have caught the train.

She ought to have caught the train.

(彼女は電車に間に合うはずだったのに)

 

 

次は「義務・必要」の意味です。実際は「Vしなかった」という過去の事実に反する意味を持ちます。

She should have caught the train.

She ought to have caught the train.

(彼女は電車に乗るべきだったのに)

 

need not have Vp.p.  : Vする必要はなかったのに

「need not have Vp.p.  : Vする必要はなかったのに」です。

 

通常否定の形で使われる点に要注意です。

※haveを使わないneed not Vのパターンでも、やはり否定の形が普通です。

 

実際は「Vするひつようはなかった」という過去の事実に反する意味を持ちます。

She need not have caught the train.

(彼女は電車に乗る必要はなかったのに)

 

まとめ

いかがでしたか? 最後にまとめです。

 

 

助動詞+have Vp.p.まとめ

<推量>

might have Vp.p.  : Vしたかもしれない

may have Vp.p.  : Vしたかもしれない

must have Vp.p.  : Vしたに違いない

have to have Vp.p.  : Vしたに違いない

can’t have Vp.p.  : Vしたはずがない

could not have Vp.p.  : Vしたはずがない

should have Vp.p.  : Vしてしまったはずだ/Vするはずだったのに

ought to have Vp.p.  : Vしてしまったはずだ/Vするはずだったのに

※can/couldは通例否定の形で使用

 

 

<義務・必要>

should have Vp.p.  : Vするべきだったのに

ought to have Vp.p.  : Vするべきだったのに

need not have Vp.p.  : Vする必要はなかったのに

※needは通例否定の形で使用

 

 

助動詞は、実は難易度の高い分野です。

 

全体像をつかんだうえで、あとは数多く文を読みこなす中で用法を身につけられたらよいですね。

 

それでは!

 


***
知識として吸収した表現は、すぐに実際の英会話で使ってみましょう。頭への残りやすさが100倍くらい変わってきます。


個人的にはDMM英会話かレアジョブ英会話がおススメです。オンラインでの英会話なので一回当たりのレッスンが150円前後と非常に安いです。





無料で体験レッスンが出来ますので、ぜひ一度受けてみてください。「知識をインプット⇒すぐさまアウトプット」の流れを作れれば、単なる英会話力だけでなく、語彙力や文法力も劇的に伸びます。


「頭で理解⇔実際の英会話で使ってみる」の繰り返しが英語学習では最も効果的です。「英語を話せない自分」を変える大きなチャンスなので、ぜひ一度試しに無料レッスンを受けることをおススメします。
文型(動詞・助動詞・受動態)英文法
Nをフォローする
死ぬほどわかる英文法ブログ

コメント

  1. […] 【決定版】”助動詞+have Vp.p.”まとめ […]

  2. […] 【決定版】”助動詞+have Vp.p.”意味・用法まとめ […]